AI予想を無料で配信中!友だち追加

ローズS2022 予想オッズ

ローズS2022 予想オッズ

1番人気は、アートハウスですね。

クラシックの時は、異様に評価されていた馬であり、忘れな賞の勝ち方は、かなり強かったと思う反面、ここから始動であり、成長しているのかどうかは、走ってみないと分からないのですが、中間の調教に関しては、春の時よりも末脚が鋭くなっているので、能力だけで好走しそうであり、こういう馬を軸にするのは苦手ですが、馬券には入れた方が良いと思っています。

オークスに関しては、距離なのか、東京が合わなかったのか、判断が難しいのですが、不安材料としては、好走しているコースは、阪神の内回りであり、直線の長い中京で、能力を発揮できるのか?という点ですが、ド迫力の調教を見ていると、全然、関係なさそう…とか、浮いたり沈んだりですが、AIの予測値は突き抜けた1位であり、思考停止で軸にしても良い気はします。

複勝率の数値だけだと、この馬が軸ですね。

2番人気は、サリエラですね。

末脚の性能は、メンバー中、1位の馬であり、戦績だけだと、人気の理由が分からない反面、レース映像を見ていると、とんでもない馬だな…という感じであり、特に前走は、ドスローの瞬発力勝負で、馬群に沈んだな…という流れの中、最後の100mで前の馬をお掃除して、規格外というか、ゲームのような末脚であり、並の馬であれば、絶対に勝ち切れていないレースなので、レース映像を見られる環境の方は、是非、前走を確認してみて下さい。

不安材料は、2週目の馬場であり、先週は、全体的に先行馬が有利な流れだったので、今回、前走よりもメンバーは一気に強くなると思いますし、末脚が不発という可能性も高く、ハマった時の爆発力は、最強クラスなので、レースを見るのが面白い馬ですが、お金にはならない馬であり、穴党として、この馬を軸にするのは敗北だと思っています。

因みに、先々週からAIの数値を公開しているのですが、例えば、重賞で最も複勝率の高い馬(黄色に着色している馬。)を軸にして、複勝率が6位まで(紐が5頭。)で馬連で流すと、以下のような結果になっているのですが、昨年と今年はプラスであり、重賞だけ馬券を買われるのであれば、的中率はかなり高いですし、回収率も最悪ではないので、悪くない買い方だと思っています。(2108~2020年は死んでるけど。)

ただ、予想販売で、この通りに印を付けると、見解を書く必要がなく、素っ気も味気も何もないので、極力、自分の言葉を書くようにしているのですが、今回のように、アートハウスとか、サリエラは強く、そういう馬を軸にすると、他の方が同じ馬を狙っている分、期待値が下がる訳で、紐に爆穴を入れないと、お話にならない予想になるのですが、最近、競馬に関しては頭を使っても、全然、結果が出ないので、機械的でもいいのかなーとか、葛藤がすごいのですが、予想販売は商売であり、必ずしも、的中する予想が売れる訳ではないので、単なる買い目だけだと、面白くないですし、愚痴になっていますが、今、不動産の賃貸事業にシフト中なので、競馬は、副・副業位で良いと思っています。

専業は、無理ですね。

3番人気は、パーソナルハイですね。

逃げると粘れる馬ですが、控えると全くダメな馬であり、今回、先行力のある馬が揃っているので、意地でも前に出るのであれば、自分の競馬に持ち込めるのかな?という感じですが、中京で前半で飛ばしても、ロクな事にならないと思いますし、未勝利戦を勝った時の競馬は強かったと思う反面、それ以降は、逃げないと並の馬という印象であり、積極的には、狙いたくない馬なのかなと。

この馬が、非常に難しいのが、脚質だけを見ていると、小回りの1600~1800m位で、無双しそうな気はするのに、追走で苦慮するので、今度は、距離が長すぎると、オークスのように惨敗する訳で、現時点だと、2000mで逃げられれば、好走するのかも?という程度の馬であり、控えて、自分の力で勝てる馬ではないだけに、先行馬なのに、展開の利が必要という、そんな状況になるのか?という感じで、こういう馬は苦手というか、馬券を買う際の理由が説明しにくいので、私は、とあるメーカーの車に乗っている方と、全く馬が合わないのですが、その位、買いたくないというか、選択肢には入りにくい馬であり、勝った時は、ごめんなさいというよりも、今回みたいな条件だと、走るのか…程度で良いと思っています。

人気馬の中だと、先行して良い末脚を繰り出せる分、アートハウスかな?という感じですが、複勝率に特化した場合、テンの速度が速く、末脚の性能が良い馬を見つけて、直線が短いコースだけ買うと、7割位、軸馬が馬券に絡むようになるのですが、今年、小倉競馬場で遊んでいた時に、娘から、勝てるとか負けるとか、本当にどうでもいいので、前に行って、見せ場のある馬を選べ!という、憎たらしい指示を頂き、テンの速度を数値化して、末脚の平均値も指数化して、掛け合わせた結果、大体、前に行く馬を抽出できるようになったのですが、残念ながら、そういう馬は人気になりやすく、期待値は取れない反面、現地ではかなり盛り上がるので、娘のために、頭を使うというのが、一番、やり甲斐があるというか、親バカではなく、バカ親なので、園児がバスで亡くなった事件を見ていると、説明会の時に、園長か会長?を、絶対に殺すだろうなーという感じで、山口乙矢スタイルで、殺傷性の高い武器で特攻する(法ではなく、自分で裁こう。)のですが、蒸し焼きでもいいと思っています。

