ラジオNIKKEI賞2022 予想オッズ

ラジオNIKKEI2022 予想オッズ

1番人気は、サトノヘリオスですね。

3走まではレコードタイムを連発していて、クラシックでも活躍しそうな馬だったのですが、実際は、あまり強くなかったね…という感じであり、中団から微妙な末脚で追い込んで来る馬で、レースのペースが速くなった時に、他の馬が脱落するのを待つのを得意としていて、悪い意味で相手次第ですが、開幕週の福島の場合、前が残りまくる訳で、人気的にも脚質的にも、あまり買いたくない馬なのかなと。

1800mの持ちタイムも、悪くはないのですが、この馬を買う位であれば別の馬の方が良いので、AIの数値も悪く、人気になるのであれば軽視しても良いと思っています。

2番人気は、ボーンディスウェイですね。

前走の皐月賞は先行しての力負けだった反面、メンバーが強く、悲観する内容ではなかったと思うのですが、前に目標の馬を置いて、先行してチョイ差しの馬であり、福島の馬場と脚質は合いそうで、ハンデも55kgであれば、3連系の軸としてはオススメなのかなと。

11週の間に、どの程度、成長しているのかは謎ですが、近走のレースレベルは高く、右回りの小回りしか走っていない馬であり、左回りは無理そうですが、ここは有力であり、馬券には入れた方が良いと思っています。

1週前の調教は、終い重点というか、ゴール前だけ追われていたので、参考外ですが、悪くない気はします。

3番人気は、ベジャールですね。

毎日杯は単勝万馬券の低評価で、爆穴を空けた馬ですが、1800mの持ちタイムは速く、強い馬だとは思う反面、毎日杯のレベルに疑問が残るので、ドゥラドーデスも、期待されている割に、2勝クラスで古馬の壁に跳ね返されているので、斤量を考えた場合、圧勝してもおかしくないメンバーだったのですが、ベジャールは、今回、56kgであり、かなり見込まれた感じで、この馬も人気になるようであれば、軽視しても良いのかなと。

脚質的に、福島も合わないと思っていて、もう少し広いコースであれば、末脚が活きると思うのですが、今回、この馬を狙う理由はなく、前走を狙えたのか?という話ですが、前走は前走で無理だった訳で、ここで惨敗して、左回りで人気にならない時とか、そこで勝負すれば良い馬だと思っています。

さて、ここからが本題ですが、ラジオNIKKEI賞2022の激走穴馬は…

ショウナンマグマ

ギャンブル性の高い馬で、馬群に入って揉まれると、惨敗が濃厚ですが、逆に、逃げるか先行して、自分の競馬ができた場合、とんでもなく強い馬なので、こういう馬は大好物ですが、丁半博打のようなシンプルな博打が好きであり、バカラとか、確率的に大負けはしない気がするのですが、負けが込むと破滅の道を進むので、その逆を行ける戦術というか精神があれば、勝てるギャンブルだと思っています。

落ち目の方の逆を張れば、勝てそうですよね。

さて、ショウナンマグマは、前走は1枠で内に包まれて、前半は騎手と喧嘩ばかりしていたのですが、徐々にポジションを下げて、最後も全く伸びずに、見せ場のないレースだった反面、参考外だと思っているので、今回、前走が11着で見限られるのであれば、大チャンスなのかなと。

2走前は、逃げての快勝であり、テンのスピードはそこまで速くないので、今回も同型は多く、逃げられなかった時は終わりのような気はしますが、外枠とか、近くに馬がいない状況で追走できれば、力を発揮できる可能性が高く、そこに張れるかどうか?の馬だと思っています。

※ショウナンマグマは、青帽子の4番です。

東京の場合、逃げての逆噴射が怖いので、騎手も思い切って行けない気もするのですが、今回は開幕週であり、前走の敗因は明確だと思うので、無理にでも前に行く可能性は高く、これで中団とか後方からの競馬だと、ゲンナリしそうですが、そこはギャンブルなので、前に行く可能性に賭けている訳で、予想オッズ位、オッズが付くのであれば、全力勝負しても良いと思っていて、久しぶりの心中馬券というか、最近、競馬に対する情熱が0なので、馬券を買うよりもゲームが欲しいのですが、色々と終わっています。

ショウナンマグマは、今回、斤量が53kgであり、ベジャールと対極的な評価になっているので、前走時は、調教も悪く、今回、前走よりも遥かに状態は良さそうで、コース替わりも魅力的であり、ここが勝負所なので、惨敗しそうな気もするのですが、夏競馬ですし、訳の分からない馬から買うのが正解なのかなと。

