ローズステークス2018 予想

 

@赤津葉月です。

 

先週末の重賞は、軸馬は3問中3問で全部正解だったのですが、平場も含めて1番人気が本当に強かったですね。開幕週なので波乱の要素はあったと思うのですが、データ的に抜けている馬が多かったので、穴党の出番はなかったです。

 

荒れるレースか荒れないレースかを見極めるコツは、1強の馬がいる場合、本当に強いのかどうか?を考えることで、特に重賞やG1になると1番人気の馬が売れすぎる傾向があるので、調教などで状態を把握するのが良いと思います。

 

最近は、調教のタイムも数値化しているので、以前よりは予想の精度は上がって来ているのですが、正直、まだまだですね。競馬の予想の場合、死ぬまで正解は見つけられないだろうなと思っていて、正解を見つけても翌週には間違えることが多いので、過信は禁物だと思っています。

 

さて、前置きが長くなったのですが、ローズステークス2018の予想オッズから、激走可能な穴馬を探していきます。

ローズステークス2018 予想オッズ

ローズステークス2018 予想オッズ

出典元:netkeiba

 

1番人気は、サトノワルキューレですね。

 

デムーロ騎手が騎乗予定で、オークス2018では6着であり、阪神コースでの勝利もあるので、今回、4か月の休み明けですが、明確に馬券から切る理由がないので、紐には入れる予定です。

 

今回、休み明けの馬が多いので、過去10年のデータから、休み明けの馬の成績を調べてみました。

ローズステークス 前走からの間隔別 成績表

ローズステークス 間隔別 成績表

 

このデータは面白いですね。4週未満の馬で勝利馬がいないので、夏に使われた馬よりも春のクラシックから直行して来た実力馬が勝っている感じなので、勿論、状態の見極めは必要ですが、休み明けでも実力馬は要注意なのかなと思います。

 

逆に、4週未満の馬は軽視したくなるのですが、サラキアは夏に1戦しているので割引…かなと考えた瞬間、前走を思い出したので、切るのは怖いですね。前走は+10kgで小倉競馬場でレコードタイムで圧勝しているので、今回は上積みも期待できる分、要注意だと思います。

 

さて、人気馬に関しては、あまり気合が入らないので、ここからが本題です。ローズステークス2018の激走可能な穴馬は…

◎レッドランディーニ

 

スタートがあまり速くないので後方からの追込みが多い馬ですが、この阪神芝1800mの外回りコースは、走り的に合うだろうなと。

 

まず、2走前のカーネーションカップでは、ゴージャスランチにクビ差で負けています。ただ、レース映像を見て頂くと、直線に向いてから、数秒間、進路が確保できずに馬なりで追い出しを待っていて、ゴージャスランチの方が仕掛けが速く、最後は32.9秒の末脚で猛追するのですが、クビ差で凌がれます。

 

※レッドランディーニは緑の帽子の7番です。

 

競馬にたらればはないと思いますが、能力的にはゴージャスランチと大差ないと思っていて、一方のオッズが11.2倍でレッドランディーニが100倍以上であれば、馬券的には後者を選択した方が妙味はあるのかなと。

 

それと、このレースだけではなく、前走の500万条件戦のレースレベルが個人的に高いと思っていて、走破タイムが阪神芝1800mで1分45秒0というのは、近5年でも上位のタイムですね。

 

シルバーステートが勝利した垂水ステークス2017(1600万条件)のタイムが、1分44秒5で、その時のエテルナミノルが1分44秒7、タツゴウゲキが1分44秒7なので、タイム的な価値はかなり高いのかなと思っています。

 

それと、3走前のチューリップ賞も5着で負けているのですが、今回、人気が予想されるサラキアともクビ差なので、前走までの戦績を分解していくと、買い材料はかなり豊富な反面、着順だけ見ると人気になりそうにないので、盲点の馬なのかなと思っています。

 

あと、このレースは基本的にオークスから参戦する馬が強いです。ただ、前走が未勝利戦や500万条件の馬でも、夏の間に成長している場合が多く、過去に穴を空けているのはそういう馬なので、3歳の重賞予想は、あまり好きではないのですが、今回は面白そうですね。

 

あと、爆穴としてはロケットがいいなと。センテリュオに先着していて、前走は休み明けで+10kgで惨敗しているのですが、今回、馬体が絞れて来るのであれば戦績的に一発あっても、おかしくないのかなと。

 

最後に、阪神コースはレッド系の馬が好走するような気がしていて、この辺りはデータを検証していないので、単なる感覚値ですが。レッドランディーニも、走り方を見ていると、過去、阪神コースで好走した馬に似ている気がするので、この辺りはオカルトですが、一応、心象も大事にしています。

 

最終的な予想は、レースの前日に更新しますので、よろしくお願いします。