競馬 おすすめ 無料 ブログ

 

赤津葉月です。

 

アイビスサマーダッシュ2018とクイーンS2018は共に1番人気の馬が勝利して、ディアドラダイメイプリンセスも強かったですね。アイビスサマーダッシュ2018は、ラブカンプーの単勝で勝負していたのですが、1000mの直線競馬で1馬身差であれば、完敗なのかなと思っています。ただ、今後もデムーロ騎手の1000mはお勧めですね。

 

さて、小倉記念2018ですがこのレースは1番人気が勝てないという呪いがあるレースなので、1番人気が勝ったのは2005年のメイショウカイドウが最後で、それ以降、1番人気の成績は低迷しています。2014年以降は3着以内にも入っていないので、馬券から消すのもありなのかなと。

 

過去10年の配当も以下のとおりで少頭数でも荒れる時は荒れるので、好みのレースですが、過去に1度も当たった記憶がなく本当に難解なレースだと思っています。

小倉記念 過去10年 配当データ

小倉記念 過去10年 配当データ

 

3連単だとほぼ100万馬券に近い配当で、近年では2016年に11番人気のクランモンタナが勝っていて、鳴尾記念が13着からの巻き返しだったので、当時、こんなの絶対に当たる訳ないだろうと現地の記憶が蘇ります。基本的には前に行った馬で決着するのですが、逃げ馬は大体、途中で力尽きるので好位を追走できる馬がお勧めです。

 

次に、小倉記念2018の出走予定馬から、1番人気の馬の不安材料と穴馬の好走材料を探していきます。

小倉記念2018 予想オッズ

小倉記念2018 出走予定馬 予想オッズ

出典元:netkeiba

 

1番人気は、トリオンフですね。

 

少し意外ですが生粋の小倉巧者の馬で、今年2月の小倉大賞典2018では0.4秒差で完勝しています。前走の鳴尾記念ではストロングタイタンには負けているのですが、他の馬を寄せ付けない競馬だったので普通に強いと思います。

 

小倉競馬場は、2-1-0-0/3なので、条件戦から重賞まで勝っているのでコース適性は高いと思います。あとは1番人気の呪いですが非科学的なので、あまり書きません。ただ、何となく決め手に欠ける印象を持っているので、善戦しても掲示板までなのかなと思っています。

 

2番人気は、サトノクロニクルですね。

 

近走は3000mなどの長距離のレースが目立つので、今回、一気に距離が短縮されるので速い流れに対応できるのかどうかがポイントだと思っています。デムーロ騎手がストロングタイタンではなくこちらの馬に騎乗するので、気になって仕方がないのですが。

 

因みに、ストロングタイタンにはアヴドゥラ騎手が騎乗予定ですが、アヴドゥラ騎手は豪州で若手騎手の中で№1の実力で、27歳で約1000勝を挙げている怪物騎手みたいですね。

 

正直、アヴドゥラ騎手に関しては評価できる材料を持っていないので、土曜日と日時曜日の平場に騎乗予定であれば、じっくりとレースを観察してみたいと思います。豪州の成績はボウマン騎手と同等のレベルですね。

 

さて、ここからが本題ですが、小倉記念2018のお勧めの本命馬は…

◎ サンマルティン

 

今回は穴馬を探したのですが、荒れるレースと分かっていてもサンマルティンを逆転できる馬はいないのかなと思っています。昨年の小倉記念2017では、スタートはあまり良くなく初角では後方から3番手の位置に控えます。

 

その後、向こう正面から徐々に進出していき、4角では大外からまくって直線を向いた瞬間に勝った!と思ったのですが、内側の経済コースを走っていたタツゴウゲキにハナ差で差されるのですが、正直、ほぼ同着のような内容だったのではないのかなと。

 

そもそも、道中でかなり脚を使っていると思いますが、最後もかなり伸びているので小回りコースでも魅力十分なので、個人的にはハンデ次第では圧勝まであると思っています。

 

