早速ですが、日経賞2020の予想オッズです。

★noteで有料予想を販売中!

日経賞2020 予想オッズ

日経賞2020 予想オッズ

1番人気は、ミッキースワローですね。

中山の成績が、2-2-0-3/7で、戦って来た相手も強いので、実力は上位だと思う反面、2400m以上の成績が悪いので、有馬記念2019では、オジュウチョウサンに先着を許していたのですが、今回、メンバーも微妙な馬が揃っているので、取捨選択に困る人気馬だと思います。

今回も、横山(典)騎手が騎乗予定ですが、後方ポツンの時は、勝負してもダメだろうという時なので、文句を言う気が起こらないというか、それも含めて予想のような気がしますが、分かりやすいので嫌いではない騎手ですね。

話が逸れたのですが、持ちタイムは上位なので、中山以外の成績も良く、とりあえず馬券には入れておくかという感じで、脚質、中団からの差しとか、後方一気、まくり等、何でもアリなので、ある程度の位置から伸びて来る反面、決め手に欠ける感じなので、かなりヤキモキする馬のような気がします。

こういう馬は苦手というか、勝負したくない感じですね。

2番人気は、エタリオウですね。

岩田(康)騎手が騎乗予定で、3月は岩田騎手の好騎乗を見る機会が多かったのですが、先週も、内側から細い部分を突き抜ける場面があり、良いかどうかは別にして、手綱を引くと確実に負けそうなレースも多かったので、馬券を買っている方としては、爽快だったのですが、好調だと思います。

エタリオウの場合、人聞きが悪いのですが、完全に壊れているような気がしていて、一時期、最後方から追いまくられていたのですが、今回も人気になるようであれば、馬券からは消えて頂いた方が、人気を吸う分、オッズ的においしい気がしますが、大体、ディスると好走するので、ご注意ください。

因みに、昨年の日経賞2019の2着馬ですが、かなり弱いメンバーでの2着なので、微妙な気はします。

さて、ここからが本題ですが、日経賞2020の激走穴馬は…

◎ ウインイクシード

当初、サンアップルトンの持ちタイムと成長力に期待して、屁理屈を用意していたのですが、ウインイクシードの方が全く人気になりそうにないので、今回、松岡騎手から横山(武)騎手に乗り替わりですが、鞍上弱体という意見も多い反面、昨年度の勝ち鞍は、横山騎手の方が多いというか、地味に鞍上強化なのかなと…。

今年の重賞も、2桁人気の馬に3回、騎乗しているのですが、5,6,5着と、中山金杯2020では、マイネルハニーで、0.2秒差の5着で惜しかったのですが、騎手で舐められるのであれば、逆に買いのような気がします。

ウインイクシードの場合、中山の成績が良すぎるので、2-4-1-2/9と、主に条件戦での成績ですが、3連系の馬券の軸にするのであれば、かなりお勧めというか、こういう馬で複勝の大勝負をした場合、ほぼ先行するので、動画的には面白いのかなと。

中山芝2500mの場合、ホームストレートを2回、走ることになるので、映像的には面白そうな反面、そういう馬券の買い方は、どこか知らない誰かがやればいいと思っています。

さて、話が逸れたのですが、ウインイクシードは、中山金杯2020でクレッシェンドラヴに0.4秒、先着しているのですが、今回、斤量差が2kgなくなるので、同等程度の評価で良いのかなと。

予想オッズを見る限り、クレッシェンドラヴの方が人気になりそうなので、クレッシェンドラヴの場合、後方一気の馬で、末脚はかなり切れるのですが、前に行った馬を捕まえられないことが多いので、「最後、よく伸びたけど4着まで!」とか解説されそうな気がして、「無観客なのにお手元の投票券をお捨てにならないように…」とか、理解不能ですが、レース映像を見ていると、何度もあの声が反芻されるので、職業病だと思っています。

全くやる気がないのですが、ただ、馬券的にはかなりおいしそうなレースなので、中山だけは走る!という、極端な理由だけでも、良いのかなと。

前走だけだと、モズベッロがかなり指数的には良い反面、後方に控えると終わるので、中団であれば良績が多いのですが、この辺りは走ってみないと分からないのですが、5倍もあるのであれば、単勝でも良い気はします。

最終的に、オッズから割安か割高かを判断して買うので、昨年までは、10倍以上とか、結構、適当だったのですが、最近は、少しシビアになっているので、土日は本当に疲れるのですが、正直、前例主義の会社で働いた方が、作業を自動化すればいいだけなので、楽なのかなと思っています。

刺激は足りないと思いますが…。

今週末も、黒の馬券師をよろしくお願いします。

★noteで有料予想を販売中!