AI予想を無料で配信中!友だち追加

日本ダービー(東京優駿)2022 予想オッズ

日本ダービー(東京優駿)2022 予想オッズ

1番人気は、イクイノックスですね。

皐月賞2022では、大外枠から外目を追走して、最後の坂を登った時に一気に加速したのですが、その後、競馬をやめている節があり、ジオグリフに差されてしまったのですが、枠と展開を考えると、かなり強い内容だったのかなと。

ダービーの場合、後方一気で上りの速い馬よりも、直線を向いた時に、2~5番目位の位置から、良い末脚を使える馬の方が成績が良いので、イクイノックスの場合、ルメール騎手がある程度、ポジションを取りに行って、前目から鋭い末脚を使えるので、脚質的には皐月賞よりもダービーの方が向いていると思いますし、特に、逆らう理由はないと思っています。

2番人気は、ダノンベルーガですね。

皐月賞では、終始、荒れた内枠を走っていたので、馬場の状況を考えると、強い内容だったと思う反面、逆に、経済コースを追走しての結果でもある訳で、中山は全く向いていなかったと思いますし、東京でこその馬で、人気になるのは理解できるのですが、皐月賞が力負けの可能性もあり、若干、過剰人気なのかなと。

オークスが結局、桜花賞馬は強かった…という内容だったので、ダノンベルーガがサークルオブライフと被るので、別馬なので、関係ないとは思う反面、人気になる構図というか背景は同じなので、やらかす可能性は高いと思っています。

ただ、一週前の調教は、文句がない位、動いていたので、前走が叩きで今回が本番なのは間違いなく、強い競馬も期待できそうなので、下げて上げて、結局、どっちなのか?という話ですが、馬券から切れる訳ないじゃないか!って、かなりえずき君みたいにブチ切れそうですが、ピン子様の逆鱗に触れると仕事がなくなるみたいで、芸能界って大変だなと思っています。

馬券から消す勇気はないですね。

3番人気は、ドウデュースですね。

皐月賞では、最後方からの競馬で、特に出遅れた訳ではなく、意図的に後方にポジションを取っているので、それまで、中団か先行してのレースが多かった分、道中の位置を見て、絶望感を味わった方は多かったと思うのですが、直線の短い中山で、最後方から大外を回して上り1位とか、正直、勝てたレースじゃないのかな…と思っているので、今回も、ポジションを取らずに、後方一気になりそうで、その辺りは、馬券を買う前に、覚悟した方が良いのかなと。

距離に対する不安が大きい馬なので、前走のレースを見る限り、3歳戦の2400mであれば、対応できそうな気がするのですが、前述したとおり、あまりに後方からの馬は、過去、惨敗しているレースなので、仮柵の移動で、内枠の先行馬も残るレースですし、軸にするには、気合が必要だと思っています。

枠と人気次第では、切ろうかなと考えています。

4番人気は、ジオグリフですね。

札幌の洋芝でも、東京の軽い芝でも、直線の短い中山でも、どこでも対応できる馬であり、高速馬場よりも、少し時計が掛かる馬場の方が、適性は高いと思う反面、前走は、最後まで集中力を切らさずに走っていて、気性は良く、好位置で折り合って、最後、末脚を繰り出せる馬なので、例年であれば、この馬が1番人気になっても良いと思うのですが、最近、G1でのオッズが、戦績とリンクしないことが多いので、単勝で5倍もあれば、期待値はかなり高く、何も考えずに軸にしても良いのかなと。

福永騎手も魅力的で、日本人騎手の中では、最も追える騎手だと思っていて、昨年のダービーも、シャフリヤールに福永騎手が騎乗していなければ、横山(武)騎手が勝っていたと思いますし、気迫が伝わって来るので、馬券を買う立場としては、後方からペチペチ、追っても馬が伸びない姿を見せられるよりも、この騎乗であれば、文句がない…と感じる騎手の方が、仮に馬券が外れたとしても納得感があり、騎手で馬券を買うことは、滅多にない反面、某・女性騎手には、1円も使ったことがないので、お金になりにくい騎手は、避けた方が良いと思っています。

過去のJRAのCMで、数km走って、着差がハナとかクビ差とか、そういう表現をしていたのですが、本当にハナ差で馬券が当たるか外れるかが決まってしまうので、この差は、騎手の差だと思っていますし、この差に強い騎手は、福永騎手、岩田騎手、川田騎手、外人騎手であり、一方で、横山(典)騎手の場合、馬に負担を掛けずに、勝てると判断したレースのみ、がんばる…という感じなので、事情は分かるのですが、レースを見ていて楽しくないので、この騎手にも、1円も賭けたくないと思っています。

