きさらぎ賞2019|予想オッズと激走穴馬!|穴馬不在の鉄板レース?

赤津です。

きさらぎ賞は、人気馬が順当に活躍するレースなので、穴党の出番はないのかなと思っています。

先に、過去10年の人気別の成績表を張っておきます。

きさらぎ賞 人気別成績表 過去10年

きさらぎ賞 人気別成績表 過去10年

少頭数の年が多いので、必然的に人気馬の成績が良くなるのですが、10番人気以降の成績は0-0-1-10/11なので、極端な穴馬狙いは難しいのかなと。

今回も、アガラスヴァンドギャルドダノンチェイサーが実績とタイム的に抜けている感じなので、この3頭から馬券を組めば、的中しそうな気はします。

過去10年の3連複の平均配当も、3,738円しかないので、馬券はあまり買いたくないですね。

コパノマーティンとか、最初から消しても良いような成績ですし、こういう馬が絡めば配当は跳ね上がるのですが、さすがに買い材料は0ですね。

芝を走ったり、ダートを走ったりしていて、さらに逃げてみたり、後方に控えてみたりと、馬柱を見ていると面白いのですが、実質、10頭のレースだと思います。

さて、きさらぎ賞2019の予想オッズから、一応、穴馬を探してみます。

きさらぎ賞2019 予想オッズ

きさらぎ賞2019 予想オッズ

出典元:netkeiba

実績的には、アガラスがいいなと思っていて、東京スポーツ杯2歳ステークス2018の上位4頭のレベルは、結構、高かったのかなと思います。

逆に、ダノンチェイサーは、ローカルでの実績しかないので、今回、京都競馬場が初めてですが、アガラスヴァンドギャルドよりは劣ると思っていて、人気馬で消すのであれば、この馬なのかなと思っています。

あまりローカルでのタイムは評価しないのと、レース内容的に辛勝のことが多く、エンジンの始動が遅い感じがするので、差し届かずで4着以下になればいいなと。

予想ではなく妄想ですが、多分、データ的には上位になるので、最終的な予想は印を回すと思います。

さて、ここからが本題ですが、あまりおすすめではない穴馬は…

△ タガノディアマンテ

コパノマーティンよりも予想オッズが高いのですが、3着の可能性はあるのかなと。

先週の調教で自己ベストを更新しているのと、2000mよりも1800mの方が合っているような気がして、前走は調教の再審査で万全の臨戦過程ではない上での3着なのと、エールヴォアはかなり強い馬だと思っていて、善戦したのかなと思っています。

因みに、これらの情報はnetkeibaの掲示板の情報なので、自分の意見のように述べていますが、netkeibaのコメントを読んだ後に、レース映像を確認して、裏が取れたものを記事化しています。

正直、その馬だけを追っている方の情報が最も信用できる訳で、調教の再審査って、一体、何なのかよく分かっていないのですが、臨戦過程が順調ではなかったというのは確かなのかなと。

それと、予想オッズがあまりにも高いのですが、2000mの持ちタイムは2分1秒6で悪くないので、今回は1分47~48秒だと仮定すると、タイム的には足りるのかなと思っています。

多分、アガラスヴァンドギャルドが1分47秒台で走って、3着以下の馬は1分48秒台位だと思っているのですが、無根拠なので聞き流した方が良いと思います。

東京スポーツ杯2歳S2018のレース映像を張っておきますが、内側の馬場の荒れ具合とかレース内容を見ていると、上位4頭はかなり強かったのかなと。

アガラスは、POGの馬で個人的に応援しているのですが、馬場を問わず好走する馬なので、安定感はかなり高いと思います。

あと、全く話は変わるのですが、レース映像をyoutubeにアップして大丈夫なのかなと。

放映権の関係はよく分からないのですが、ブログで使用している競走馬の画像は、知人の方の写真をお借りするか、それ以外は有料で購入しています。

今の時代、弁護士の仕事も少ないみたいなので、月収100万!とかのアフィリエイターとかブロガーを対象として、無断で画像を使用しているのであれば、その著作権料を請求するというのは、良いのかなと。

勿論、弱小サイトを攻めてもお金にならないので、自称か公称か分かりませんが、月収100万!という方はよく見掛けるので、お金を持ってそうな方を攻めるのは効率的なのかなと思っています。

最後は話が逸れたのですが、馬の画像やレース画像を無料で提供して頂ける方は大歓迎ですので、お礼として有料予想を無料で提供させて頂きますので、物々交換が可能な方は、お問い合わせからご連絡ください。

最近、お金よりも地元の特産品を頂く方が嬉しくなっていて、先日は新潟のお米を頂きましたが、本当に嬉しかったです。

結局、お金を得ても何かに代えるだけなので、その過程を省くのも面白いのかなと思います。

今回も、全く予想をする気がないので、大半が余談となりました。

週末の予想は真面目にやりますので、引き続き、よろしくお願いします。