AI予想を無料で配信中!友だち追加

セントウルS2022 予想オッズ

セントウルS2022 予想オッズ

1番人気は、メイケイエールですね。

騎手が代わって良かったのか、気性が成長したのか謎ですが、ポテンシャルはかなり高い馬であり、一時期は、この馬と併走すると、死人が出る…とか思っていた反面、近走は暴君の片鱗が見えず、牝馬という事に驚きですが、イギリスの新首相も鉄の女様の生まれ変わりのような方で、女性が活躍社会というよりも、女性中心の社会で良いと思っています。

牝馬だと何も感じないのに、メス豚だと酷い言葉になるので、言葉の印象って重要ですよね。

さて、メイケイエールは、近走のレースレベルが突き抜けているので、気性以外、不安材料は見当たらず、最近は、前目の位置で我慢して、直線で爆走するレースが続いているので、中京との相性も良いですし、高松宮記念は、5着ですが、勝ち馬との着差は0.1秒なので、G1で勝ってもおかしくない馬であり、当たり前のことを当たり前に書いていますが、強い馬って書くことがなく、この馬の場合、馬体重の増加と共に、タイムが速くなり、気性を含めて、分かりやすい成長曲線を描いているので、何をするのか分からない…という点で、ファンも多いと思いますし、山田君みたいに、2周のレースを1周と勘違いするのではなく、半周のレースを1周位すれば、さらに良いと思っています。

AIの判定は1位であり、このメンバーだと、そうなりますよね…という感じです。

2番人気は、ソングラインですね。

今回、初の1200mなのに、戦績だけで人気になりそうな馬ですが、グランアレグリアが特殊だっただけであり、本来、マイルと1200mの適性は、人間の陸上の400mと800m位、違うと思っているのですが、陸上の経験者じゃないと、全く分からない例えですが、800mの選手が400mに参加しても、スピードが違いすぎるので、スタミナは余っているのに、もうゴールですか?という感じで、完全燃焼できない感じですね。

ソングラインは強い馬だと思いますが、1200mのペースに対応できるかどうか謎であり、東京マイルのような、スタミナ+スピードを求められるコースであれば、適性は◎な反面、中京の1200mは、全く求められる適性が異なるので、逆に、ここで好走できるのであれば、今後、1200mでも活躍しそうですが、試金石のレースで、人気になっているのであれば、軽視するのが良いと思いますし、メイケイエールに勝てるとは思えないので、馬券から切っても、面白い気がします。

1週前までの調教は、コース追いが多いのですが、短い距離でも最後、しっかりと伸びているので、状態面は良さそうですが、ここが目標ではない訳で、あまりというか、全く買いたくない馬ですね。

東京マイルだと、鉄板!とか言い始めるので、ご注意ください。

3番人気は、ジャングロですね。

藤田氏の馬ですが、初年度は全頭が1勝以上であり、お金があれば良い馬を買えるのか…という感じですが、今年の2歳馬も、強い馬が多く、馬娘なら、牝馬だけ買えばいいのにね♪と思っていたのですが、牡馬を買わないと面白くないですよね。

所有馬がダービーを勝って、アイネスフウジンみたいになれば面白いなーとか、不謹慎、極まりないのですが、何を言ってるのか分からない方は、「アイネスフウジン+牛丼」で、グーグル先生に聞いてみて下さい。

さて、ジャングロは、前走のNHKマイルカップは、スタートで大きく出遅れて、武アンチの方は脳汁が出たレースだと思うのですが、その後、最後方から猛追してきて、ヤバイ末脚を繰り出していたのですが、スタミナもスピードも備えていて、最終的に、モズスーパーフレアみたいな逃げ馬になると思っていて、期待しています。

今回、同型が皆無であり、シャンデリアムーンとジャスパープリンスは、逃げ馬というよりも、番手で追走して、最後、直線で末脚を繰り出すタイプであり、積極的に逃げる必要がないのですが、開幕週なので、逃げる可能性もある反面、ジャングロの方がテンは速そうであり、出遅れは不安材料ですが、福永騎手が騎乗予定であり、極端な出遅れは、あまり印象にない騎手で、正直、騎手とか誰でもいいので、勝利インタビューとかも全く聞いてないのですが、未だに名前と顔が一致しない反面、田中健騎手だけは脳内で再生できるので、4K以上の高画質ですが、競馬の話に戻ります。

ジャングロは、中京のレコードタイムを持っていて、今回、別定戦なので、斤量の恩恵はない反面、開幕週と、同型の不在、出遅れ率の少ない騎手とか、好走材料が揃っていて、古馬との初対戦なので、通用するかどうかは謎ですが、馬券には入れておきたい1頭なのかなと。

今回、人気上位の馬が、一応、死角があるので、メイケイエールは気性、ソングラインは距離、ジャングロは斤量で、荒れる要素は多く、毎回、穴馬を狙いましょう!とお題目のように唱えていますが、最近、全然、穴馬が刺さらないので、ゲンナリしています。

さて、今回の激走穴馬は、ダディーズビビットであり、京成杯にも登録しているので、適性を考えると、こっちだろうなーという感じですが、どちらに出走しても、狙うと決めているので、ダディーズビビットの買い材料は、以下の記事を参考にして頂ければいいのかなと。

京成杯オータムハンデキャップ2022|予想オッズと激走穴馬!

