早速ですが、東京新聞杯2020の予想オッズです。

☆有料会員募集中!

東京新聞杯2020 予想オッズ

東京新聞杯2020予想オッズ

1番人気はレッドヴェイロンですね。

2戦目以外、複勝率100%で戦績的に軸にしやすそうな馬で、東京芝1600mの持ちタイムも速く、前走は不良馬場でも3着だったので、馬場は良馬場の方が力は発揮できると思う反面、仮に馬場が悪くなってもマイナス材料ではないと思います。

今回、ルメール騎手が鞍上なので、2019年のルメール騎手の重賞の複勝率は53.4%だったので、ルメール騎手を馬券から切った場合、無条件で半分の馬券は外れる訳ですが、裏を返すと無条件で半分当たるので、今後、思考停止で馬券に入れようと思っています。

全ての外人騎手が上手いとは思わない反面、人気馬では馬券に絡み穴馬でも馬券に絡むので、結局、何も考えずに買った方が良いと思うのですが、取捨選択に時間を掛けるよりも無条件で馬券に組む方が、効率的だと思っています。

暴論だとは思う反面、外人騎手の割引材料を探して逆張りするよりも、順張りの方が回収率的にも良さそうなので、先週のモズアスコットで完全にトドメを刺された感じですが、感情的には逆らいたくても馬券が当たらないのは意味がないので、この辺りは機械的に印を打つ予定です。

さて、ここからが本題ですが、東京新聞杯2020の激走穴馬は…

◎ ケイアイノーテック

近走の着順だけを見ると、10,6,7,9,9,7着と真っ先に馬券から切られそうな着順ですが、1800m以上は全くダメな馬なので近3走は無視しても良いと思っているのですが、安田記念2019では勝ち馬と0.4秒差の7着で内容的には全く悪くないというか、今回のメンバーは安田記念2019よりも遥かに楽そうなので、馬券に絡んでもおかしくないと思っています。

後方一気の馬なので展開に左右される面はありますが、1400m,1600,1800mの持ちタイムが秀逸なので、人気になるようであれば馬券的な妙味は薄い反面、東京1600mであれば絶好の狙い目なのかなと。

後方脚質なので、複勝でドカンと賭けても見せ場がないというか画面に映らない可能性が高いのですが、youtuberの方であれば、逃げ馬にドカンと賭ける方が心臓の鼓動が早くなるので、馬券と共に心臓発作で逝きそうな気もしますが、競馬は馬と共に人間の寿命を縮めるギャンブルだと思っています。

ケイアイノーテックに話を戻しますが、東京1600m戦はNHKマイル2018,安田記念2019の2戦だけで、東京1600mのレースが少ないという理由はあるとは思う反面、この条件だとかなり強そうなので、ウオッカを思い出すのですが、かなり荒れるコースなので高配当を狙えるレースのような気がします。

これだけ字数を稼いで、単に東京1600mが得意だけという話ですが、今回、人気になりそうなレッドヴェイロンにケイアイノーテックはNHKマイル2018で先着しているので、仮に、ここで好走するのであれば東京1600m専用機で、この条件だけ狙えば良い気がするのですが、特定のコースだけ激走する馬は好きなので、マメにストックしています。

AIとかだと、そういう条件を抽出するのは簡単な気がしますが、競馬の場合、売上以上の配当はない訳で、同じ馬に投票が集中するとオッズが下がる訳ですが、億とか稼ぐのであれば競馬ではなく株とかFXのような市場でないと厳しいのかなと。

低位株を生業としている方と話している時に、売買の流動性が低すぎるので、資金が多くなればなるほど選択肢が狭くなると言ってたのですが、競馬も似たようなものだと思っています。

競馬で年に100万を買うのはあまり難しくないとは思う反面、1000万になるとオッズとか税金対策が必要になってくるので、馬券を買うよりも予想を販売した方が、どう考えても精神的に楽ですが、2020年に1,000万以上の配当に関して、当局に情報開示するなどの法整備がなされる予定なので、先日、Win5で億の当選があったのですが、4分の1位は税金になる訳で、宝くじを共同購入した方が夢があるような気がしています。

もう東京新聞杯2020の事を書く気にならないというか、今回も外人騎手+穴馬を絡めていれば、何となく当たるような気がしていて、外人騎手は潜在的に嫌悪感があるというか、馬券に絡むと配当が落ちるので、先週のモズアスコットとか逆張りの大チャンスだと思っていたのですが、絶対に来ない!と断言しての1着だったので、今週末までに外人騎手の重賞における占有率を計算して、無条件で予想に入れる手法を検討しています。

さらに話は変わるのですが、相撲は朝青龍が好きだったので、貴乃花に負けた後に「チクショー!」と叫んでいて欲綱の品格がどーのこうのとか叩かれていた反面、生で畜生と聞いたのは小梅太夫位で、悔しいというのは成長の糧だと思っているのですが、心が折れない程度の負けは良いのかなと思っています。

※4分52秒前後が、問題のシーンです。

もう、競馬ブログでも何でもないのですが、元々、雑記が好きで色々な事を書いていたので、時々、競馬の事はどうでもいいので何か面白い事を書けと言われますが、猫よりも気分屋なので、時々、競馬ブログに関係ない事を書いていきます。

今週末も引き続き、黒の馬券師をよろしくお願いします。