赤津です。

このレース、人気になりそうな馬が強そうだなーと思っていたのですが、各馬の戦績を見ている内に、おいしくない?と思い始めたので、急遽、予想記事を書くことにしました。

人気馬が強いレースは、正直、予想をする気が失せるので、強い馬の強調材料とか、パンには小麦が入ってます!(米粉もあるけどね。)とか、そういうのを叫んでいる気がして、知らない誰かがやればいいと思っています。

早速ですが、マイラーズカップ2022の予想オッズです。

マイラーズカップ2022 予想オッズ

マイラーズカップ2022 予想オッズ1番人気は、カラテですね。

前走の勝ち馬は、パンサラッサであり、あの馬は小回りだと現役馬の中でも最強クラスの逃げ馬で、実質、1着のレースだと思うのですが、カラテ+菅原騎手は、かなり信頼できる組合せで、この馬の癖を完全に理解している気がするので、逆らう気は全くなく、一週前の調教も動いていて、AIの数値も高く、軸にするかどうかは、現時点では判断できないのですが、中山よりも阪神の外回りの適性の方が高いと思うので、死角は少ない馬だと思っています。

2番人気は、ホウオウアマゾンですね。

阪神の成績は、2-3-1-2/8で、昨年のマイルチャンピオンシップは、好メンバーが揃っていて、右回りのマイル戦だと、とても逆らいにくい馬であり、先行して良い末脚を繰り出すので、東京だと買いたくなくなるのですが、人気になって当然なのかなと。

ただ、今回は阪神の外回りなので、内回りだと脚質的に、有利だとは思う反面、外回りだと、そこまでの優位性は感じないので、惨敗してもおかしくない理由はあり、毎回、最後は失速しているので、凡走する方に賭けるというのも、面白いと思います。

こういう馬から複勝で特攻すると、良い部分しか見えないので、盲目馬券になりそうですが、負けが込むとおかしくなるので、投資とかギャンブルは、手法よりも、メンタルが重要だと思っていて、余計な馬券は買わない方が良い気がします。

3番人気は、エアロロノアですね。

この馬も阪神巧者で、阪神の成績は、4-1-1-2/8であり、決め手は抜群であり、前走は本当に強く、直線を向いてからは、他の馬は懸命に追っているのですが、この馬は馬なりで、仕掛けてからは1人旅であり、余力しかないな…という感じで、ホウオウアマゾンよりも、この馬の方が阪神の適性は高く、軸にするのであれば、この馬かなーという気はしています。

前走の相手は弱かったと思いますが、接戦で勝っている訳ではなく、11週の休み明けであり、叩き良化型だとも思うので、今回、前走よりもメンバーは強くなる反面、上積みの分、好レースに期待できそうで、完全に妄想ですが、こういう馬は、単勝で買ってみたいですね。

さて、人気馬は、エアロロノア以外、あまり興味がないのですが、マイラーズカップ2022の激走穴馬は…

ダイワキャグニー

特攻案件だろうな…という感じの馬で、複勝をドカンと賭ける時に、意識しているのは、前に行く馬であり、複勝のオッズが2倍以上、あとは、持ちタイムが速く、その他のデータも良い馬ですが、今回、ドハマリの条件で、しかも三浦騎手でオッズが嫌われるので、諭吉様を用意しようかなーと、わくわくしています。

この馬の戦績を見た時に、着順は、新しい方から、15、2,8、4,11,4で、2走前だけ穴を空けていて、今回は無理だろうなーと思われると思うのですが、前走の15着はダートで参考外ですし、3走前の8着もダートなので、無視していいのかなと。

5走前は安田記念の11着であり、それを考慮すると、芝のG1以外の重賞では、2,4,4着となるので、今回、2走前の斤量よりも、1.5kg、軽くなり、条件は、騎手以外、かなり好転するので、こういう馬と勝負するというのは、面白いと思います。

