昨日は夏期講習の塾を探していて、近所の大手塾だけはダメだろうなーという感じで、入塾時にクラス分けをすると、ハイクラスの講師は優秀でも、下位のクラスはポンコツであり、応用問題が分からない場合、補習で料金を頂くというシステムに見えるので、言葉は悪いのですが、箱の中で仕分けしているだけの話であり、成績が悪い子は成績の悪いままだろうなと思っていて、穿った見方の部分もあるのですが、何だかなと。

娘の同級生で、その塾に小学1年生から通塾している子がいるのですが、成績は悪く(ガチで何やってるの?と思う。)、家庭学習の環境を整えた方が良いのかなーという感じで、模試とかも、公立高校の過去問を手に入れて、都道府県によって難易度は異なるのですが、似た形式の問題も多く、九州の全県の問題を収集しておけば、私立以外の対策としては、充分な気はします。

娘と相談した結果、夏休みが長く、手持無沙汰になるので、自習室でも良いので、自由に通える場所が良いという希望であり、自宅の場合、時間を持て余すので、夏休みとかなく、早く学校が始まれば良いという感覚で、正直、変わってるな…としか思わないのですが、私も変わっているので、仕方がないのかなと。

夏休み位、祭りとかに行って、頭、パッパラパーでも良いと思うのですが、想像以上に真面目というか、現実主義なので、親バカで申し訳ないのですが、最近、感心したのが、学校の定期テストで、出題範囲が決まっているのであれば、解くのは簡単だけど、範囲が広くなって同じ問題を解ける自信がないので、それを克服するために、定期的に復習は必要…的なことを言ってて、もう、教えることないんじゃない?という感じで、独学大全でも渡しておけば、勝手に学んで、人生を設計し始めるような感じになっています。

結局、学童保育みたいな場所で、あとは勝手にがんばってね♪形式の塾で良いので、再度、その条件で探していて、2~3件、良さそうな塾があり、条件に合うかどうかは、明日以降、確認する必要があるのですが、リサーチは本当に勉強になるというか、大手の方が良い!というバイアスに掛かりやすいので、内情とか実情を調べていると、塾の看板になるような生徒にとっては、楽園に近いと思う反面、成績が悪い子は養分だろうなーという感じで、社会の縮図を見ているようで、塾長の理念って、本当に重要だな…という感じで、この際、人間性で吟味して、あとは勘に賭けたいと思っています。

改めて、「塾とか必要ないんじゃない?」と思っていて、夏が過ぎれば辞めると思うのですが、ただ、継続したければ、それはそれで良い気がして、地頭は悪くなさそうなので、この辺りで手放しても、大丈夫のような気がします。

さて、前回の日記の最後に、ハット・リバー公国の名前を出したのですが、1970年に建国された国?であり、国民が約30人位の国で、観光業が盛ん?な国だったのですが、コロナでその収入が途絶えて、現在は消滅している反面、国際法の穴を付いて作られた国で、発想が豊かで面白いなと。

バチカン市国は、ミニ国家と認められているので、世界で最も面積が狭い国ですが、ディズニーランドよりも少し狭いので、1日か2日もあれば、余裕で観光できそうですね。

日本も、淡路島がパソナ国になっているのですが、地元の方って、どういう気持ちなんだろうなーと、余計なお世話ですが、給与の大部分は搾取される反面、お金を頂きながら、2年間、研修を受ける施設だと思っているので、専門学校に行くよりも、マシなのかな…と思うのですが、ただ、そこで学んでも、その後、大した活躍はできそうにないので、行く所がない方が行く所だと思っています。

イメージ的には、職業訓練校に近いのですが、前述した塾と同様、ハイクラスな人材が働いているとは思えないので、ディスるなという感じですが、確率の問題であり、中学校の若手の先生の方が、優秀な気はします。

今の学校って、本当に親切な先生が多く、私が中学生の時とか、社会の授業で、シャーペンのカチカチ音が嫌いという先生がいて、故意に連射していたら、文字どおり、張り倒されたのですが、私が悪いとは思う反面、恐怖政治みたいな雰囲気であり、学生帽を被らないだけでビンタとか、親友のY君とか、生活指導室でボコボコにクラされて、顔がアンパソマソみたいになっていたので、その後、卒業リンチで、先生のお宅を訪問していたのですが、懐かしいなと。

昭和時代は、確かに緩くて面白い部分もあったのですが、ヤニカス祭りで、電車内とか、病院の待合室でも煙草を吸っていたので、JR構内の痰壺とか、スネークマンショーを思い出してしまうのですが、何が面白かったのか、本当に謎ですね。(好きだけど…。)

当時、MP3にして、通勤途中で聞いていたのですが、もう25年前の話で、時が過ぎるのが早すぎるというか、もう7月ですが、人生も後半に入っていますし、気づいた時には棺桶だと思っています。

一体、何度目の人生なんでしょうかね。

生まれ変わりは、宗教的な背景もあるのですが、一応、信じている反面、生まれ変わっているというよりも、元々、1つの存在が、何度も役割を変えて、演じているという風に捉えているので、「頭、大丈夫ですか?」という感じですが、他人=自分と同じ存在と感じれば、ストレスも少なくなる反面、文句を言われるとブチ切れそうになるので、悟りの境地には達せないと思っています。

さて、今日も一日、がんばって参りましょう。

☆有料予想を500円で販売中!