日経新春杯2019|予想オッズと激走穴馬!|昨年2着の先行馬に注目!

赤津です。

シンザン記念2019の最終予想は、激走指数で予想していたのですが、マイネルフラップが2着で本当に惜しかったなと。

単勝を買っていたので馬券は当たらなかったのですが、結構な数のお礼のメールを頂いたので、こちらこそ本当にありがとうございました。

時々、クソ予想家とか死ねとかのコメントがあるのですが、お褒めの言葉も頂けるので、良かったなと思っています。

因みに、豆腐メンタルなので、コメント欄は閉じさせて頂いています。

さて、日経新春杯2019ですが、4歳馬が5頭出走予定で、人気になりそうですね。

先週の金杯では、パクスアメリカーナを始め4歳世代の馬の活躍が目立っていたなと。

今回も、グローリーヴェイズが人気になりそうですが、懲りずに穴馬を探していきたいなと思っています。

早速ですが、日経新春杯2019の予想オッズですね。

日経新春杯2019 予想オッズ

日経新春杯2019 予想オッズ

出典元:netkeiba

1番人気は、グローリーヴェイズですね。

前走は菊花賞2018で、後方から33.9秒の剛脚で追い込んで来たのですが、時すでに遅しという感じの5着でした。

ただ、今回はデムーロ騎手に鞍上が変わるので、個人的には過剰人気と思っているのですが、多分、普通に馬券に絡みそうですね。

ハンデ戦なので斤量が何kgになるのか分からないのですが、京都新聞杯2018で出走した馬は、その後、古馬との重賞レースでも好走しているので、馬券には入れた方がいいのかなと思っています。

個人的には、あまり強さは感じない馬ですね…。

さて、ここからが本題ですが、日経新春杯2019の激走穴馬は…

◎ ロードヴァンドール

月曜日の時点のオッズですが、約40倍であればかなりおいしいのかなと。

前走は、36週の長期休み明けで+8kgだったのですが、スタートも良くなくまさかの後方ポツンで、レース映像にもほとんど映っていなかったので、横山騎手が、早々にダメだと判断したのかなと思っています。

全22戦の内、初角を2番手以内ではなかったのは、僅か3戦のみなので、今回はさすがに先行するのかなと思っていて、重賞でも先行できる能力はあるので、後方だった場合は諦めようかなと。

横山騎手を買う時点で、既にギャンブルが始まっているような気がするのですが、騎手がダメと思うのであればダメなんだろうなと思っていて、騎手に対して特別な感情は湧かないですね。

話が逸れているのですが、ロードヴァンドールの場合、京都巧者の馬で先行できれば前残りの可能性がかなり上がるので、昨年の日経新春杯2018では逃げてクビ差の2着ですし、G1だとさすがに推せない反面、G2,G3であれば善戦できるのかなと。

※ロードヴァンドールは黒帽子の2番です。

タイムは2分26秒3で、例年の日経新春杯と比較するとかなり遅いので、展開が向いていたという判断もできるのですが、別のレースでも似たような内容で、2~4着が本当に多い馬なので、頭固定というよりも3連系の軸にすると面白いのかなと思っています。

同型としては、4歳のメイショウテッコンがいるので、どちらかが逃げるのかなと思っているのですが、メイショウテッコンの場合、スタート後の2ハロンのタイムがかなり速いので、最終的には枠も考慮する必要はあるのですが、メイショウテッコンの方が先行力はあるのかなと思っています。

アフリカンゴールドが7.5倍ということに、強い違和感を覚えるのですが、2018年の冬はミナリク騎手の活躍が目立ったので、要注意なのかなと。

1番人気が強いレースで過去10年だと複勝率が80%なので、最終的な予想はデムーロ騎手を推奨するかもしれません。

週末までの妄想用としてお使いください。

今週末も、よろしくお願いします^^