※サンマルティンは緑色の帽子の8番です。

 

サンマルティンの弱点は、出走後に疲労が残るタイプのようで連続して出走できない点ですが、前走の都大路S2018からは約3か月空いているので、ローテーション的には悪くないのかなと思っています。

 

この都大路S2018の内容もかなり強く、2着馬は函館記念2018を制したエアアンセムであり、最後方から内側で脚を溜めてから直線を向いてからは運良く前が空いたのですが、仮に前が塞がっていたとしても最後の加速力を見る限り、馬券には絡んでいたと思いますし、他の馬の上りが34秒台の中、1頭だけ33秒3の上りで別次元の末脚なのかなと。

 

※サンマルティンは黒帽子の2番です。

 

頭が高い走法で気性がかなり難しい馬みたいですが、オルフェーブルを制御した池添騎手には合っている馬だと思っていてレース間隔が広いので、なかなか多くのレースに出走できないのですが、今回のメンバーの中では能力は抜けていて他の人気馬を買うのであれば、サンマルティンに資金を一極化した方が面白いのかなと思っています。

 

不安材料としては良馬場でこそ真価を発揮する馬だと思うので、雨が降ると割引なのかなと。ただ、月曜日の時点では週末の小倉競馬場の天気は晴れが濃厚なので、道悪にはならないと予想しています。

 

先週の土日(7月28日~7月29日)では芝2000mのタイムが未勝利戦でも2分を切っていたので、高速タイムでの決着が予想されます。昨年の小倉記念2017は1分57秒6だったので、タイムは速ければ速いほどサンマルティンに有利になるのかなと。

 

勿論、スローでも瞬発力が非凡ですし後方脚質の馬の中では展開に左右されにくい馬なので、1着か着外という分かりやすい成績も魅力的ですね。走らない時は全く走らないので、その辺りも気に入っています。

 

段々と自分の趣味が予想に入っているので、サンマルティンに関してはこの辺りでやめておきます。

 

それと、枠順の有利、不利に関しては以下のとおりです。

小倉記念 枠順別 成績表

小倉記念 枠順別 成績表 過去10年

 

死に枠は1枠で、過去にスマートギアナリタクリスタルが1番人気でこの枠に入っているのですが、3着と6着だったので人気馬が1枠に入った場合、割引が必要なのかなと。

 

ただ、小倉芝2000mのレースを全体で考えた場合、極端に1枠の成績は悪くないので、そこまでマイナス材料ではないのかなと思います。大外枠は頭数が多い割に複勝率が高いので、8枠に人気のない馬が入った場合は加点材料ですね。

 

それと、小倉記念は謎の馬が爆走するレースですが、唯一、1000万条件から出走する馬の成績は悪いので、無条件で馬券から切るのも有りなのかなと。

 

今回、対象となるのはエーティーサンダーですが、さすがに斤量の恩恵だけでは逆転は不可能なのかなと思っています。

 

小倉記念のローテーション別の成績表も貼っておきます。

小倉記念 前走レース別 成績表

小倉記念 前走別 成績表 過去10年

 

七夕賞から出走する馬が多いのですが、勝率は6%で複勝率が18%と頭数の割には数字的にはあまり良くない印象ですね。新潟大賞典からの出走馬の成績は良いのですが、残念ながら今回は対象馬は0です。

 

1600万条件から出走する馬の成績も悪くないので、注意が必要なのかなと。今回は、マウントゴールドキョウヘイが対象となります。キョウヘイは道悪の鬼だと思っているので、今回よりも馬場が渋った場合か阪神で買いたい馬ですね。

 

今回も色々と書きましたが、少頭数でも荒れる時は荒れるので、1番人気を軽視して馬券を買うのが良いと思います。サンマルティンが1番人気になった時は、1番人気が勝てない呪いを解いて欲しいと思っているので、全力で応援する予定です。

 

今週は変な台風が日本列島を横断していますが、暑さも続きそうなので熱中症にはご注意ください。

今週末もよろしくお願いします。