例年、この時期から9月の終わりまではやる気を失うのですが、今年はさらに酷く、元々、競馬はそこまで好きではないというか、勝てるギャンブルが好きなので、思うように勝てなくなってきたのも原因ですが、AIで自動投票(最近、負けまくってます。)をしていると、アナログで予想をする気になれず、馬券の税金も夢がないというよりも悪夢ですし、競馬でお金を増やすよりも、株とか仮想通貨の方が税法が整備されている分、精神的には良い気がします。

今回のレースは、実績と脚質的には、ボーンディスウェイがオススメであり、正攻法であれば、この馬を軸にしてショウナンマグマで紐荒れ狙いが良さそうですが、馬連とか3連系の馬券を買う場合、資金配分を計算するのが面倒であり、雑に馬券を買っていると、予想が良くても手元にお金が残らないので、シンプルに、ショウナンマグマの単複が良い気がするのですが、近年、3連単の売上も少なくなって来ているので、AI勢が期待値のある部分を狙いまくっていますし、逆に、大きな金額を積めない(数百万とか賭けるとオッズが一気に落ちるので、安易に金額を上げられない。)ので、単勝とか複勝の方が、勝ちやすいと思っています。

最も合理的なのは、予想を販売して馬券を買わないということで、お金が欲しいのであれば、予想家を目指した方が良さそうな気もする反面、ただ、別の事業を起業した方が結果が出やすいと思いますし、ライスワークであれば、就職した方が良い気もするので、競馬の予想販売は、副業が一番なのかなと。

余談に入っていますが(これが本題。)、先日、かなり強烈な方とお会いして、私と同じく、障害年金を受給されている方ですが、一橋大学出身で、人生で自分のやりたいことを追求した結果、ゲームと食事だけが残ったそうで、自炊を極められていて、今の時代、料理のレシピとか、ネットがあればいくらでも集まりますし、TVの料理番組も親切で、放送後に必ずHPで公開されるので、私も時々、プリントアウトしてレシピに追加しているのですが、頭と時間、労力を使えば、おいしい料理はいくらでも作られるので、食事の回数というのは、ある意味、平等な訳で、ここにリソースを全投入するというのは、理想的だと思います。

コロナ以降、からあげのテイクアウトのお店が増えていますが、正直、全くおいしいと思ったことがない(罰ゲームだと思う。)ので、近所の鶏専門店のお店で新鮮なもも肉を買って、その後、ニンニクとショウガ、白だしなどで1日~2日位、下味を付けて、160℃で1回、180℃で2回、二度揚げすれば、確実にお店のからあげよりもおいしくなるので、餃子も似たようなモノですし、チューブのニンニクとショウガを使うのは、邪道だと思っています。(味の質が3レベル位、落ちる。)

近所の鶏専門店のからあげとか、基本的に売れ残りを揚げている(他の店は知らないけど。)訳で、油が汚いのですが、からあげを揚げた後の油というのは、再利用ができなくなる位、汚くなるので、揚げ物をする時に最初にからあげを揚げる人は、少し考えた方がいいですよ…という感じで、廃油がしみ込んだからあげは、食べたくないなと。

時間を掛ければ、おいしくなる訳ではないので、頭も必要になって来るのですが、料理ってゲームに近いと思っているので、ゲームが上手い方は、料理も上手いのかな?とか、勝手に想像しています。

ゲームの方は、ディアブロ3に没頭していて、PS4だとファンの音がうるさすぎて、PS5を買おうかどうか検討したのですが、スイッチを2台、持っているので(間接自慢)、スイッチのディアブロ3を買って、初めからやり直しています。

シーズン報酬を狙った場合、簡単に強くなるので、ハクスラの醍醐味が失われるので、ハクスラで効率的なプレイとか、ゲームの寿命を縮めるだけなので、数十時間に1回、レア装備が落ちればいいな…という感覚で、1,000分の1のパチンコを打っている感じですが、面白いですね。

ディアブロ3の後は、スカイリムの住人に戻ろうかな…と考えていて、一時期、リアルと仮想現実の境界がない位、ハマっていた時期があるのですが、ゲーム内のテキスト(読み物)が多すぎて、例えば、山賊に襲われて、その山賊が本を落として、こういう本を読んでいたのか…とか、想像力が膨らむ訳ですが、リアルの人間よりも、NPCの方がドラマがあるのかな?とか、さすがに、それは言い過ぎでも、死んだ魚の目をして生きている方も多く、話しても興味がないというか、死刑囚とは話してみたいのですが、手紙は検閲されるので、情報に介入されるのは嫌だなと。

人間関係の問題を解決するために、人間関係を断つ方向に進んでいるので、ブログをやめればいいだけの話ですが、世の中に対してウンコを投げられる窓口なので、この窓だけは残しておこうと思っています。

未練しかないですね。

さて、今週も引き続き、よろしくお願いします。

☆有料予想を500円で販売中!