あと、阪神の成績は、0-0-0-1/1で、一見、ダメに見えるのですが、昨年の同レースは4着なので、エアロロノアにも先着していますし、勿論、年齢的な問題とか、エアロロノアの成長力を勘案すると、厳しい気はする反面、あれ?…、2走前の京都金杯では、エアロロノアより1.5kg、重い斤量を背負って、完勝しているので、書けば書く程、魅力的な馬ですが、4走前の毎日王冠も、大阪杯を制したポタジェと半馬身差ですし、AIの評価も4番手位で、ハナ差4着という結論もありそうですが、絶好の穴馬なのかなと。

netkeibaのダイワキャグニーの掲示板を見ていると、馬のことよりも、三浦騎手のことが多く書かれていて、とても人気がない騎手ですが、今年の平場の成績は、芝は複勝率が34.5%で、回収率は109%もあり、穴を空けているなーという印象なので、4月は、2回に1回、馬券に絡んでいるので、調子が上がっていますし、繰り返しになりますが、騎手で嫌われるのであれば、大歓迎なので、複勝で5万位、賭けてみようと思っています。

ダイワキャグニーは、元々、かなり気性に問題がある馬で、毎日王冠2020の前に、セン馬になったのですが、その後も気性は前向きというか、相も変わらず荒く、安田記念でも逃げられる脚を持っている訳で、今回、この馬よりも先行力がある馬は皆無であり、書いている内に、段々、自己催眠に掛かって来るので、今、馬券を投票できるのであれば、複勝に5万、ポチリとしたいのですが、大外枠が不利なコースなので、それ以外であれば、特攻というなの散財を試みたいと思います。

これだけ煽って、実際のレースは、冷静に、別の馬を買っていることも多いので、信用しない方がいいのですが、末脚自慢の馬が揃っていて、マークはかなり甘くなりそうであり、先週の阪神の馬場は、相変わらず前が止まらないので、毎回、同じことを書いている気はしますが、勝負する時は、前からの馬がいいのかなと。

末脚神話みたいなのがあって、33秒台はすごい!とか言われても、最後方で、直線だけ全力であれば、逆に、33秒台で走らない方がおかしい気がして、全体のタイムとラップとか、それを考慮した上での33秒台であれば、すごいなーと思う反面、数字だけを見て、即、判断とか評価というのは、競馬以外でも危ないと思いますし、今の時代って、何でもインスタント化していて、脊髄反応を起こしやすく、バカな方って、死ぬまで馬鹿なんだろうなーと思っているのですが、口が悪くなり始めたので、この辺りでやめておきます。

ああ、一つだけ。

ウクライナに千羽鶴を送るというのが話題になっていて、面白いなーと眺めているのですが、私は、送っても良いと思っていて、その行為で自分の気分が高揚するのであれば、別に、ウクライナの方がどうなっても良いというか、偽善でも気分が変わるのであれば、相手のこととか無視して、やればいいのかなと。

アドラー心理学では、他者貢献感というのが重要視されているので、合理的な行動と幸福感って、基本的に関係ないと思っていて、相手が感謝するとか、迷惑というのは、千羽鶴に関しては、考える必要がなく、ボランティアとかも、相手不在で、自分だけが良い行いをした!と思い込めば、それが正解だと思っています。

広島の原爆関係の千羽鶴とか、焼却費が1億以上という話(ソースは不明。)で、金銭的には、無駄以外の何者でもないのですが、その1億で、日本中の方が、良い気分になっているのであれば、安い金額なのかなと。(雇用も生んでいると思う。)

パチンコとか馬券も、気分を買っている訳で、そういうモノに対して、合理的な意見は必要ないというか、パチンカスとか言われても、特に、何も感じない(あなたは人間ですね、と言われる感覚に近い。)訳で、自分の気分が変調することに期待して、お金を使っているので、千羽鶴の場合、コストは折り紙と労力位なので、それで良い気分を買えるのであれば、安い気はします。

ウクライナとか、本当にどうでもいいですし、ダイワキャグニーの馬券の方が、私にとっては重要なので、人としては終わっている気はしますが、毎日、とても楽しいので、人生は成功していると思っています。

千羽鶴、着払いで送ればいいと思います…。

今週末も引き続き、よろしくお願いします。

☆有料予想を500円で販売中!