重賞予想|2月9日(土)

赤津です。

最近、仕事が忙しいのと比例して、ストレス解消にスロットを打っているのですが、面白いですね。

大体、朝の4~9時位まで働いて、その後、スロットを打って、15時位から仕事に戻っているのですが、在宅ワーカーなので仕事の時間は選べます。

正直、今はスロットで負ける方がおかしいというか、非常に楽な状況なので、稼ぎ時なのかなと。

1.5号機位から打っていますが、確かに4号機時代は稼ぎも大きかった反面、競争率が半端なかったので、当時は会社員で18時から閉店までで立ち回っていましたが、結構、大変でした。

最近は、聖闘士星矢、GOD-凱旋、沖ドキ、ジャグラーを主体で立ち回っていますが、基本的に雑食というかお金になれば何でもいいので、打つ時間よりも台を選んでいる時間の方が長いのかなと。

スロット談話になっていますが、競馬よりもスロットの方が遥かに稼ぎやすく、さらにFXも稼ぎやすい気がして、競馬の控除率の20%というのが、本当に酷いと思うことが多くて、時々、嫌になります。

スロットの場合、3店方式で税法もグレーなので、可処分所得とか考えると、何も考えなくて稼げるので、会社員の副業としては最強なのかなと。

副業ではなく複業の世の中になっているので、収入口は多い方がいいですね。

そろそろ、競馬の話を書けという感じですが、クイーンカップ2019が非常につまらないので、無関係な話を書いてみました。

さて、本題ですが、クイーンカップ2019の予想です。

クイーンカップ2019 予想

クイーンカップ2019 予想9番のクロノジェネシスが鉄板軸馬なので、馬券はここからなのかなと。

ミリオンドリームズは、ルメール騎手が騎乗ですが、さすがにデータ的には推しにくいので切ってもいいと思います。

数十分前まで出走表を見ていなかったので、適当すぎるだろうって感じですが。

さすがに、買ってはいけないレースだと思うので、6と9番から馬券を買えば、当たりそうな気もします。

スロットも競馬もFXも株も、勝ち方は似たようなものと思っていて。

勝負するかどうかの見極めが重要なのかなと。

少し、講釈を垂れますが、スロ屋に行って打てそうな台がない時に、帰るというのも選択肢の1つな訳ですが。

競馬も全レースに参加して利益を出せるほど、甘くないと思いますし。

勝負できるレースなのか、勝負しない方がいいレースなのかの見極めが重要なのかなと。

それをどうやって見極めているのかと言うと、1番人気がデータ的に強いレースは、基本的にはお金にならないので、買わないことが多いです。

逆に、1番人気にデータ的な不安材料がある場合は、表面的にはオッズが低くても信頼できない時があるので、そういう時は相対的に期待値の高い穴馬を買っています。

それを、システム的にやっている感じですが、スロットも似たようなものですね。

期待値の薄い回転数の範囲は、知らない誰かに回して頂ければいい訳で、性格が悪いとは思う反面、勝ち続けないと資金が枯渇するので、打てなくなるのは嫌だなと。

FXも、エントリーポイントは、ある程度、決まっている感じなので、今は自動売買でトレードを行っていますが、勝負できる時だけ売買している感じなので、基本的に放置しています。

難易度としては、やはり競馬が最も難しくて、個人的にはスロットが最も簡単ですね。

厳密には遠隔もあるかもしれないのですが、年間で利益が出るようになると、そういう不満もなくなるのかなと。

競馬も、ヤリヤラズの議論はあると思う反面、そう思うのであれば買わなければいいだけの話なので、騎手×厩舎でヤリヤラズの確率とかを計算してみて、この条件であれば買わないとか。

そういうのを織り込んだ上で馬券は買うべきだと思っているので、はずれても悔しくないのですが、騎手批判とかも時間の無駄だと思っているので、時々、騎手の騎乗について質問されますが、よく分かりませんし、馬券にはあまり関係がないのかなと思っています。

全くクイーンカップ2019の話を書いていないのですが、興味0のレースなので、明日の京都記念2019に期待したいと思います。

本日も、恐ろしく寒くなりそうですが、よろしくお願いします^^