AI予想を無料で配信中!友だち追加

シルクロードS2023 予想オッズ

シルクロードS2023 予想オッズ

1番人気は、ナムラクレアですね。

完全に、過剰人気になりそうな馬であり、実績馬なのかな?と疑問が残る位、近走は微妙だと思うのですが、2走前の北九州記念は、53kgで、57kgのタイセイビジョンに、後ろからぶち抜かれているので、小倉のレースは、地元という事もあり、異様に頭に入っているのですが、クッソ、弱かったなと。(ファンの方、ごめんね。)

前走のスプリンターズSも、53kgは反則(そういうルールなんですけどね。)だと思っていた反面、坂の手前で一瞬、加速しそうは気配を見せるのですが、その後、失速して、最後は力負けしているので、今回も53kgであれば、買わないとダメだよね…と思うのですが、56.5kgとか、即切りで良いのでは?と思う位、ハンデが酷いので、あと、スプリンターズSは、レベルが低かったとも思っていて、レース前は、メンバーが酷評されていたレースですが、今回、レースレベルは、前走と大差なく、斤量の分、相当、不利になると思っていて、穴馬であれば、斤量差とか、余裕余裕!と書きますが、牝馬で56.5kgは、ヤベーと思います。

460~470kgの馬ですし、これで勝てば、強いとは思うのですが、能力+斤量が、全くオッズに見合ってないので、斤量が重い実績馬が好走するレースですが、そもそも、実績も微妙なので、馬券からは消したいと思っています。

2番人気は、ウインマーベルですね。

今回、59kgで、前走から+4kgですが、スプリンターズSで2着に好走したので、かなりハンデを見込まれていて、2走前のキーンランドカップとか、レベル、低すぎでは…と思っていたレースであり、冷静に考えると、スプリンター路線は、ロクな馬がいないので、ナランフレグがG1で好走するとか、何の冗談なのかな?と思うのですが、過去、58kg以上を背負った馬は、実績も伴っていて、その上で好走しているので、グランアレグリアレベルで、他の馬を蹂躙する位の馬であれば、59kgでも余裕ですね…という感じですが、スプリンターズSの時点では、7番人気の低評価ですし、ジャンダルムが勝つようなレースな訳で、ナムラクレアと同じく、実績が微妙なのに、斤量だけ重い…という感じで、この馬も、4角でポイ捨てレベルだと思います。

人気馬をディスっている時だけ、一瞬、輝くのですが、嫌いな奴を小馬鹿にするために、才能を無駄遣いしているので、嫌いな奴がいて、何か情報を頂ければ、私の言葉で料理させて頂きます。

3番人気は、トウシンマカオですね。

近2走は、末脚が強烈であり、前走は、良馬場の発表ですが、かなり芝が痛んでいるので、その状況の中、中団から33秒0の末脚を繰り出していて、雨で馬場が渋ると、どうかな?と思うのですが、今の荒れた馬場だと、かなり合っている気がするので、この辺りは完全に、個人の感想ですが、このフレージにも飽きて来たというか、予想とか感想であり、科学的根拠は?とか、知るかボケと思うので、油断すると言葉が悪くなるのですが、血筋は、田川の川筋っ子なので、ルーツはロクでもなく、会社でパワハラとか言われたら、指導という名の元に、言葉の暴力団に変身するので、社会とは関係しない方が良いと思っています。

斤量は、58.5kgであり、前走よりも+3.5kgで、450kgの軽い馬なので、この馬も、マイナスかな…という感じですが、このメンバーで、この斤量で勝てるのであれば、G1でも余裕で好走できると思いますし、今の1200m戦は、ヒーローイズカミングとか、他の国のお話ですか?という位、主役級の馬が不在なので、脚質も、モズスーパーフレアみたいに、絶対に逃げるマンも居らず、今回は、ジャスパージャックが、逃げ候補ですが、そこまで、テンのダッシュ力もなく、レースの展開予想は苦手ですが、中途半端なポジションに位置して、最後は、末脚でゴリ押しみたいな競馬になると思っていて、結局、斤量が軽く、末脚を活かせる馬を探せば、良い感じで好走するのかな?とか、段々、予想が適当になっています。

