赤津です。

早速ですが、シンザン記念2022の予想オッズです。

シンザン記念2022 予想オッズ

1番人気は、ラスールですね。

新馬戦の内容を見る限り、従順そうな馬であり、操作性が良く、ルメール騎手と合っているとは思う反面、1番人気に推されるほど、抜けている訳ではなく、ルメール騎手×藤沢厩舎の馬は、人気になりやすいのですが、2021年の重賞の成績は散々であり、ルメール騎手の成績も落ちて来ているので、ここは、別の馬から勝負した方が、馬券的には面白いのかなと。

前走は、珍しく、直線で詰まっていたので、進路が空いてからはかなり強かったのですが、タイムも上がりも平凡であり、上積みはあるとは思う反面、強気で勝負できるほど、堅くはないと思っています。

因みに、強い馬は、素直に強いと評価しているので、逆張り馬鹿ではないのですが、最近だと、セリフォスを酷評して、涙の2着、コマンドラインの強さが分からないと評価して、12着に沈めているのですが、結構、適当なので、ご了承ください。

2番人気は、レッドベルアームですね。

前走の東京スポーツ杯2歳S2021は、かなりレベルの高かったレースだと思っているので、1.0秒差の5着ですが、イクイノックスは化け物だと思っていて、相手が悪かったのかなと。

時計も好時計であり、古馬の条件戦でも、即、通用しそうなタイムで、今回、東京スポーツ杯2歳Sよりは、相手関係が楽になるので、ラスールを軸にする位であれば、この馬の方が良い気がします。

跳びがかなり大きな馬で、中京は合うと思うのですが、中山とかだとパフォーマンスは下がりそうで、今後、小回りのコースで人気になる時は、軽視したいと思っています。

一瞬の切れ味はなく、先行して、勝負所から持続力のある末脚を繰り出し続けるタイプなので、連系の軸としては、オススメな気はします。

複勝の1.3~1.4倍とかで、大勝負したくなる方には、そう簡単には垂れないので、ゴール板付近まで、脳汁が出ると思います。

最後、何かに差されそうですが…。

3番人気は、ソリタリオですね。

戦績は、左回りの1600mの専用機であり、安定して好時計を出せるので、この馬も、レッドベルアームと同じく、先行して良い末脚が使えるので、爆発力はない反面、安定感はあるのかなと。

前走は、出遅れたウナギノボリと僅差なので、そこまで強いとは思っていないのですが、ダート馬のようなレース運びをするので、地味ですが、馬券を買っていると安心感が伴いそうで、心中とか特攻馬券だと、面白い馬だと思っています。

良くも悪くも、相手なりに走るので、勝負所まで追走して、少し早目に抜け出して、後続の追撃を躱すという感じですが、目標にされやすく、決め手に欠けるので、単勝は怖くて買えない反面、この馬も、複勝で勝負すると、脳からお汁が出そうですが、後方一気の馬に大口勝負とか、確実に寿命が縮むと思っているので、先行前残りの馬で勝負をするのが、正解な気がします。

この馬も、地味ですね…。

さて、ここからが本題ですが、シンザン記念2022の激走穴馬は…

B カワキタレブリー

右回りの時計の掛かる馬場だと、かなり期待できる馬で、今回は、コース適性という意味では、マイナスだと思うのですが、1200mの馬だと思い込んでいた反面、距離を伸ばす毎に、パフォーマンスを上げているので、前走は、セリフォスと0.3秒差であり、馬場の悪い内目を通っての結果なので、着差ほど、負けてはいないのかなと。

※カワキタレブリーは、黄色帽子の5番です。

あの展開だと、外側の馬に一気に躱されて、大敗になる事が多いのですが、最後は、ド根性で3着に粘っていて、上りも33.5秒であり、レースのペースが速くなって、ヨーイドンの瞬発力勝負だと、多分、出番はないと思うのですが、少し時計が掛かる馬場で、中団付近で待機できれば、頭まであると思います。

失礼な話になりますが、加藤騎手でも善戦していたので、加藤騎手は2021年に、3勝しかしていないので、今回、松山騎手が継続騎乗であり、メンバーも手薄なので、人気の盲点になるのであれば、勝負しても良いのかなと。

戦績を見ると、3走前のクローバー賞2021では、キングエルメスに先着していて、キングエルメスはその後、京王杯2歳S2021を制しているので、単純に比較はできない反面、先着しているというのは事実であり、穴馬の買い材料としては、充分だと思っています。

430kg位しかなく、かなり小柄な馬で、過去、12頭以上のレースを経験していないのですが、揉まれても、末脚は確実であり、スピードはある馬なので、希望的観測ですが、高速馬場でも対応できた、とか、寧ろ、高速馬場の方が得意だったという、ご都合主義的な結果に期待しています。

2021年も、穴馬ばかりを買っていて、勝率は10%、複勝率は30%位なので、単勝に関しては、滅多に当たらないのですが、1度でも10倍以上を当てると、残り9回の内に、当たればいいなと思えるので、外れには慣れています。

時々、博才があるとか言われますが、裏目野郎であり、自信がある時は当たらず、全然、やる気のない予想に限って、穴馬が刺さるので、これは、ギャンブル以外も同じで、「人助けをしよう!」とがんばると、大体、関わった方が不幸になる(致死率100%に匹敵。)ので、森田療法に、思想の矛盾という考え方があるのですが、私には、適当な位が、丁度良いのかなと。

年始から自虐的ですが、ツイッターとかも、サービス心が旺盛になって、オススメの馬を乱発しても、全然、当たらないので、被害者が増える一方ですが、悪意のない善意ほど、厄介なモノはなく、テンションが爆下がりの時に、しれっと、ツイートする方が、結果は残せる気がします。

以前は、メルマガで、大口投票をご紹介していたのですが、レース当日は、プレミアム会員様の予想が忙しくなっていて、雑談とか余談を書く余裕がなく、ツイッターの140文字位で、逆張り馬鹿を演じるのが、面白いと思っています。

⇒黒の馬券師|ツイッター

今週末も引き続き、よろしくお願いします。

☆有料予想を500円で販売中!