小倉2歳ステークス2018 予想

 

@赤津葉月です。

 

血統に関しては、全く分からない素人ですが、今年の新馬戦の種牡馬別の成績を見ていた所、ジャスタウェイ産駒の成績が出走頭数の割に勝率、複勝率、回収率が高くなっていて、まだ、あまり情報として浸透していないのかなと。

 

どこまでこの傾向が続くのか分からないのですが、ジャスタウェイ産駒は秋も期待できそうですね。血統を語るとスカスカな知識がバレてしまうので、この辺りでやめておきます。

 

小倉2歳ステークス2018は、正直、小倉の持ちタイムと着差など位しか予想の材料がないので、あまり馬券を買う気になれないのですが、一応、予想してみました。

 

早速ですが、小倉2歳ステークス2018の予想オッズから、激走可能な穴馬を探していきます。

小倉2歳ステークス2018 予想オッズ

小倉2歳ステークス2018 予想オッズ

出典元:netkeiba

 

1番人気は、シングルアップですね。

 

フェニックス賞2018では、ハイペースの中、最後まで危な気なく逃げ切っていて、普通に強そうだなと…。先頭で35秒1の脚を使われると後続はどうしようもないと思いますし、レースのペース的にも馬券から切る気が失せる位のパフォーマンスだったと思います。不安材料はないですね…。

 

2番人気がルチアーノミノルで、前走の小倉芝1200mでは、1分8秒2の好タイムで0.5秒差で逃げ切っていて、最後も余力がありながら加速しているので、馬群に揉まれるとどうなるか分かりませんが、逃げると相当、強い馬だと思います。これまた、逆らう気力が失せますね…。

 

正直、この2頭が馬券圏外に飛ぶというのが、あまりイメージができない訳で、特にルチアーノミノルレーヌミノルの小倉2歳Sの走りを彷彿させるので、素質はかなり高いのかなと思っています。

 

さて、一応、ここからが本題ですが、小倉2歳ステークス2018の穴馬は…

◎カシノティーダ

 

さすがにこのレースは、上位の馬が強そうなので、紐荒れを狙ってもあまり配当妙味はないのかなと。仕方がない?ので、1,2着は無理でも、まさかの3着はあるかもしれないというカシノティーダを穴馬に推すことにしました。

 

過去10年で、ひまわり賞から参戦した馬は、8頭います。その内、ひまわり賞が1着だった馬は3頭いて、2008年のコウエイハートが2着、2009年のバリスドールが4着、2016年のカシノマストが3着で、ひまわり賞で勝っていない馬は惨敗しているのですが、勝っている馬は好走しているので、ひまわり賞のからの連闘というのは好材料なのかなと。

 

予想を通り越して、屁理屈の領域に入っているのですが、カシノティーダはレースを使われる毎に馬体重が増えていて、前走でかなり成長している感じがするので、今回もまさかはあるのかなと。

 

持ちタイムも悪くないですし、1分8秒台で走ることができれば、前述した2頭には勝てなくても、他の馬には勝てるのかなと。書けば書く程、胡散臭い記事になっていますが、九州産馬を応援するという意味でも、ここは複勝を買ってみようかなと思っています。

 

あと、気になるのはタムロドリームで、冒頭で書いたジャスタウェイ産駒の馬ですが。新馬戦は前半が暴走レベルのスピードで逃げていて、最後はバテながら後続を凌いでいるのですが、まだまだ底が有りそうな印象なのかなと。この辺りは、単なる感覚値ですが、控えた競馬も見てみたいので、個人的に期待しています。

 

今回は、予想というよりも希望的観測とか、個人の所管みたいな記事になったのですが。さすがに、予想材料も少なく、ルチアーナミノルシングルアップに逆らう方が無謀なのかなと。

 

カシノティーダの複勝馬券を握って、日曜日の15時を迎えたいと思います。

今週末も、よろしくお願いします。