家族限定のテロリストですね。

さて、話が脱線した所で、ここからが本題ですが、ローズS2022の激走穴馬は…

ヴァンルーラー

ローズSは、オークスからの直行した馬の成績が悪い…という特徴を持っているレースであり、昨年も、タガノパッションとか、惨敗していて、結局、前走が条件戦の馬が勝ったのですが、上り馬を狙うのが面白く、オークス組は、ここが本番ではない馬が多いので、実績で期待される割に、結果が伴わず、その結果、回収率が馬鹿みたいに低くなるのですが、それが分かっているのであれば、あとは、反対の行動を取るだけで、条件戦で好走した馬の内、人気になっていない馬を狙えば、おいしい焼肉が食べられるんじゃね?という理屈で、最近、娘の言葉が移って来ているので、若者言葉が多く、自分でも気持ちが悪いのですが、中学生の勉強もがんばっているので、第二の学生生活を楽しんでいます。

さて、ヴァンルーラーは、前走が評価できるレースであり、先行有利な展開ではあるものの、ミスフィガロの猛追を凌いでいて、このミスフィガロという馬は、末脚の性能がおかしな馬であり、2勝クラスでウロウロしていましたが、先日、2勝クラスを突破して、左回りか、広いコースだと、今後も活躍しそうな馬で、ヴァンルーラーは、ミスフィガロに先着しているので、斤量の恩恵はあったとはいえ、4着以下の馬には、3馬身以上の差を付けていて、相当、成長を感じている馬であり、お金を使う価値がある馬なのかなと。

毎年、本命決着か、爆荒れの2択のレースですし、今週、重賞で的中を目指すのであれば、セントライト記念のアスクビクターモアは、鉄板だと思っているので、中山だったら、あの馬の先行力に勝てる馬は皆無でしょう…という感じで、紐探しのレースだと思っています。

ヴァンルーラーの他の買い材料は、1800mの持ちタイムが優秀であり、阪神の1800mで、1分46秒6であれば、時計勝負になっても対応できますし、2走前は2000mで負けている反面、当時と、馬の状態が全く違う気がするので、色気を出して調教も見たのですが、ガリレオのように、サッパリ分からん。であり、東野さんの小説は、一気に読めるので、頭を休めるには、最適だと思っています。

ここから先は余談ですが、今週は珍しく忙しそうで、仁王2を買ってしまい、1000円で売っていたのですが、ハクスラの部分が面白そうで、SEKIROの動きに慣れているので、タイミングが、全然、合わないのですが、相変わらず、ボスが理不尽すぎるので、SEKIROの場合、相手の行動後、少しだけ遅れても、反応ができるのですが、仁王の場合、パターンを先に覚えないと、不意の攻撃で蹂躙されるので、躱せる訳、ないだろう、このクソが…と言いながら、勝てるまで戦うのですが、面白いなと。

何度も、このブログで書いていますが、ファミコンのミネルバトンサーガを、ワゴンセールで50円で購入して、傭兵をゴッドハンドまで育てて、最後のラゴン戦では、30分位、戦っていた記憶があるのですが、名作が格安で購入できる時代な一方で、そういう面白い作品を探すには、時間が必要であり、特に、自分にあった漫画、ゲーム、ドラマ、アニメを探すには、試してみるしかない…という感じであり、暇な時間は何かしているのですが、最近、一気に見たアニメは、CLANNAD であり、倍速だと1日で見られるので、便利な時代ですね。

本は、国語の問題を解いている時に、そこに僕はいたに収録されている、新聞少年の歌が読みたくなって、別の世界戦のようなお話ですが、よく石を投げているので、今の時代、石とか投げると、速攻で通報されるのですが、とある国では、犯罪者に石を投げるという、処刑方法があるので、こういうのは参加してみたいですね。

余談の中でも話が逸れているのですが、勉強をすると、ゲームがしたくなり、ゲームをしていると、罪悪感が生じるので、家事とか勉強をして、また、ゲーム…というループにハマっていて、単にゲームだけしていると、飽きるというよりも、虚しさが優先するので、給食の3角食べではないのですが、バランスが重要だと再認識していて、このループの中に、とある事業を入れた結果、スゲー、忙しくなったので、その内、イライラしそうですが、人生のポートフォリオを自分で組めるので、時間の使い方として、何が自分にとって、正解なのか模索しているのですが、お金があっても時間がないと嫌ですし、逆もかなり苦痛なので、嫌な事はしたくないけど、少し、嫌な事を混ぜると、ゲームとかが面白くなるので、ストレスも必要とか、贅沢な遊びですが、マッサージも、凝らないと気持ちが良くないので、ある程度、体と脳には、負荷を与えた方が良いと思っています。

あと、スプラ3は、娘がクリアしていて、エイムと射程距離の管理?がすごくて、もう、絶対に勝てないレベルになっていますが、私のエイムはガバガバであり、唯一、敵キャラ?の動きを観察して、一番、嫌らしい部分にスプラッシュボムを投げ込めるので、打ち合いとか、一切、やりませんし、2対1の状況を創り出す事を優先しているので、スイッチは2台あるので、TVを購入すれば、タッグで遊べるなーと思うのですが、完全に娘のサブウェポンで、従者になって、後方からボムが飛んで来る感じになるので、想像しただけでも楽しいですね。

さて、今週末は競馬は3日開催で、予想家としては憂鬱ですが、がんばっても無駄なので、いつもどおり、予想を配信したいと思っていますので、引き続きよろしくお願いします。

今週も、楽しみましょう。

重賞予想を販売中!