赤津です。

今週末の重賞は面白そうで、フィリーズレビューに関しては、抽選の馬が多すぎるのでスルーする予定だったのですが、レース映像を見ている内に面白そうな穴馬を見つけたので、記事を書いておこうかなと。

話は逸れるのですが、ブログの1記事で、グーグルの広告収入だと、1,000円、行けば良い方なのかなと思います。

youtubeは良く分からないのですが、ブログの場合、1アクセスが0.1円位の世界で、競馬の場合、絶望的に広告主が不在の世界なので、月に30万アクセスあっても、3万位が相場なのかなと。

最近は、広告が嫌われる傾向ですが、正直、趣味でブログを作る方って、相当、変人の部類というか、多少、収益化ができないとモチベーションが維持できない気がするのですが、稀に文句を言う方も居られるので、そういう方は、無言でブロックするのが良いと思っています。

厳密には、アンチの方も貴重なので、ネガティブな評価というのは拡散力があるのですが、仮に、100人にネガティブな情報が伝達しても、その中で1人位は味方が生じるので、そういう方を大切にしていれば、自然にブログとかネットで喰えるようになる気がします。

さて、フィリーズレビュー2020の予想オッズです。

★noteで有料予想を販売中!

フィリーズレビュー2020 予想オッズ

フィリーズレビュー2020 予想オッズ

1番人気は、アヌラーダプラですね。

今回、ルメール騎手が神馬のサートゥルナーリアに騎乗予定なので、三浦騎手に戻るのですが、騎手以前に全く強い馬とは思えないので、仮に1番人気になるのであれば、馬券から消しても面白いのかなと。

単なる好みではなく、前走の内容が微妙というか、4角までは全馬を力でねじ伏せそうな勢いがあるのですが、直線に入ってからはサッパリという内容で、典型的な人気先行型の馬なので、逆らいたいですね。

※アヌラーダプラは緑帽子の11番です。

坂で止まったのか、距離が長かったのか、正直、敗因がよく分からないのですが、前々走は東京の芝1400mを1分21秒0で走っているので、現時点では1600m戦よりも1400mの方が良い気はするのですが、直線番長のような気もするので、前走と同じような感じで4角で外から被せる競馬だと、前の馬を捕まえられないのかなと。

かなり主観が混ざっているのですが、オッズほどの信頼度は皆無なので、特に三浦騎手には恨みも何もないのですが、馬群に沈んで頂ければいいなと思っています。

実績としては、ヤマカツマーメイドが上位で、素直に軸馬で良い気はするのですが、過去のレースで先着している馬は、その後、別の重賞でも上位に入っているので、未勝利戦を突破するまでは地味だった反面、月日を追うごとに能力は増している感じですね。

他には、1400mも1600mも、どちらも好タイムで走っているので、アヌラーダプラの場合、1600mの持ちタイムが地味なので、新馬戦で先着した馬は、芝では、未だに1頭も勝ち上がっていないのですが、馬なりで勝てたのは他の馬が弱かっただけで、前走を見る限り、最後は全く追われていない反面、実力のような気はします。

無観客競馬になって、オイオイ勢が競馬場から消えているのですが、好きな人気馬が走る時は、死ねばいいのに…とか思う反面、嫌いな馬が出走するときは、もっとやれ!って思うので、正直、若い馬でホームストレートからのスタートだと、かなり悪影響がある気がしますが、自分の感情に従って全肯定で生きていると、絶対に病まないようになっているので、自分位、自分のことを褒めた方が良いと思っています。

さて、ここからが本題ですが、フィリーズレビュー2020の激走穴馬は…

◎ デンタルバルーン

抽選対象馬ではないので、間違いなく出走する予定ですが、今回、人気上位馬は前に行きそうな馬が多いので、最も先行力があるのはカリオストロですが、次点でデンタルバルーンだと思っていて、先にカリオストロの話をしますが、前走のラップは綺麗というか芸術的だと思っていて、松山騎手はすごいなと。

正直、ラップはよく分からないのですが、成績の悪い騎手のラップを見ていると、気持ちが悪くなるので、乱ペースだと馬も具合が悪くなるだろうと思うのですが、逃げ馬の場合、同一のペースで逃げた方が馬の負担は少なくなるので、最近、松山騎手と丸山騎手をマークしていますが、結構、お金になる騎手だと思います。

話を戻しますが、デンタルバルーンの前走は、1000mの時点で57.7秒のハイペースで、最後は完全に脚が止まっていたのですが、1400m付近までは持ちこたえていたので、仮に、前走よりもペースが落ち着いて、前残りの展開になるのであれば、2,3着の可能性はあるのかなと。

※デンタルバルーンは、オレンジ帽子の13番です。

中山芝1600mの場合、内枠が有利で外枠が不利なコースですが、スタート直後にかなり脚を使っていて、しかもかなりのハイペースで、絵に描いたように最後は失速と、1200m戦のような内容だった反面、枠などを考えると、レース内容は悪くないと思っていて、タイムもアヌラーダプラの前走よりも速いので、全く人気にならないと思いますが、紐に入れる価値は高いと思っています。

多分、こういう馬の複勝をドカンと買えば、前に行く可能性が特大な分、動画としてはかなり面白い気がするのですが、馬券では損をしたくないので、ピエロを演じる費用としては割高というか、私ではない、他の誰かがやればいいのかなと。

自分と、自分の関係する方だけ得をすればいいと思いますが、先日、私の心の師匠に言い放った結果、とても怒られたので、表面的には偽善を演じながら、棺桶に入るまでの時間を堪能したいと思います。

このレースは、毎年、1番人気の馬が期待を裏切るレースで、去年も逆張りをしたのですが、ノーワンが最速の上りで勝ち、その後は惨敗続きで、実力よりも運で勝つ馬が多い気がするのですが、出世レースとは逆で、このレースに勝っても、その後の成績は不振な馬が多いので、そういった意味ではアヌラーダプラは、ここは負けた方が良い気はします。

ここで勝って桜花賞で惨敗というのが、最近のトレンドだと思っています。

今週末も引き続き、黒の馬券師をよろしくお願いします。

★noteで有料予想を販売中!