AI予想を無料で配信中!友だち追加

予想の前に、今回、後輩が中山競馬場に行く関係で、中山競馬場の全レースの予想をさせて頂いているのですが、息子さんも、ウマ娘から、競馬に参入しているようで、穴馬!とか、期待値が高い!とか、意味不明だと思いますし、勝てる競馬より、当たる競馬の方が、長期的に、競馬を楽しめると思うので、私の勝手な押し付けですが、中山なので、先行して、前残りを期待できる馬を軸として、予想を組み立てています。

接待ゴルフならぬ、接待競馬ですね。

中山1R

軸馬は、2番のマジックタッチですね。

新馬戦では、スタートで後手を踏んで、後方からの競馬になり、相手も弱かった事もあり、徐々にポジションを上げて、4角では大外からまくっているのですが、さすがに、大味な競馬であり、最後は、伸びを欠いた反面、このレースは、1~5着までの馬のレベルが高く、3番の、デイズオブドリームの方が、戦績が良く、人気になりそうな気はするのですが、マジックタッチは、532kgの大型馬で、初戦は、仕上がっていない可能性が高く、一方、デイズオブドリームは、410kgで、今回、5戦目であり、上積みは見込めないのかな?という気もするので、2走目の重量級の馬を軸にして、朝一の的中を狙ってみたいと思います。

全然、先行馬じゃないやん、って話ですね。(ただ、前に行ければ、4角でガッツポーズが出る位、確勝クラスの馬。)

内枠の成績が悪いコースなので、一応、外枠の穴馬も探してみたのですが、ヴァルカン位かな…という感じで、無理に、馬券を買う必要はなく、内枠の実力馬から、馬券を買った方が良さそうであり、枠の有利、不利は、あまり考えなくて良いレースだと思っています。

穴馬は、9番のキュベリンで、新馬戦は15着、前走は4着で、着差は、新馬戦で2.2秒、前走が1.8秒で、一見、ダメダメに見える馬ですが、中山のダートの持ちタイムは、1分13秒2であり、マジックタッチよりも、0.1秒も速いのですが、着順と着差で損をする、典型的な馬なので、どの位の人気になるのか謎ですが、戦績だけ見て、切る方が多いのであれば、狙うことをオススメします。

買い目に関しては、軸馬と穴馬を推奨するので、あとは、AIを参考に、馬連、ワイド、3連系など、適当に組み立てれば良いと思っていて、私が買い目を提示すると、そのまま、馬券を買う可能性が高く、それはそれで、面白くなくね?と思うので、禿げる位、頭を使って欲しいのですが、単に、毎レース、買い目を考えるのが面倒なので、あと11Rもあるのか…と思うと、ゲンナリするのですが、マジックタッチは、強い馬だと思うので、まずは、この馬から、的中を狙ってみて下さい。

中山2R

このレースは、2強のレースであり、外枠が有利なコースで、軸馬は、トロピカルタウンで良いと思うのですが、前走は、今年、5勝しかしていない、宮崎騎手が騎乗していて、今回、鞍上は超・強化であり、先行力がかなりあり、安心して、見られる馬と思うのですが、突き抜ける可能性もあり、紐探しのレースなのかなと。

穴馬は、12番のオボッチャマクンで、新馬戦は3着で、2走前は、惨敗、前走は除外であり、とても運が悪そうで、そういう意味では、買いたくない馬ですが、調教がかなり良く、前走の除外で、レース間隔が空いたのが良かった気もして、トモダチ〇コみたいな馬名であり、挨拶代わりに、1万円を頂きたいのですが、実際に、そういう行動を取られると、お金に屈したみたいになるので、友達にはなりたくないですね。

10、16の2頭からの馬券か、16を軸にして、他の印に流せば良い気がするので、オッズがあれば、もう少し、細かい予想もできるのですが、12R分だと、オッズを確認してから、予想の記事を書くのは不可能であり、記事を更新した時点で、レースが終わっている可能性もあり、言い訳三昧ですが、レースの合間に、言葉で遊んでケロという感じなので、人生、楽しんだ方が良いと思っています。

前言撤回で、2強ではなく、1強のレースのような気がします。

中山3R

軸馬は、トロピカルライトですね。

戦績的には、トクシーカイザーが、2,2,3着であり、軸で買われそうな反面、AIは下位であり、レース映像を見ても、着順の割に、何か足りない馬のような気がして、1600m戦だと、先行力はあるので、前残りは狙える反面、頭で買える位、信用はできないので、言いがかりというよりも、難癖ですが、好みの馬ではないのかなと。(個人の感想です。)

一方で、トロピカルライトは、前走の相手が、地味に強く、相手関係を考えた場合、この馬が、一番、強い競馬をしたのかな?という感じで、この辺りは、私の感覚ですが、前走で、エンライトメントには先着していて、このメンバーで、1分34秒9は速く、甲乙、付け難い馬が揃っているので、消極的な軸馬ですが、トロピカルライトをオススメします。

このレースが難しいのが、トクシーカイザーを軸にしようとした場合、前走は、ニシノレヴナントが、トクシーカイザーに先着して、当時、ニシノレヴナントは、単勝万馬券級の評価で、先行馬に厳しい展開だったので、実力差ではないのかな?と思うのですが、弱い馬に、展開で負けた…という見方もできる訳で、トクシーカイザーを軸にするのは、怖いのかなと。

対戦成績を考えた場合、単純な理屈で、トロピカルライトが1番になるので、マーカン騎手は、東京の成績は良いのですが、中山だと微妙なので、結局、このレースは、勘ですが、軸馬は独断で判断しています。

ショウナンアビアスも、人気になると思いますが、新馬戦は、レイベリング以外、かなり弱い馬が集まっていたので、2着の価値は薄いというか、1分36秒の遅いタイムで、経済コースで、最高の競馬で、そのタイムですか…という感じなので、着順で人気を吸うのであれば、大歓迎だと思っています。

中山4R

軸馬は、セイウンパシュートですね。

前走は、スタートで躓いて、その分、位置が悪くなり、相手が、レヴォルタードで、相手が悪すぎた感じですが、今回のメンバーだと、そこまでのレベルの馬は不在であり、前目の位置から、鋭い末脚を使える馬で、追走能力が高く、スタートが上手く行けば、中山だと、先行して、末脚を繰り出して終わり的なお仕事もできそうで、AIの数値は4番手ですが、この馬が抜けているのかなと。

コスモオピニオンとか、軸にしたくなる1頭ですが、使い詰で、馬体重の増加共に、成績も伸びているのですが、レース映像を見ると、とてつもなくズブいので、もう少し、頭を取れるような、鋭さが欲しい訳で、要は決め手がないという事ですが、そういう意味では、セイウンパシュートの新馬戦は、かなり惜しい競馬であり、中山の適性は謎ですが、決め手は持っているので、未勝利戦を突破できる馬だと思いますし、軸で良いと思います。

穴馬は、オッズが読めないので、人気になる可能性も高いのですが、ディアマンテブルーは、新馬戦は、少し期待されていた馬であり、0.9秒差の9着ですが、コスモオピニオンと、遜色ない持ちタイムで、コースとか馬場差があるので、単純に比較はできない反面、新馬戦の期待値を考えると、2走目まで、狙ってもいいのかな?とか、段々、酔いが回って、適当な予想になっているのですが、新馬戦の予想はやめようとか…勢いが無くなっているので、ここで、休憩を挟みたいと思います。

 

AI予想を販売中!