AI予想を無料で配信中!友だち追加

昨日で塾が終わり、塾から配布されたプリントを整理+分析していたのですが、この程度の内容であれば、自分が用意して、解説もできるなーという感じで、冬休みは、授業の進捗状況を確認した上で、問題を用意しようと思っていて、勿論、自分も娘よりも先に解く訳ですが、完全に家庭教師になっていて、楽しいですね。

現時点だと、国語の読解力が弱いので、長文を読むのが面倒くさいらしく、問題文から、すぐに答えを探そうとするので、安易だなーという感じですが、最近の若者?の傾向らしいので、逆に、文章を読み込むことができれば、差を付けられる部分なので、文章を読むコツと、著者の気持ちを、どういう風に掴むのか、理論的に説明しています。

接続詞で、「しかし」とか、「だが」が出て来ると、前述の文章の反論になる訳で、そこに重要な事が書かれている場合が多いのですが、そしてだと順張り、しかしだと逆張りという感じで、まず、大まかに文章の塊を分けた上で、その部分に、何が書いているのかを把握すれば、その後、問題文を読んだ時に、あの辺かな…と当たりが付くようになるので、私の場合だと、この辺りを問題にするだろうなーという感じで読んでいるので、中学生レベルとかだと、ひねくれた問題は皆無であり、私立は知りませんが、公立であれば、色々な子が受験する訳で、正攻法の勉強で何とかなる分、結果も出やすい気がします。

自分の試験も、問題文に、のみ、当然に、又は、かつ、いずれも、直ちに、速やか等の単語が出て来ると、怪しいな…というセンサーが反応するので、仮に、その問題が分からなくても、正誤問題で、誤っている設問を選ぶのであれば、この辺りの単語は正解に繋がって来るので、最後まで諦めずに、勘とか運は、最後の最後!という精神ですが、こういうのも、娘には教えているので、捨てる問題を作ってもいいけど、少しでも正解の確率が上がるように、最後まであがけ!という感じで、将来、公務員試験を受けるかどうかは謎ですが、資格試験などで、この手法はかなり使えるので、慣れて来ると、正答率が上がるので、こういうスキルも便利なのかなと。

こういう本も、オススメですね。

⇒公務員試験マル秘裏ワザ大全

最初から勉強もせずに、この手の本に頼るのは阿呆ですが、どうしても分からない問題に直面した時に、選択肢を見て、ここが怪しい!とか、もう、考えても分からないのであれば、問題作成者の匂いを感じるしかないのですが、勉強をしていれば、こういう無駄なことはしなくて良い反面、覚えておくと便利ですし、悪あがきは好きなので、諦めたら試合終了ですよ、という、安西先生のお言葉は名言だと思っています。

最近は、youtubeの影響で、色々な試験の受験者のレベルが上がっているので、youtubeの講義って、本当にすごいと思いますし、最近は倍速で見ていて、4倍位でも行けるんじゃね?とか、速聴の高速化に挑戦したいのですが、2倍までしか再生されないので、オーディオブックだと、再生するアプリ次第で高速化できるので、youtubeの音源をMP3に変換して、それをアプリで再生すればいいのかなーとか、どうでも良いことに頭を使うのが好きですが、理論上は可能なので、時間がないのであれば、隙間時間を有効に活用できるように、工夫すれば良い気がします。

私の場合、時間がありすぎるので、試験貴族というか、分からない問題に直面した時に、贅沢に時間を使って、楽しみながら理解を深めているのですが、試験に合格できなければ、あと1年以上、また、学べるなーという感じであり、終わって欲しくない…という想いが強くなっていて、クリアしちゃダメだ!とか、受験しなければいいのかなとか、敵前逃亡ですが、それはそれでも良いと思っています。

