出典元:Umazora.com様

赤津です。

早速ですが、宝塚記念2020の予想オッズです。

宝塚記念2020 予想オッズ

宝塚記念2020 予想オッズ

1番人気は、神馬・サートゥルナーリアですね。

馬名がかっこいいので、好きな馬ですが、前走の金鯱賞2020は無観客であり、パドックもかなり落ち着いていたので、この馬の最大の敵は観客のような気がしますが、今週末も無観客なので、プラス材料だと思います。

走法が独特というか、前脚が浮いていて飛んでいる感じに見えるので、単勝とか買っていると走りを見るだけで酔えそうだなと。

有馬記念の中山芝2500mで好走した馬は、阪神芝2200mの成績も良いので、コース適性は問題ないというか、阪神は2戦2勝なので、鞍上もルメール騎手ですし、素人っぽい見解ですが、素直に馬券には入れた方が良いと思います。

不安材料は、阪神競馬場の週末の天気は悪そうなので、馬場は渋りそうですが、過去に良馬場しか経験していない反面、有馬記念2019の馬場は悪く、パワーはありそうな走り方なので、対応できる気はします。

この馬に逆らうタイミングは、観客が戻った時で、パドックと返し馬で怪しいなと思った時は、逆張りをすると面白そうですね。

さすがにブログの予想では、そこまで確認して書けないのですが、現在、どの程度、気性が成長しているのか分からない反面、入れ込むとかなり危ないので、頭の隅に入れておきたいですね。

因みに、軸にはしない予定です。

2番人気は、ラッキーライラックですね。

とても盛り上がりに欠けた大阪杯2020では、最後の直線で、一瞬、前が壁になるのですが、前の馬を躱してからはジリジリと末脚を伸ばしていて、瞬発力は欠ける反面、前目から持続力のある良い末脚を繰り出せるので、3連系の軸に据えたくなる馬なのかなと。

かなりズブい馬なので、スミヨン騎手とかデムーロ騎手に、叩かれまくられると走る感じで、今回もデムーロ騎手なので大丈夫な気はしますが、デムーロ騎手の場合、時々、出遅れるので、遅れた時は脚質的に、終わりだと思います。

出負けして中団位であれば、大丈夫のような気はします…。

3番人気は、クロノジェネシスですね。

全レースが5着以内の馬で、重賞でも相手なりに走るというか、脚質的にはラッキーライラックに似ていて、前でも良い脚を繰り出せる分、馬券に絡みやすいのかなと。

馬場が渋った時の成績も良いので、複勝で大勝負しそうな方も現れそうな気はしますが、大口投票のハナ差4着が大好物なので、是非、今回もよろしくお願いします。

大阪杯2020は、大外枠から2着だったことを考えると、ラッキーライラックよりも評価は上なのかなと。

阪神芝2000mは、大外枠の成績が極端に悪いので、今回のコースも内枠が有利で外枠が不利なコースですが、枠次第ではラッキーライラックを逆転可能だと思っています。

4番人気は、大嫌いなブラストワンピースですね。

コース適性はあると思う反面、毎回、人気になる割に走らないので、典型的な過剰人気の馬ですが、前走の大阪杯2020はいつもどおり、4角でまくって最後は失速していたので、大阪杯ではデータが良かったので◎を打っていた反面、今回は、馬場次第では、無印にする予定です。

完全なパワー型の馬なので、瞬発力は全くない反面、馬場が渋ると異様に走りそうな気がするので、毎回、悩ましいのですが、単勝だと20倍位が妥当な気がするので、1桁台であれば、馬券から消えて頂こうかなと。

アンチを超えてウンチレベルですが、この馬が4着以下に沈んだ時に的中する券種とかあれば、給付金を全額、賭けても良いと思える位、馬群に沈んで欲しいですね。

悪意しかないのですが、虚弱体質な馬なので、今回は休み明けで、多少、状態は良いような気がします。

さて、人気馬はどうでもいいのですが、ここからが本題です。

宝塚記念2020の激走可能な穴馬は…

◎ カデナ

前走の大阪杯2020で、最も強い競馬をしたのはカデナと思っていて、最後、完全に脚を余して上りが最速の33秒5ですが、穴党好みの馬なのかなと。

※カデナは、ピンク帽子の11番です。

毎回、スタートは良くない馬なので、後方一気の戦術しかないのですが、2走前の小倉大賞典2020の時に、かなり厳しい位置から短い直線で前の馬を躱しながら勝ったので、今が旬というか、本格化している気がします。

話を大阪杯2020に戻しますが、最後の直線ではワグネリアンが壁になっていて、他の馬よりも2~3秒位、追い出しが遅れて、内側に潜り込むのですが、加速して伸びた所がゴールで、非常に惜しい競馬だったと思います。

正直、騎手は不安ですが、クロノジェネシスの時にも書いたとおり、カデナも大外枠だったので、後方一気で大外枠であれば、あまり枠は関係ない気もしますが、それでも不利な枠には間違いないのかなと。

馬場に関しては、良馬場であれば絶好の穴馬だと思っていた反面、馬場が渋ると厳しい気がするのですが、それで人気が落ちるのであれば、逆にラッキーかもしれないですね。

ブラストナントカとか、カデナの馬なりに負けているので、粘着質でごめんなさいという感じですが、カデナの方が魅力的だと思います。

走法はよく分からないのですが、地面を叩きつけるような走り方なので、馬場が渋ると滑りそうな感じですが、過去に洋芝でも好走しているので、稍重位までなら、大丈夫な気がします。

この馬は、全馬を蹂躙できるだけの能力が備わっていると思うので、単複で勝負しようかなと。

鮫島騎手で、全く人気になりそうにないのであれば、逆にやる気が出るというか、外人騎手だと萎えるので、応援馬券という意味でも面白いと思っています。

最終的な予想は、noteで販売していますので、当たるかどうかは謎な反面、今年のG1は調子が良いので、カデナが無印という可能性も十分、あるのですが、以下のリンク先からご購入できますので、よろしくお願いします。

⇒黒の馬券師|有料予想|note

昨年の夏競馬はボロボロだったので、今年は勝ちたいですね。

今週も引き続き、黒の馬券師をよろしくお願いします。