根岸ステークス2019|予想オッズと激走穴馬!|休み明けで好走する実力馬に期待!

赤津です。

昨日、単勝万馬券でお勧めの騎手は誰なのか調べていたのですが、丸山騎手ですね。

2015年以降、毎年、単勝万馬券で穴を開けていて昨年は3頭も該当馬がいるのですが、逆に単勝万馬券の馬以外では狙えない騎手なので、人気のない時にこそ紐に入れると面白いのかなと。

100倍以上をベタで買うのも面白そうですが、文字どおりのギャンブルになるので、極端な馬券が好みの方は買ってみて下さい。

因みに、田中健騎手が好きなので、特に小倉競馬場の時は、大体、馬券を買っています。

他の競馬場は分かりませんが、小倉だと芝が上手いなと感じるので、あまり人気になることもないので穴党としては、買いやすい騎手ですね。

初の単勝万馬券は田中健騎手だったので、当時は誰?という感じだったのですが、最近は丸山騎手と共に、毎回、チェックしています。

さて、根岸ステークス2019ですが、良いメンバーが揃ったという印象で、面白そうだなと。

近4年では1番人気の馬が好走しているのですが、今回は抜けた馬がいない感じなので、意外と混戦なのかなと思っています。

早速ですが、根岸ステークス2019の予想オッズです。

根岸ステークス2019 予想オッズ

根岸ステークス2019 予想オッズ

出典元:netkeiba

ケイアイノーテックが4番人気で、データ派としては即切りレベルですね。

NHKマイルカップ2018の覇者で、強い4歳世代ということは理解できるのですが、ダートの重賞戦で斤量が58kgというのは、さすがに他のダート馬を舐めすぎだろうなと。

文字どおりの即切りレベルの馬ですが、ダート適性を見るのにここで使うというのが、正直、意味が分からないですし、人気を吸って頂けるのであれば、オッズ的には嬉しいなと思います。

因みに、過去に前走が芝でダートの重賞に参戦した馬の成績を張っておきます。

重賞レース ダート 前走・芝 2010年以降

重賞レース ダート戦 前走芝 2010年以降

初ダートではなく、前走・芝の馬を抽出しています。

全部で119頭が該当していて、1着が1頭、2着が1頭、3着が2頭で、複勝率は3.3%とかの世界なので、最初から消していいのかなと。

仮に好走しても、オッズほどの魅力がない訳で、今後はダート路線に進むのかなという感じですね。

カレンブラックヒルでも、15着で惨敗していたので、メンバーが揃っていないレースであれば理解できるのですが、結構、良いメンバーが多いですし、斤量58kgというのは無謀な気がします。

ここまでディスっておいて、好走した時は恥ずかしいのですが、単勝万馬券でも買いたくない馬ですし、近2走も全く強いとは思わなかったので、ここは最初から消したいと思います。

さて、ここからが本題ですが、根岸ステークス2019の穴馬は…

◎ モーニン

元々、先行脚質の馬だったのですが、最近は後方一気のレースが多くなっていて、割と好みの馬です。

私の好みはどうでもいいのですが、モーニンも5,6走前に芝レースを走っていて、6走前の阪神カップ2018は、G1級の馬相手に33.7秒の3番手の末脚で6着に好走しているので、能力はかなり高い馬なのかなと。

1200mだと追走に苦慮している感じなので、1400mであれば追走も厳しくなくなり、1400mでは芝でも好走している距離なので、今回は東京コースということもあり、結構、期待しています。

根岸ステークスは、後方脚質の馬の好走が目立つので、サンライズノヴァは芝並の末脚を持っていて、軸馬としてはサンライズノヴァなのかなと。

あとは、位置関係になりそうなので、少しでもモーニンの方が前にいるのであれば、追撃を凌げるのかなという気はしています。

展開予想は完全に妄想なので、ご注意ください。

あと、モーニンは休み明けに好走するタイプなので、2戦目位までは走りますが、3戦目以降は成績が悪化します。

ダート馬の場合、休み明けだけ走る馬が多い気がするのですが、暇な時に調べてみます。

正直、持ちタイム的には強く推せないのですが、今回、明確な逃げ馬がマテラスカイ位なので、後ろからの馬から馬券を組むのが面白そうなのかなと。

最終的にはデータで判断しますが、ケイアイノーテックだけは無印の予定なので、極端な予想になりそうな気もします。

ここは、当てたいですね。

2018年の8月中旬から、重賞の印を打っているのですが、58レースで、馬連(◎⇒◯~注)の成績は的中率が41.4%の回収率が113.3%なので、正直、デキすぎな感はあります。

昨年の秋から、外人騎手に無闇に逆らわなくなってから的中率が劇的に上がったので、心情的には毎回、逆らいたいのですが、逆らう位であれば馬券は買わないことにしています。

もう少し紐を厳選すると、さらに回収率は上がりそうですが、自分自身、2~3番人気の馬を馬券から外す傾向があるので、紐は本当に抜けます。

その反面、穴馬を紐に入れることが多いので、時々、高配当の馬も当たります。

最後は、間接自慢になりましたが、◎の軸馬は自信を持っていますので、引き続きよろしくお願いします。