さて、ここからが本題ですが、シルクロードS2023の激走穴馬は…

エイティーンガール

みんな大好き、ポツン野郎が騎乗予定で、先行馬に、あの野郎が騎乗すると、返し馬で、何か違うんじゃない?と判断された結果、公開調教で回って来るだけなので、それを予想しろとか、無理ゲーに近いと思うのですが、文句を言っても仕方がなく、それだったら、最初からポツンの馬に騎乗した時だけ、一応、期待しましょうか?という感じで、これで、前ポツンだった時は、ちょっと、期待してしまうのですが、レース後に、文句を言わないように、最初から覚悟?しておけば、今回、面白い穴馬だと思っています。

さて、エイティーンガールは、騎乗フォームのとても綺麗な、秋山真一郎様が騎乗されていて、前走は、先行馬の前残りの決着であり、残念ながら、出番はなかったのですが、阪神の内回りとか、中山、ローカルの小回りは、ノータイムで切って良い競馬場であり、左回りの成績が、0-0-0-4/4なので、直線の長いコースでも、全然、ダメじゃないか!とか怒られそうですが、2021年の高松宮記念の着差が、0.4秒、2022年の高松宮記念の差が0.3秒であり、2022年のスプリンターズSも、0.3秒であり、中身を見ると、コースが中京になり、斤量が56kgで、G1と一緒に走ったメンバーとは、斤量差が大きくなる訳で、騎手は大幅、マイナスですが、全然、人気にならないと思いますし、日曜日の夜に、ポツン野郎とか書いて、ごめんね!とか、1ミリも思う訳ないだろうが、という話ですが、侮辱罪で訴えられたら、それはそれでおいしいので、ポツンの被害者の会ができそうですが、嫌いな騎手の馬券を買うのも、悪くないと思っています。

今回、斤量の関係で、軸馬はかなり難しいと思っていて、穴馬を2頭位、探して、2頭の単複、馬連、ワイドで、夢を見た方が良い気がするのですが、後方ポツンと前方ポツンのマリアージュ(結婚)馬券とか、後方野郎とは結婚はしたくないという感じで、気持ちが悪い馬券ですが、先行勢で面白いのは、ジャスパージャックであり、毎回、調教では、ガンガン、前に行く馬であり、見ていて面白いというか、折り合いもクソもないな…という感じで、ダートの1000mとか走らせると、覚醒しそうな馬ですが、前がダメでも、後ろがある!とか、後ろの野郎も、大概、期待できないのですが、真面目に予想をしろ!と言われても、有料しかやる気が出ないので、VIP予想の推奨馬は、相変わらず、覚醒中ですが、本人が一番、驚いています。

あと、本日、腎臓結石になり、ギックリ腰みたいな腰痛で、ヤベーなと思って、久しぶりに内科を受診したのですが、神みたいな病院であり、グーグルのクチコミって、アテになるな…という感じで、しかも、同じマンションの方が働いていて、事情も説明しやすく、他の臓器も検査して頂き、腎臓以外はカスリ傷?だったので、良かったですね。

完全に、塩分過多の生活なので、今は、減塩関係の本を読み漁っていたのですが、何か起こってからじゃ遅い!とか言われても、ストーカーの事件と同じく、全部、予防するのは不可能なので、致命傷を負わない範囲で、体の具合が悪くなるのが、一番なのかなと。

競馬も、負けた時だけ、異常に集中力が上がるので、勝ち始めると、興ざめするので、定期的に、大負けしたいと思うのですが、さすがに、健康の大負けは怖く、昨日の夜とか、ガチで痛かったので、冷や汗の上位は脂汗なんですね…とか、渇いた笑しか出ないのですが、カレー+ビールとか、殺人食なので、ある程度、体が良くなるまでは、塩分とお酒は、封印したいと思っています。

尿から、ナトリウムとカリウムの比率を測定する機械があるみたいですが、20万位で、無理すぎるやろう…という感じで、一般人に出回るのは、まだ、先の話みたいですが、この方のブログと、本を読み漁っているので、数字は好きなので、頭の中で、食塩の量を計算できる位、勉強する予定です。

⇒ドクター上島の食塩無添加日記

やり過ぎると、食事が楽しくなくなるので、落とし所を考える必要があるのですが、寿命まで、ギリギリ、臓器がを持たせる…というのが、理想な気もするので、健康な臓器のまま、死にたくない!とか、意味が分からないのですが、お金とかも、死ぬ前までに、全部、使いたいと思っているので、余命が分かれば、お金の管理は、とても楽ですが、安楽死位しか、それを達成できないので、自殺は怖いですし、寿命が10年、縮んでもいいので、寿命が分かる目が欲しいと思っています。

嫌いな奴だと、嘘の寿命を教えたいですね。

今週も引き続き、よろしくお願いします。

AI予想を販売中!