1R S 軸9

2R S 軸1 穴2,8

3R 軸10

4R 軸8 穴1

5R 軸6

6R S 軸4 穴2

7R 軸9 穴5

8R 軸12 穴7

9R 軸5 穴1

10R 軸11 穴3

11R A 軸12

12R S 軸1

 

余談

完全に娘の勉強にスイッチが入ったので、毎日、自分も勉強をしているのですが、大体、3~5時間位、中学1年生の勉強に費やしていて、途中で脱線することが多いので、寄り道が目的になっているのですが、面白いなと。

昨日は、英語を学び直していて、教科書を見ても全く分からないので、勉強法をグーグルで検索していたのですが、結論としては、例文を丸暗記しようという事になり、なぜ、theとかaが付くのか?とか、論理的に考えていると時間がいくらあっても足りないので、違和感を覚えるまで記憶する事にしました。

本当に苦手というよりも、英語の才能は0ですね。

ただ、フロムのゲームをしている感覚になって来たので、数年後が楽しみですが、他の事柄であれば飽きるのも早い反面、勉強に関しては娘の利益になるので、当然、責任感は生じますし、競馬のように結果が伴わずに苦しむ場面も少ないので、やり甲斐はMAXなのかなと。

自然にリビング学習になっていて、リビングで学習をすれば、頭が良くなる訳ではなく、リビングで分からない問題を共有して、解き方を一緒に試行錯誤することで、分からないことが少なくなり、結果的に、成績が上がる感じですが、一応、カウンセラーなので、減点法のダメ出しとか絶対にやらないので、親によっては、リビング学習はイライラすると思うのですが、イライラの原因は、「なぜ、こんな問題も分からないのか?」なので、それを理解させるのが親の仕事ですが、最初から分かるのであれば、聞かないと思いますし、子供の理解度を把握して、教え方を工夫する必要が出て来るので、これが無理な方は、形だけのリビング学習はNGだと思っています。

私の家庭の場合だと、各々が勝手に勉強をしていて、分からない問題に直面した場合、大体、私も分からないので、グーグル先生とyoutuberを探して、それでも分からない時は宿題にして、分かるまで調べているので、便利な親なのかなと。

注意点は、調べすぎる癖があるので、自分で調べる事を放棄すると、依存度が高くなるので、調べ方を教えて、調べてみて、それでもダメな時は…という感じなので、新入社員教育とかも、最初から全部、教えていると、自分の頭で考えなくなるので、会社員時代、どうしようもない社員を見て来たのですが、ああなるとマニュアル型の仕事しかできなくなる訳で、リスクとしては、代替できる人材を確保しやすくなり、誰でもできる仕事というのは、当然、賃金も安い訳で、組織論としては、人が変わっても仕事ができるようにした方が良いとは思う反面、従業員としては都合が悪いので、自分じゃないとダメ…という部分は、少しは持っておいた方が良い気がします。

因みに、こういう事を娘に説明すると、ゲンナリされる(私が聞き手でも、嫌になる。)ので、一切、口には出さないのですが、思考が深ければ結果も出やすく、娘の教育に関しては、ある程度、思い通りになっているので、小学生までは、自己肯定感を育てることに力を入れていて、言葉の使い方を工夫していたのですが、これも、カウンセラーの強味であり、否定的な言葉とか、抽象的な言葉だと、逆効果になりやすく、あまりにも楽観的な言葉もダメですが、褒める時も、真の意味で良い部分を褒めているので、態度の悪いコンビニの店員とかにも、感謝の気持ちを伝えていて、私の場合、報復型なので、自分を大切にしてくれる人間に対しては、文字どおり、恩をお返ししますが、小馬鹿にする人間に対しては、徹底的に反撃するので、器が小さすぎる反面、この辺りは遺伝していないので、嫁に似て良かったと思っています。

私を含めて、私の家族は傲慢な人間が嫌いなので、好きな人間は少ないと思うのですが、先日、とある保護者から、「帰宅部とか信じられない…。」とか、お説教を受けていたのですが、信じられないのは、君の小さな昭和脳だよ…という感じで、子供に勉強をさせている割に、成績が悪いので、ポンコツだなーと眺めているのですが、これが、良い保護者であれば、学校の教材というかプリントなどの情報を、私の方で整理して共有するので、今回の試験も、試験後に、全部、分析する予定ですが、学校の中間テストとか期末テストって、ある意味、ローカルなテストな訳で、ある程度、基礎力が付いた後は、高校入試の過去問などの模試に特化して、勉強方法を変えれば良いと思っています。

公務員試験とかでも、国家と地方だと、全然、問題が違うので、私は国家の方は得意だった反面、田舎の方の役所の場合、問題の質が悪いというか、今はどうか分かりませんが、何を聞いているのか分からない問題も多く、慣れるのに時間が掛かったのですが、その辺りを分析するのも楽しいですし、英進館とかの予想問題を見ていると、分析力が半端なく、それを見るだけでも面白いので、結局、私が楽しんでいる感じですね。

競馬も、他の予想家の予想を見るのは嫌いではないのですが、承認欲求とかが透けて見えると、面倒臭いというか、私ってすごいでしょ!的な文章は多く、私も含めてメンヘラ系が多いので、最近だと、前田…さんが、一日の内の全リソースを使って、競馬予想に励みます!とか、ツイッターで決意表明をされていたのですが、競馬の予想って、時間を掛けても精度はあまり上がりませんし、逆に、今まで、手を抜いていたんですか?という感じで、やる気と結果が直結しないので、がんばるだけ無駄な気がしますが、勉強に関しては、ある程度まではがんばれば伸びるので、やる気次第だと思います。

私は陸上部だったのですが、才能の壁を感じ続けたので、県大会位までなら、何とかなるかも…と思うのですが、九州大会とかになると、無理ゲーというか、モブだなーという感じで、体格の差とか、才能の壁が高すぎるので、勉強とかも、サヴァン症候群の方とか、記憶力が半端じゃないというよりも、人によっては、物心がついてから、今までの出来事を全て、暗記しているという人間も存在するので、そういう方とは争うだけ時間の無駄であり、人類のために、その能力を駆使して欲しいと思っています。

さて、今日は通院の日なので、小倉に買い物に行って、面白いというか珍しい商品を探して、食べ物ガチャでも引いてみようかなと。

自分用のドリルも欲しくて、ああ、最近、本の値段が異様に高いので、その割に内容が薄く、出版業界とか地方銀行、地方の新聞社とか、斜陽産業中の斜陽族と思っていて、未来は明るくないと思っています。

株を買うのであれば、ホワイト企業の一覧表の内、定年退職などを勘案した離職率を参考にして、将来、その会社が残り続けられるか?とか、独自の指標を設定して、仮説を立てて、投資とかすれば面白い気がしますが、結果が出るまでに長い投資は、性格的に合わないので、結局、競馬で散財して、最後は何も残らなかった!という道を辿ると思いますし、私の人生なので、それはそれで良い気がします。

今日も一日、がんばりましょう。

☆有料予想を500円で販売中!