AI予想を無料で配信中!友だち追加

関屋記念2022 予想オッズ

1番人気は、イルーシヴパンサーですね。

安田記念は、究極的な上り勝負であり、さすがに、最後方から32秒台の末脚を繰り出しても、中団から良い末脚を使える馬には勝てず、もう少し、前目であれば…という感じのレースだったのですが、G1ですし、ペースも速く、結果的には、強い馬ですが、期待され過ぎだったと思います。

ただ、今回に関しては、安田記念の時よりも一気にメンバーのレベルが落ち、別定戦で斤量の不利もなく、逆らう理由が全くないので、暑さとか、状態面位しか、ケチを付ける部分がないのですが、馬券から切る勇気はなく、最終追い切り次第では、軸馬で良いと思っています。

イメージ的には、2走前の東京新聞杯のような感じで、実力で他の馬を競り落としそうであり、高速馬場でも、時計の掛かる馬場でも、どちらでも対応できるので、隙は少ない気がします。

こういう馬が1頭いると、途端にやる気がなくなるのですが、今回は2頭もいるので、さらにやる気が出ないです。

2番人気は、ダノンザキッドですね。

安田記念は、先行してから、最後は馬群に飲まれたのですが、先行勢が爆死していた流れであり、かなりがんばったと思っていて、57kgというのはかわいそうだと思う反面、先週の新潟の馬場は、前が止まらないレースが多く、週末の馬場の調子は謎ですが、イルーシヴパンサーよりは前で競馬ができ、似たような末脚を使えるので、3連系の軸としては、こっちの方がいいのかなーとか、かなり予想が適当ですが、マイル戦だとG1でも上位の馬ですし、この馬も、逆らうだけ無駄なのかなと。

前述したとおり、今回は相手がかなり弱そうなので、この2頭は抜けている感じであり、大口投票も多そうですが、一応の不安材料としては、安田記念組は、実績の割に凡走している馬も多く、過去10年のデータとか、出目だと思っているのですが、ここが本番ではないだけに、大きく勝負するのは危ないので、それだったら、G1で勝負した方が、素人票も多くなり、オッズの妙味も増すので、自分のお金をどういう風に使おうかとか、自由ですが、ここではないと思っています。

長年、大口投票は!!とか書いている割に、定期的に数百万で勝負したい!とかのご相談を頂くので、書いても無駄ですが、そういう時は、理想論は抜きにして、全力で予想しますので、お手伝いしたいと思っています。

こういう相談は、有馬記念の時期とか、多いですね。

3番人気は、スカイグルーヴですね。

過去のレース映像を見る限り、1400mまでかな…という馬であり、最後、末脚が鈍っていて、スピードがあるので、新潟芝1600mであれば、ギリギリ、持つかな…という気もしますが、多分、錯覚なので、距離が伸びて良いタイプには見えず、人気を背負うのであれば、軽視した方が良いと思っています。

先行して、良い末脚を繰り出す馬なので、距離が伸びると、追走で脚を使わせられるので、その状態から上記2頭を超える末脚を使う必要があり、無理だろう…という感じですが、仮に、ここで通用しても、東京のマイルだと絶対に無理だろうなーと思うので、1400m戦でも長すぎる印象があるので、ここは試金石だと思いますし、オッズほどの価値はないと思っています。

さて、ここからが本題ですが、関屋記念2022の激走穴馬は…

エアファンディタ

この馬、牝馬だと思っていたのですが、思いっきり牡馬であり、牝馬特有の切れ味が…とか書きたかったのですが、全然、違うという話で、倒錯感が酷いのかなと。

末脚に関しては、特級品の馬であり、イルーシヴパンサーとの切れ味勝負を見たいと思っていて、同じ位置から、同じような末脚を使えて、オッズ差がかなりあるのであれば、レースのペース次第では、イルーシヴパンサーに先着できる可能性があり、切れる時は、切れすぎる位、切れるので、瞬発力は最強だと思っています。

今回、ウインカーネリアンの前残りに期待する方も多いですし、先行勢に穴馬が皆無であり、この馬位しか、面白そうな馬が存在せず、苦肉の穴馬というか、馬券はスルーした方が良さそうなレースですが、私の場合、こういうやる気の出ないレースが、結構、当たるので、先週も、カフジオクタゴンは無理があるなーと思って推奨して、1着だったので、今回も、おかわりはある気がします。

エアファンディタの強調材料を探していたのですが、3走前の洛陽Sが、かなり強く、最後の100mだけで、前の馬を全部、差し切っているので、直線では進路がなくなっていましたし、相手は弱いのですが、それでも、1頭だけ早送りの状態であり、ああ、レース映像を張ればいいのか…という話ですが、こんな感じですね。

※エアファンディタは、赤帽子の6番です。

重賞であれば、JRAの映像があるのですが、上記のような映像だと画質が悪くて、無料なので文句を言うなという話ですが、レース映像は毎回、有料で見ているので、これで通信容量を使うとか、詐欺に近いというか、じゃぁ、張るなという話ですね。

このレースの2着馬は、ダーリントンホールで、その後、エプソムカップで3着、ファルコニアも、中京記念で3着であり、上位馬はレベルが高かった気もするので、その相手に、最後、ぶっち切っている訳ですが、重賞級なのは間違いなく、人気にならないのであれば、狙っても損はない馬だと思っています。

最近、日記にも書いていますが、試験勉強に夢中になっていて、分かる!分かるゾ!の感覚が素敵であり、とある分野の勉強とか、初見?は意味不明で、こんなモン、絶対に理解できない…と思うのですが、我慢して続けている内に、あれ?、これってこうじゃね?という、未知との遭遇がある訳ですが、もう、単純暗記型の問題であれば、余裕で暗記できるようになっていて、問題集とかも200ページ位だと、薄いなーという感じで、覚醒中ですね。

今だと、プログラミングも覚えられそうで、友人曰く、人が圧倒的に足りない言語があり、理系の高学歴でバイリンガルとか、海外に流出しているので、文系でも何とかなるらしく、テックキャンプのような、ゴミのようなスクールに通うよりも、独学で何かを作り、良いソースを模倣している内に、綺麗なコードを書けるみたいで、以前だと、年齢も年齢なので、自分には無理かなーと諦めていたのですが、自分が思っているよりも頭は悪くなかったみたいで、試験勉強で自信を取り戻している感じなのかなと。

一日に、5時間位、強制感もなく勉強をしているので、大人なので、必要な書籍はいくらでも買えますし、少しでも暇があれば、スマホのアプリで過去問を解いているので、時事問題とかも、アプリが高性能であり、元々、ニュースには強いので、試験勉強がハマるなーという感じですが、楽しくて仕方がないですね。

最後は話が逸れましたが、最近、異様に健康なので、働きたいなーという欲も出て来ている(自分でも驚き…。)のですが、地方で再就職はいばらの道であり、自営業で新しい仕事よりも、少しお堅い仕事をやりたいので、過去の知識を活用するのであれば、不動産関係かなーと思っているのですが、塾の先生も魅力的であり、やりたい事は多く、それを考えている間が幸せなので、いつのまにか過程を楽しめるようになっていて、勉強をすれば人生が変わるという言葉が好きですが、そのとおりだと思っています。

今週も暑くて死にそうですが、脳が溶けない程度にがんばりましょう。

最後は、日記でした。(これが、本題。)

重賞予想を販売中!