演技でも、勝とうとして下さい。

5番人気は、オニャンコポンですね。

馬名が面白いので、G1だと人気になりそうですが、皐月賞は力負けな内容であり、東京に替わって、どの位、変わって来るのか?という話ですが、ドウデュースと比較した場合、何度、皐月賞を走っても、逆転できる感じに見えないので、紐要員としても、馬名の分、オッズがおいしくなく、ネタ的に馬券を買って、あわよくば馬券に絡むかも!?と思えるのであれば、別に良いと思うのですが、私は、スロットでも、ノリ打ちができないタイプで、隣同士で高設定とか、お店側としては、置かないでしょ?という感じで、盛り上がりに欠けるのですが、お金を使いたくない馬だなと。

ギャンブル以外であれば、リアルのガチャガチャを、10連ガチャ!とか称して、散財しても平気ですが、お金が戻って来る可能性のある事柄に対しては、相当、ケチな部類なので、スロットとかも、運とか言ってる内は勝てないと思いますし、期待値を積むために、どうすれば良いのか?と考えると、自然に勝率は上がるので、楽しいですか?と聞かれた場合、あまり楽しくないのですが、勝ったお金で、家族と焼肉とか食べていると、とても楽しいので、自分の価値観を明確にしておくというのは、重要だと思っています。

さて、オニャンコポンですが、血統は浪漫があり、父がエイシンフラッシュで、母の父がヴィクトワールピサであり、2010年のダービーの1着、3着馬な訳ですが、私の嫁は浪漫派なので、こういう馬が好きであり、馬券を買わずに楽しめるというのが、最強だと思っています。

正反対の性格ですね。

色々と書きましたが、騎手も含めて、力は足りていないと思う反面、別の意味での買い材料は豊富なので、血統を熱く語る方は嫌いではないですし、レース後に騎手の文句を言ってる方の方が、救いようがないと思っているので、そういう方とは距離を取った方が良い気がします。

さて、ここからが本題ですが、日本ダービー(東京優駿)2022の激走穴馬は…

分からない。

今回、穴馬を探してみたのですが、屁理屈を捏ねるにしても、無理がある馬が多く、レースレベルを考えた場合、皐月賞が豪華メンバーであり、このレースの上位馬で決まると思っているので、1枠に先行馬が入れば、自動的に紐に入れた方が良いと思うのですが、それ以外は、魅力的な穴馬が存在しないのかなと。

例えば、アスクビクターモアとか、1枠に入れば鬼熱な馬ですが、戦績的には、ドウデュースに先着していて、一見、良さそうに見える反面、先行して前で粘る以外、戦術がなく、中山であれば勝負しても良いと思う反面、東京だと、過去のレースを見る限り、先行して目標にされて、きっちり、ゴールの手前で差されているので、繰り返しになりますが、1枠に入れば特攻しても良いと思いますが、それ以外の買い材料が乏しく、穴馬と推奨するには、足りないと思っています。

マテンロウオリオンとかも、変則的なローテーションであり、過去、キングカメハメハとかディープスカイが、NHKマイルから参戦して、ダービーを勝っていますが、かなり厳しいローテーションであり、ダイワメジャー産駒の場合、2000m以上の重賞の成績は壊滅的で、勝ち馬が出ていないので、マテンロウオリオンが、そこまで強い馬なのか?と問われた場合、高速馬場のマイル戦であれば、強そうな気はする反面、ダービーでは足らないのかなと。

ピースオブエイトも、3連勝中の馬ですが、例年に比べると、毎日杯のレベルが低いと思っていて、時計の掛かる馬場で、阪神であれば…という感じの馬であり、勿論、東京でも強かった…という結末もあると思うのですが、この馬を買う位であれば、上位互換のダノンベルーガの方が魅力的であり、新馬戦と2戦目は、有力馬の不利があり、運が良いという意味では、1番の気もしますが、食指は動かないですね。

青葉賞組も、低レベルな一戦だと思いますし、この辺りが馬券に絡めば、高配当になりそうですが、レーン騎手のロードレゼルだけ、抑えておけば、良い気はします。

最後まで、モチベーションが上がらずに、適当な内容になってしまったのですが、あとは、枠と調教を見て、最終的な予想を組もうと思っていますので、最近、真面目に予想している割に、全然、予想が当たらずに申し訳ないのですが、3歳戦の予想は苦手であり、夏競馬はさらに苦手ですが、古馬のハンデ戦とかになると、屁理屈が全開になるので、ご期待ください。

それと宣伝になりますが、本日からプレミアムプランの6月分の募集を開始しています。

5月のメインレースの成績はかなり良かったので、6月も好成績を残せるのかどうかは謎ですが、お申し込みのほど、よろしくお願いします。

⇒プレミアムプラン|6月号

今週末も軸馬予想を始め、大口投票や無料予想を配信しますので、お楽しみください。

重賞予想を販売中!