頭を使うのって、最高ですよね。

ゲームの方は、ダークソウルが、かなり上手くなっていて、もう、パリィは自然にできるようになったというか、体が勝手に動くぜ!状態であり、乱戦でも反応できているので、練習あるのみだなーと思うのですが、ダークソウル3だと、タイミングがシビアになっていて、全然、ダメじゃん!というか、エルデンリングはさらに、パリィができないので、途中、ブラッドボーンを楽しんでいたのですが、この辺りが私の限界のようで、この先は修羅の道のような気がしています。

来週からは、SEKIROを購入して、全キャラを、一度はぬっころす作戦で、理想は、USBのセーブを駆使して、文字どおり、誰もいなくなった状態にするのが良いのですが、さすがに1週目だと、それは無理(キャラのレベル上げとかスキルを習得できない。)であり、2~3週目だと、可能かな?という感じで、膨大に時間が溶けそうですが、楽しくて仕方がないので、アホな計画を練っています。

競馬の方は、もう、AIで自動的に投票できる環境を構築しているので、人間様の出番はない状態であり、微増しているので、この辺りで複利を狙うと、リスクは大きくなる反面、資金は爆発的に増えそうですが、爆発的に失う可能性も高くなり、それだったら、微増、微減の方がいいかなーという感じで、以前は欲まみれだったので、億に届くまでリスクを取り続けるぜ!の精神だったのですが、仮に億に到達しても、何ら、私の生活は変わらないというか、お金で物事を解決する場面が増えるのは、人生の楽しみの機会損失だと思っているので、試験だと、高額の予備校に通えば、ある程度、勉強方法が最適化されている気がするのですが、独学で試行錯誤して、自分で情報を集めた方が楽しいですし、海外旅行とかだと、大量にお金は必要になる反面、スイスとカナダ以外、全く興味がなく、永住しないのであれば、行く必要もないかーという感じであり、まるちゃん製麺を食べられなくなることの方が、私にとっては重大であり、セブンのおにぎりも捨てがたく、お金を積めば、海外でも日本食を維持できる気がする反面、罰ゲームな訳で、今の環境を維持できれば、大きなお金は必要ないと思っています。

因みに、ミニマリストの年収150万位でも生活ができる!というのは、違うんじゃない…と思っている(絶対に、友達になりたくない。)ので、最低限度の収入というのは、世帯年収で1000万位ですが、40歳以上で共働きであれば、そこまで難しい数字とは思ってないですし、新卒で年収500万は、仕事次第では、達成可能だと思う反面、それなりのスキルが必要になって来るので、40代で500万位だと、年功序列の分、難易度は一気に下がりますし、何らかのスキルは獲得している訳で、地方でも、その位は何とかなる気はします。

独身で実家だと、年収は300万もあれば、貴族ですね。

お金が余り出すと、投資とかギャンブルで、お金の増減を楽しむだけになるので、ギャンブルで負けた時に、このお金があれば、〇〇が買えた!とか、ギャンブル前に、そう思ったとしても、絶対に買わないと思うのですが、欲しい物は、加齢と共に少なくなって来るので、私の場合、知識欲を満たす方向にシフトしているのですが、人によっては、永遠に絵を描きたいとか、コスト0で、最強の泥団子を作る!とか、色々な方が存在するので、1000円を上限に、毎日、食べ歩くとか、そういうのも面白いと思いますし、アイデア次第と思っています。

冷静に考えると、貧乏だった時の方が夢はあった気がして、100万欲しい!とか、結構な頻度で思っていたのですが、今だと、100万あっても、人生が変わる訳でもないし、別にいいかな…という感じなので、宝くじに夢を見られる方が、少し羨ましく、マウントを取るなという感じですが、控除率を考えると無理ゲーすぎるので、抽選の過程も面白くないですし、それだったら、競馬でいいんじゃない?という感じなので、お金を失うのが前提であれば、楽しんだ方が良いと思っています。

脳汁って、本当に高いですよね。

さて、いつのまにか金曜日なので、競馬の予想をがんばります。

今日も一日、楽しみましょう。

重賞予想を販売中!