少し、話が逸れるのですが、今年の高松宮記念組の、その後の成績が壊滅的なので、ナランフレグが勝つようなレースですし、エイティーンガールとか、ジャンダルムは、夏競馬で狙って爆死したので、このメンバーに負けるの?という感じで、結局、高松宮記念は、弱い馬達の天下一舞踏会だったような気がして、舞ったのは紙馬券というか、最近、有馬記念でも馬券が舞わないので、環境に優しいというか、人間、減らせばいいんじゃね?的な感じで、戦争とかで死人が増えると、地球、良かったね♪って本気で思うのですが、死ぬと健康保険料とか、介護保険料を支払う必要がないですし、家族にとっては、エゴな人間の場合だと、エコに繋がるので、話を戻します。

今回、メイケイエールとサンライズオネスト、ファストフォースは、高松宮記念組なので、嫌な予感というか、悪寒しかしないのですが、サンライズオネストも、鞍馬Sで4着であり、ダディーズビビットにチンチン、されていて、オープン戦という名のG1であり、気づくのが遅くて、火傷を負ったのですが、これで今回、高松宮記念組で決まった場合、もう、牛丼を食べるしかなくなるので、馬のお肉っておいしくないので食べないのですが、SEKIROで赤牛と戦っていると、肉しか考えられなくなる訳で、松坂牛とかお口に合わないので、私の口には、すき屋のチー牛位で、丁度良いと思っています。(チー牛は、神様からのプレゼントだと思う。)

ああ、海外産の牛も、地味に高騰していますね。

さて、最後も余談ですが、現在、SEKIROに夢中で、3週目に突入していますが、傀儡の術が面白く、会社員の時に、係長の事を、課長の傀儡とか、あなた、あやつり右近か左近ですか?という感じで、もう少し、自分の意見をいいなさいよ!って感じですが、傀儡の術で敵同士を戦わせて、それを眺めるのが楽しく、バカな事をしている内に、気づくと夕方なので、ご飯を作って、ゲームをして、寝て、ゲームをして、ご飯を作ってのループですが、罪悪感とか0であり、ニートの適性があった訳で、これには、自分でもビックリですね。

今、中学生であれば、将来の夢は、高等遊民なので、夢が叶っている状態ですが、意地悪な知人からは、そういう生活をしていると、その内、不幸になる…という呪いの言葉を頂いていて、その発想自体、不幸だなーと思うのですが、今日も、テラスのPS君が、私のためにがんばっているので、室内は無音ですが、PS4がうるさい時は、お外に出せばいいので、いつ、壊れるかが楽しみですね。

非破壊検査というか、全然、違う気もしますが、壊れたらPS5を買うか、スイッチが2台ある(間接自慢。)ので、映像の綺麗さとかどうでもいいので、自由度の高いゲームを探そうと思っているのですが、昔、ロマサガの2か3で、レベルを上げる時に、敵の索敵範囲のギリギリにキャラを置いて、Aボタンか何かを連打すると、敵キャラが近づいてくるのですが、その後もAボタンの連打で敵を倒して、勝手にレベルが上がる(正確には、キャラの能力。)という仕組みを作って、学校に行ってたのですが、強くなると敵も強くなって、勝手に強くなって、勝手に死んでいたのですが、面白かったなと。

この発想は、今でも活かされていて、私の仕事?って、ネット上で自動販売機を作っているようなモノなので、〇〇の攻略法という感じで、まず、PDFなどのファイルを作り、あとは、セールス用のページを作成(最近は、外注。)して、〇〇の攻略法という検索をすると、私のページに到達する感じで、競馬の場合だと、レッドオーシャンなので、検索上位は難しいのですが、ニッチな分野も多く、最近だと、とある資格に特化した勉強法のファイルを作成して、1万字位の大作ですが、それを色々な所で販売しているので、印税だと、5~10%位ですが、自分で売れば、広告費とプラットフォームの利用料以外、経費は掛からないので、電子データで在庫も不要ですし、頭があれば、いくらでも稼げる感じですね。

ゲームで培った素養?なので、学生時代、ゲームと陸上しかしていない気がするのですが、ゲームがダメというよりも、頭を使っているのかどうかであり、正直、会社の仕事って、ゲームよりも遥かに簡単であり、上司から、一週間以内にSEKIROをクリアするように!とか命令されたら、資格試験よりも難しい気がするのですが、書類とか、前例主義で良いと思いますし、仕事を難しいと感じた事は少なく、ああ、保安林の解除申請は、発狂しそうな位、面倒な手続きで、単に書類を作成すればいいだけではなく、山に登って、天下りさんにご機嫌を取って、意味不明な測量図を眺めながら、よく分からない納品書を、そっと書庫に保管する仕事だったのですが、多分、今の頭であれば、理解できるだろうなーと思う反面、仕事だと絶対に嫌な訳で、そもそも、保安林の指定がされている場所を、事業地に選定するな、このカスが、って感じですが、国定公園とか、国立公園も嫌いなので、「立」の場合、自然に公園になっているので、規制が強いのですが、「定」は、人間が定めた公園なので、規制が若干、緩いのですが、こういう知識が、子供の教育とか、お金を稼ぐ手段に繋がっているので、自分の頭に投資しておけば、人生で困ることは少なく、大体、厄災というのは、人が運んで来る(幼稚園バスの置き去りも人災。)ので、余計な人間関係は整理した方が良いと思っています。

今週も引き続き、よろしくお願いします。

重賞予想を販売中!