☆重賞予想と穴馬予想を500円で販売中!

赤津です。

桜花賞2021はかなり面白いレースで、馬券はソダシの単勝とファインルージュの複勝を購入していたのですが、直線手前まではメイケイエールばかり見ていて、楽しかったなと。

出負けして後方ポツンと思いきや、馬込みの中で制御できず、そのまま先頭で2回目のポツンを発動して、最後は直線で馬なりとか、棺桶に入るまでの記憶を頂いたので、横山騎手には、本当に感謝しています。

枠番的には、サトノレイナスが最も強い競馬だった気はしますが、馬券と心情的に、ソダシを応援していたので、爽快な日曜日の夕方だった反面、大体、憂鬱な夕方なので、今週末も気分が良い夕方になればいいなと思っています。

有料予想に関しては、桜花賞2021は、◎ー〇ー▲の完全勝利で、今年は重賞の成績が神懸っているのですが、油断すると失速するので、今週末もデータを頼りに、印を打っていきたいと思います。

さて、早速ですが、皐月賞2021の予想オッズです。

皐月賞2021 予想オッズ

皐月賞2021 予想オッズ

1番人気は、エフフォーリアですね。

前走の共同通信杯2021は、完璧とも言える内容で、東京芝1800mで前目の位置から33.4秒の末脚を繰り出されると、後続は何もできない訳ですが、皐月賞は前が残りやすいレースで、脚質的に申し分なく、新馬戦は札幌で重い馬場も経験しているので、週末の馬場が悪化したとしても、大きな割引材料ではなく、枠次第ですが、軸には最適なのかなと思っています。

不安材料は、横山(武)騎手で、G1で1番人気を背負って、前目で競馬をする場合、完全にマークされると思うので、そう簡単には勝てない気がしますが、ただ、馬の能力は抜けている気がするので、心情的には応援したいなと。

今年は、重賞で3回も勝っているので、騎手だけで軽視されて、少しオッズが高くなるのであれば、逆に狙い目だと思います。

仮に惨敗したとしても、臨戦過程からは馬券からは消せない1頭ですね。

2番人気は、ダノンザキッドですね。

前走の弥生賞2021が案外な内容で、一応、3着ですが、先着を許したメンバーもそこまで強い馬ではなく、タイトルホルダーの逃げは捕まえられなかったとしても、シュネルマイスター位は捉えないと、ダメだったような気がして、個人的には、危ない人気馬だと思っています。

跳びが大きい馬で、中山のような小回りのコースは苦手そうで、コーナーリングに問題があるというか、逆に、苦手なコースでも好走しているという点は評価できるのですが、東京の方が適性があると思うので、人気になるようであれば、馬券から消すのも面白いと思います。

絶好調の川田騎手が騎乗予定ですが、何となく罠のような気もするので、人気を吸って頂ければとてもありがたいので、youtuberの方とかは、ガンガン、宣伝して頂ければいいなと思っています。

3番人気は、ディープモンスターですね。

前走のすみれS2021は0.4秒差で快勝していますが、2着以下のメンバーは、1勝クラスを突破できない馬ばかりで、レースレベルに疑問を持っていて、名前が素敵なので人気になりそうですが、今回、武騎手ではなく戸崎騎手でテン乗りなので、さすがに割引なのかなと。

さすがに3番人気にはならないと思いますが、能力よりも人気になりそうな気はするので、この馬も馬券からは積極的に切りたい1頭ですね。

デビュー以降、馬体重が停滞しているのも割引材料で、今回、成長しているというオチもありそうですが、8頭の少頭数のレースばかりで、揉まれ弱そうな気もするので、結構、不安材料は多い馬だと思います。

さて、人気馬はどうでもいいのですが、ここからが本題です。

皐月賞2021の激走穴馬は…

◎ アドマイヤハダル

ルメール騎手が騎乗予定で、人気になるとは思うのですが、今回、他に人気を吸う馬が多く、オッズは割れそうな気はするので、小穴としてはかなり面白い1頭なのかなと。

前走の若葉S2021は、ダート戦のような完勝で、他の馬よりも2枚位、抜けていた気がするのですが、私の相馬眼は定期的に節穴になるので、ご注意ください。

※アドマイヤハダルは、緑帽子の6番です。

1000mを通過した後に、何の苦労もなく前目の位置を確保して、特に脚を使っている感じではないのに追走が楽な馬というのは、他の馬よりも能力が抜けているという証拠だと思うのですが、直線に入ってからは騎手が後方の馬を確認する余裕もあり、前の2頭よりも2秒位、遅れて追い出して、追い出した後は少しずぶい反面、スピードが乗った後は後続を引き離していたので、坂も問題なく、着差以上の完勝で、まだ、底を見せていないという意味では、かなり期待できる馬なのかなと。

また、仮に馬場が渋ったとしても、かなりパワーはありそうなので、さすがに不良馬場だと分からないのですが、新馬戦は稍重でも勝利していて、先行脚質+速い上りを使えるので、複勝は激熱な馬だと思っています。

他には、デビュー以来、順調に馬体重が増えていて、前走までは持ちタイムが遅く、時計的に物足りない感じだった反面、4秒位、時計を詰めて来たので、騎手、前走、成長力という意味では、かなり期待できる馬で、良馬場であれば、この馬から勝負しようかなと考えています。

最終的な予想は、色々なデータを元に印を打っているので、週初めの予想で推奨して馬券を買わない事は多いのですが、多分、アドマイヤハダルはデータ上位になりそうなので、月曜日からわくわくしています。

さて、今回はもう1頭、推奨馬がいて、少し卑怯な気はするのですが、中山競馬場の天気がかなり怪しく、道悪になると別の馬も面白そうで、ご紹介しておきます。

◎ アサマノイタズラ

名前が微妙で、G1はかっこいい名前の馬に勝って欲しいのですが、騎手も嶋田騎手で、それだけで消されそうな気はする反面、前走のスプリングS2021の内容を見ていると、ヴィクティファルスの方が評価が高くなりそうですが、中山芝1800mは外枠の成績が良いコースで、枠の有利・不利を勘案すると、アサマノイタズラの方が、評価は高くて良いのかなと。

※アサマノイタズラは、青帽子の6番です。

かなり早目に仕掛けた分、最後は頭差で負けてしまったのですが、想像以上に粘っているので、スタミナはかなりありそうで、馬の力もあり、道悪の馬場であれば好走しそうな気がしていて、複勝で勝負するのは怖いのですが、紐要員としては入れておきたいなと思います。

道悪で良績なのは、他にはヨーホレイク位で、馬場が悪くなると一気にカオス化しそうですが、その場合、前目で良い末脚を使える馬を選択すれば、レースの見せ場もありますし、最後の直線は興奮できる気がします。

後方一気で、向こう正面からお祈りモードになるのが嫌で、そこから末脚が爆発!というよりも、不発に終わることが多い気がするのですが、先行脚質の馬の方が、展開面で不利を受けにくいですし、購入した馬券の馬が画面に映らないとか、とても面白くないので、最近は、お金よりもレースを楽しむ方法を考えていて、的中率と回収率のバランスを重視しています。

最後は宣伝になりますが、本命党の方も穴党の方も、また、メインレースや重賞しか馬券を買われない方でも、有料予想は楽しめる内容になっていますので、ご入会のほど、よろしくお願いします。

⇒月額会員のご案内

★月額会員募集中!