出典元:Umazora.com様

赤津です。

ヴィクトリアマイル2020の有料予想は、◎⇒△⇒〇の決着で、配当は安かったのですが、一応、当たりは当たりというか、G1は当てないとダメだと思っていて、私の場合、単勝派なので、◎の精度に関しては拘っているのですが、夏競馬は怪しい反面、クラシックと秋競馬は得意なので、G1の日だけの単発予想とか販売していますので、冒頭から宣伝で申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

⇒黒の馬券師|有料予想|note

さて、早速ですが、オークス2020の予想オッズです。

オークス2020 予想オッズ

オークス2020 予想オッズ

1番人気は、デアリングタクトですね。

桜花賞2020の時点では、過剰人気だと思っていたのですが、桜花賞2020のレースが秀逸というか、着差は0.2秒ですが、道中の動きとかを考慮すると、0.5秒差以上の完勝だったと思います。

※デアリングタクトは、黄色帽子の9番です。

上から目線で申し訳ないのですが、松山騎手は本当に上手くなったというか、向こう正面で、前が団子状態の壁になる場面があるのですが、少し位置を下げて、外側にポジションを変更していて、これが平場であれば、そういう騎乗もできると思うのですが、G1の舞台で、一旦、位置を下げるというのは、余程、馬の力を信じていないとできない芸当で、差し届かなかった場合、レース後に非難されるのは目に見えているので、そういった意味でも、かなり価値の高い内容だったと思っています。

デアリングタクトは、ピッチ走法の馬なので、桜花賞2020は道悪なので勝ったという意見も見掛けますが、先行の2頭が最後まで残っているように、前が有利な展開だった訳で、その状況で異次元級の末脚で、差し切っている事自体、既に化け物だと思うのですが、走法的には東京は割引だと思う反面、他の馬のストライド走法よりも、デアリングタクトのピッチ走法の方が速い気がするので、東京競馬場でも、突き抜ける気はします。

大体、人気馬に関しては、割引材料を探して、ケチを付けるのを生き甲斐にしているのですが、アーモンドアイのような馬の場合、馬券を通し越して勝って欲しいという気持ちが湧くので、デアリングタクトも、一週差で勝てばいいのにとか、間接的に山田騎手をディスっているのですが、分からない方はグーグル先生にお聞きください。

さて、話を戻しますが、デアリングタクトの場合、新馬戦、エルフィンSのラップタイムが優秀で、特にエルフィンSでは加速ラップで圧勝しているのですが、桜花賞2020の時点では、末脚の持続性の高い馬が有利なので、デアリングタクトは軽視していた反面、とんでもない誤算で、今回は素直に評価しているというか、これで負けても悔いがない程、入れ込んでいます。

ヴィクトリアマイル2020と同じく、週初めの時点で軸は決まっているので、紐探しのレースだと思っています。

2番人気は、デゼルですね。

前走は、東京の芝1800mで、メンバー中最速の1分47秒1で走っていて、上りが32秒5であり、人気になるのは理解できるのですが、さすがに2番人気は過剰人気なのかなと。

3月15日がデビュー戦で、2か月でオークスに挑戦する訳ですが、初戦と前走を見る限り、相当、強い馬だとは思うのですが、レースのペースなどを考慮すると、ここは試金石的な意味合いが強すぎるので、10倍以上とかだと驚異的な末脚に賭けたい反面、2番人気だと馬券から切る方が面白いと思っています。

現時点では、力でねじ伏せるという内容ではないので、揉まれた時とか、競り合った時にどうなるのか分からないというか、感覚値で申し訳ないのですが、あまり強さを感じないので、これで圧勝すると音信不通になりたくなりますが、オッズほどの価値は見い出せない感じですね。

スタートの出もあまり良くなく、今の東京の馬場の場合、ある程度、前目に付けられる脚がないと厳しいので、デアリングタクトの場合、仕掛け所で前に行ける脚があるのですが、デゼルの場合、後方一気の脚質が強すぎるので、東京は脚質的に合うとは思う反面、差し届かず4着という場面もあるような気がして、この辺りは完全に妄想ですが、レーン騎手で人気になるようであれば、馬群に沈め馬良いと思っています。

さすがに、3戦目でオークスを制した馬というのは記憶にないので、何度も繰り返しますが、これで10倍以上とかのオッズであれば魅力的な反面、4.7倍とか、冗談が過ぎるので、この4.7倍の馬券を買うのであれば、別の平場のレースでお金を使った方が良いというか、それ位、割高な馬券なのかなと。

NHKマイル2020のサトノインプレッサと同じような心境なので、3番人気に推されていた時に、絶対に馬券を買いたくない馬だと思っていたのですが、13着で惨敗していて、過剰人気の馬が負けるのは好きなので、デゼルが負けることを切に願っています。

1800mのタイムだけだと、ショウナンハレルヤも1分47秒2で走っているので、出走できるかどうか分からない反面、全く人気になりそうにない馬ですが、レース映像を見る限り、不利を受けていることが多いので、抽選を突破した時は、買い目に入れようと思っています。

