AI予想を無料で配信中!友だち追加

スイッチのオンラインショップで、面白いゲームがないかどうか探索していたのですが、ソルトアンドサンクチュアリというゲームを見つけて、2D版のダークソウルであり、理不尽な落下死が多く、何度も何度も、同じ罠でダメージを受けて、ああ、面白いなぁ…という感じですが、マゾ体質の方には、オススメのゲームなのかなと。

価格も2,000円位で、多分、10~20時間は軽く遊べると思いますし、一切、攻略系のサイトは見ずにプレイしているのですが、ノートにメモしながら、ここは後回しで、多分、先に進めば、行けるようになる、とか、大昔に、カリーンの剣で、方眼用紙にマッピングして、寝る前にその用紙を見て、次の朝に気になっていた部分を探索するのですが、まさに冒険ですね。

村石君のお兄ちゃんが、ファミコンが全盛期の時に、プログラミングを始めていたので、このダンジョンの場合、〇×〇の範囲になるので、この先の部屋は、ボスか階段しかない!とか、今だと理解できる反面、その言葉どおり、階段があった時は、スゲー!という感じで、ああ、そのお兄ちゃんは、ウイザードリィで、キャラ作成の際に、ステータスの配分の確率とか、計算していたような気がするのですが、世の中、すごい人は多いと思っています。

今は、レベル上げに没頭しているので、当初、戦い方が分からないというか、ボス戦がとても理不尽であり、2Dで、敵キャラに詰め寄られた場合、サンドバック状態で、バカなん?という感じですが、装備を裸にして、回避行動を取ると、ボスキャラをすり抜けられるので、防具は不要であり、パリィも面白く、既に、神ゲーだと思っています。

死にゲーに慣れると、失敗するのが前提になるので、ここ、飛び降りたら死ぬだろうなーという所で、試しに飛んで見るのですが、大体、死にますが、時々、アイテムとか、訳の分からない位、強い敵と遭遇するので、今の段階だと無理でしょ…という感じで、ゼノブレイドとかも、映画のミストの化け物?みたいなのが、序盤で追っかけて来るので、最終的には倒せるようになるのですが、いつか倒してやるぜ!というのは、楽しいですよね。

あと、賞金首みたいなシステムも好きで、今回のゲームに、その機能?はないのですが、序盤で遭遇すると終わりであり、FF4のオメガのような存在で、強くなるとか、倒し方を理解すると、雑魚化する反面、どうやって倒そうか、試行錯誤している間って、最高に楽しく、試験勉強も、合格する方法を考えている間が、本当に面白いので、結果が出なかったとしても、その考えた時間は、確実に糧になっているので、実りはあると思っています。

勝てば官軍、負ければ賊軍的な考え方だと、不合格は無意味になるので、そういうのはどうかなーと思うのですが、中途半端に勉強をするのも嫌ですし、やる事をやって、ダメだった時は実力不足であり、次、がんばるぜ!で良いと思うのですが、娘が、完全に私と同じタイプで、辻元議員みたいに、私、ヘコタレヘン!で、君は少し、へこたれた方が良いと思うけど…という感じですが、この動画とか見ると、幸せな気分になると思います。

さて、今日の予定は、良い意味で嫁と娘が実家に帰るので、晩御飯は義母が用意してくれるので、主夫解放デーですが、10時位まで勉強して、その後、1時間、マッサージを受けて、あとは昼飲みして、昼からは競馬の予想をしようかなーという感じで、ブログを読んでいる方は、私の全行動を把握している事になるのですが、毎週、同じ事の連続であり、飽きませんか?と言われても、これ位しか、やる事がないッス…という感じですね。

SNSのキラキラ感とか、いくらでも演出できるというか、私のマンションに、1台、オレンジのGT-Rが止まっていて、こんな感じの車ですが、中古で1700万とかで、私の愛車です…とか言うと、大半の方は信じると思う(今は、ペーパードライバーだけど。)のですが、私の顔は、阿藤快と加藤あいを足して2で割ったような感じですとか、長宗我部先生しか思い出さないのですが、良い時代だったなと。

教師ビンビン物語とか、今じゃ絶対に公共の電波では流せない訳で、ネーミングがアダルトビデオですが、クリーニング屋を、脳内で洗濯屋に変換すると、ケンちゃんしか思い出さない訳ですが、最近のAVって、無修正が基本であり、モザイクが法律違反!とか、ヤベー時代に突入していますが、タイムマシーンがあったら、同級生の岸和田君に、モザイク除去機とか買わなくても、30年後は全部、無料で見られるよ!って、教えてあげたいですね。

ああ、モザイクで思い出したのが、何度かブログで書いていますが、ドラマのやまとなでしこが大好きで、欧介のような男性像に憧れる訳ですが、あのドラマって、登場人物の大半が良い人であり、唯一、押尾学だけは、キメセクで1人、昇天させているので、その結果、やまとなでしこが再放送されない訳ですが、娘が、顔にモザイクを掛けるか、目の部分を黒くすればいい!とか言っていて、そして、時々、そのモザイクとか黒い部分がズレたら、面白くない?という感じで、制作して欲しいな…と思っているのですが、著作権とかあるので、難しそうですよね。

そして、やまとなでしこスイッチが入ってしまったので、もうね、1話を見ると、その日の夕方には最終話になっている訳ですが、今は、倍速!というスキルを獲得したので、早速、見ようと思った反面、グーグル先生曰く、TSUTAYA DISCASでしか見られないみたいで、以前は、フジのオンデマンドでも視聴できたのですが、独占状態みたいですね。

30日間、無料みたいなので、この際、データ化して、予備のPCにでも入れておこうかなと思うのですが、数年に1回位の割合しか見ないので、それだと容量を圧迫するので、見たい時だけでいいかな…とか、見るまでの思考が、とても面倒であり、細かい事はどーでもいいんだよ!とか、頭の中の人が言うと、今度は、イインダヨ!に反応して、グリーンラベルを飲みたくなるので、末期だと思っています。

洗濯屋ではない方のけんちゃんは、コロナで亡くなってしまったのですが、日本の要人である、岸田パイセンが、渡航制限を緩和するみたいで、最近、外人が増えたなーと思っていて、元に戻る日も近そうですね。

今日も一日、楽しんで参りましょう。

重賞予想を販売中!