@赤津です。

本日から、南関競馬の軸馬予想をツイッターで無料で配信しているのですが、中央競馬に関しても、週末から、黒の馬券師のブログで公開予定なので、馬券の参考にして頂けると幸いです。

⇒黒の馬券師|ツイッター

さて、今週末は、重賞が3つ開催される予定ですが、毎日王冠2019は少頭数で、馬券的には面白くないのかなと。

一方、京都大賞典2019に関しては、有力馬が多い反面、伏兵の馬も多いので、今回、人気的に盲点になっている穴馬を、最後に紹介させて頂きます。

早速ですが、京都大賞典2019の予想オッズです。

☆新規会員募集中!

京都大賞典2019 予想オッズ

京都大賞典2019 予想オッズ

出典元:netkeiba

1番人気は、グローリーヴェイズですね。

前走の天皇賞2019では、4角からフィエールマンと叩き合いの形になり、最後はクビ差で負けたのですが、3着以下の後続馬とは6馬身も離れていて、かなり強い内容だったのかなと。

今回、戸崎騎手からデムーロ騎手に代わる予定ですが、デムーロ騎手が騎乗した場合、3-1-0-0/4で、連帯率が100%な訳ですが、京都コースも、1-2-0-2/5と、そこまで相性は悪くないので、軸馬にするかは別にして、馬券には入れたい1頭ですね。

2回の着外は、4着、5着で、特に京都が苦手という感じもなく、全てのレースで0.5秒以内の成績なので、複勝でドカンと賭けると、ゴール前で脳汁が出そうな気はしますが、レース当日の大口投票は、以下のような感じで記事にしていますので、大きく勝負したい時は、参考になるのかなと思っています。

⇒大口投票|スプリンターズステークス2019

2番人気はエタリオウで、近2走は1秒以上の負けで、共にG1戦なので、着差は仕方がないと思います。

今回、15週の休み明けですが、10週以上の休み明けの成績は、0-3-0-0/3なので、新馬戦は4着に敗れている反面、休み明けが割引になるタイプではなく、逆に、疲れが取れた状態の方が好走する可能性が高いので、馬券からは切りにくい感じですね。

オッズ的には2強ですが、伏兵も多いレースで、穴党の出番はありそうですが、最近、週初めの予想が全く当たっていない反面、最終的な重賞予想は当たっているので、結局、私のアナログ予想に価値はない反面、データ予想の価値は高いのかなと。

今週末も、土曜日の重賞予想は、無料で公開する予定なので、よろしくお願いします。

さて、ここからが本題になりますが、京都大賞典2019の激走可能な穴馬は…

◎ ノーブルマーズ

人気的に、かなり盲点の穴馬で、5走前の日経新春杯2019では、グローリーヴェイズと0.2秒差で負けているのですが、ただ、当時の斤量はグローリーヴェイズが55kg、ノーブルマーズが56kgで、1kg、ノーブルマーズの方が重く、今回、斤量差が逆転するので、逆転も可能なのかなと。

末脚が切れるタイプではないので、毎回、惜しい競馬が続いているのですが、宝塚記念2019も、着差は1.6秒で負けている反面、先着を許した馬は、G1でも上位の馬ばかりで、エタリオウには先着しているので、人気にならないのであれば、かなり面白い1頭だと思います。

他の強調材料としては、休み明けは走らず、叩き良化型ですが、今回、休み明け4戦目で、前走の小倉記念2019も0.1秒差の僅差の負けで、もう一段階、上積みはあるのかなと。

この辺りは、完全に予想ではなく妄想ですが、徐々に良化していくタイプなのは間違いがなく、実績の割に低評価なので、このまま人気にならなければ良いと思う反面、それだったら、ブログに書くなって話です。

最後に、京都芝2400mの枠番別の成績表を張っておきます。

京都芝2400m 枠番別 成績表

京都芝2400m 枠番別 成績表

少しサンプルが少ないのですが、内枠が有利で大外枠が不利、ただ7枠は悪くないという感じですね。

特に2枠に関しては、複勝率が高く、回収率も高くなっているのですが、2010年にロードキャニオンが、2枠から単勝万馬券の穴を空けているので、回収率が高くなっている感じです。

ただ、それを除いても、10番人気以降の馬の激走は目立つので、狙っている爆穴が2枠に入った場合、誰にも言わずに、密かに狙うのが良いと思うのですが、私の場合、人に言わないと気が済まないので、守秘義務は守る反面、口は軽いので、組織で働くのは無理だと思っています。

時々は、JRA様の悪口を言いたいので…。

さて、今週末も、鉄板軸馬を始め、大口投票などの情報を配信していきますので、引き続き、黒の馬券師をよろしくお願いします。

☆新規会員募集中!