さて、今回は人気馬の評価が長くなったのですが、ここからが本題です。

オークス2020で激走可能な穴馬は…

◎ マルターズディオサ

桜花賞2020では激走穴馬に推していたのですが、先行して前の2頭についていた結果、最後はバテて1.1秒差の8着だったのですが、今回、前走の結果で人気が落ちるようであれば、再度、狙ってみたいと思っています。

毎回、人気にならない馬なので、穴党としては大好物な馬ですが、戦績的にはレシステンシアと大差ない訳で、仮に、レシステンシアがオークスに出走するのであれば、3番人気以内は確実な訳で、全く参考にならないたらればですが、オッズ的にはおいしい馬なのかなと。

1600mしか走っていないので、距離が…という意見も分かるのですが、クラシックの2400mとか、マイラーが勝っているレースも多いので、距離適性よりも能力の方が重要だと思っていて、アパパネとかウオッカとか、どう考えても2400mは向いていなかった訳で、それでもオークスとかダービーを制しているので、この時期の距離適性は、軽視して良いと思っています。

さて、マルターズディオサに話を戻しますが、今の東京の馬場は、前に行かないと話にならない馬場なので、後方脚質の馬を先行させるのは難しいと思う反面、マルターズディオサに関しては、良くも悪くも先行力は備わっている馬なので、先行力があるというだけでも、買い材料なのかなと。

単に先行力があるだけではなく、新潟の軽い芝で33秒台の末脚も繰り出しているので、密かに、どの競馬場でも好走できる万能型だと思っているのですが、田辺騎手で人気が落ちるのであれば、逆に買いたくなるのですが、デアリングタクトがいるので、ワイド1点の方が、良い気はします。

複勝を買う場合、断然の1番人気の馬が4着以下に沈むかどうかで配当が変わるので、今回の場合だと、デアリングタクトは3着以内は濃厚という予想なので、複勝を買っても、低オッズしか期待できないので妙味は0ですが、単勝も無理があるので、それだったら、2着の馬連、馬単の2着固定、ワイドの3着狙いが、予想を馬券に反映できるという意味では良いのかなと。

最近は、馬券を買うよりも予想の方が楽しいので、当たるかどうかはともかく、予想に対してお金を頂いているので、棺桶に入るまで、競馬の予想は続けていくと思います。

さて、マルターズディオサに話を戻しますが、戦績とか能力的には、クラヴァシュドールと同等な訳で、クラヴァシュドールの方が東京向きのような気はしますが、マルターズディオサの方が、少し前目で競馬ができる分、末脚の性能は劣ったとしても、早目に仕掛けて追撃を凌げる可能性がある分、有利なのかなと。

勿論、クラヴァシュドールの方が人気がないのであれば、評価は真逆になるのですが、同じ価値の商品があれば、金額が安い方を買うのは当然な訳で、ギャンブルの場合、そういう比較をしない方が多いのですが、ただ、自分みたいに金ばかり追うのもどうかなと思っていて、G1位、好きな馬を買った方が良いと思っています。

G1は、年に24~26回位あるので、25万位を予算にすれば、月に2万程度の趣味で、さすがに全敗というのは難しいので、多少、お金は戻って来ると思うのですが、民法で競馬の中継を見ている時に、アディーレ法律事務所のCMが多いので、過払い金ではなく、借金を踏み倒す方法でも指南すればいいのにとか、頭の中は腐っているのですが、お金は借りた方が勝ちだと思っています。

コロナの関係で、知人とか友人の持続化給付金の申請ばかりやっていますが、「今まで、確定申告はしていないのですが、遡って申請できますか?」とか、所得税の時効は善意で5年、悪意で7年ですが、仮に100万を受給したとしても、過去の税金+追徴課税が発生する訳で、「頭、大丈夫なのかな?」とか思う反面、特に、私が困る訳ではないので、助言だけはしています。

残念ながら、私自身の売上は前年に比べると増えているので、青色申告の売上台帳を偽造すれば、100万は受給できる反面、100万は課税対象で、来年度の申告の時に、一時的に売上が減った理由とか聞かれると面倒なので、1か月間、有料予想を無料にして、「コロナの無観客の影響で売上が落ちました!」とか、理論武装も検討したのですが、こういうのは考えるのが楽しいですね。

無観客でPATの登録が20万件以上、増えているみたいですが、この際、競馬場を1か所に統一して、無観客でやれば、馬の輸送とか不要になりますし、騎手の移動とかも楽になるので、競馬場内の飲食の方には申し訳ないのですが、元々、競馬場にはあまり行かないタイプなので、オンライン飲み会のように、自宅を指定席にして競馬を楽しむのが良いと思っています。

今週末も、軸馬予想や勝負馬は無料で公開しますので、引き続き、黒の馬券師をよろしくお願いします。