赤津です。

ブログ歴は通算で3年になるのですが、最初の1~2年はブログのアクセスも少なく、月に稼げるお金は数百円とかの世界で、本当にブログで稼げるようになるのか不安しかなかったです。

ただ、最近は、毎週の競馬資金はブログなどのネットビジネスで稼げるようになってきて、時々、会社を辞めてアフィリエイトやブログで生計を立てたいという相談も受けるのですが、正直、やめておいた方が無難かなと…。

大体、月に30万を稼ぐことができれば、専業で生きていけるような気はする反面、会社員に比べると非常に不安定な世界です。

時々、会社を退職した後にフリーランスになり、会社員の方に対して社畜とか馬鹿にしている方を見掛けますが、専業になった時の仕事の依頼主というのは大半というか99%が会社員の方になる訳で、自分自身で人生の難易度を上げて気味が悪いなと。

「会社員を辞めて正解だった!」ということを肯定したいという心理的背景から、会社員の方をディスっている訳ですが、こういうマインドだと専業でも副業でも稼げなくなるので、経済的に詰む可能性が特大だと思います。

冒頭から大幅に話が逸れているのですが、ネットビジネスに3年、時間を投じてきて感じるのは、会社員というのは想像以上に安定感のある職業であり、特に福利厚生面での恩恵が突き抜けているので、専業ではなく週末起業的な感じで副業をするのが1番なのかなと。

毎週の競馬資金程度であれば現実的に稼げるような気がするので、月に100万!とかそういう異次元クラスの稼ぎではなく、月に5万とか、多少、小遣いが増えるような方法を説明したいと思います。

パチスロ・スロットで稼ぐ!

競馬資金を他のギャンブルで稼ぐというのは、結構、夢があるのかなと思っています。

私の場合、元・スロプロなので、今でも年に50万以上はスロットで稼いでいるのですが、会社員時代は会社の帰りに良い台を探して、飲み代の費用にしたり少し高いランチの原資にしていました。

スロットに関しては、30年以上前の1.5号機時代から打っているので、Aタイプが全盛期の頃の立ち回りはかなり難しくて、昔は良かった的な方も多い反面、正直、今の方が遥かに稼げる時代だと思っています。

スマホのアプリなどはなかったので、機種毎の特性とか確率などは全て暗記するかメモを携帯する必要があり、いちいちメモを見るのが面倒なので立ち回っている内に覚えてしまうのですが、今の時代だとアプリや機種の数値を整理しているブログがあるので、負ける方が難しい気はします。

さて、会社員の方がスロットでどうやって稼ぐのか?という話ですが、最も簡単な方法としては、高設定のジャグラーを打つということです。

ジャグラーの具体的な立ち回りは?

ジャグラーの機械割に関しては、設定6でも106%とかの世界なので、正直、1日で10万以上の勝利という可能性は低い反面、月で5万以上の利益は現実的に狙えるのかなと思います。

早速ですが、ジャグラーの立ち回りを説明していきます。

① 高設定の入っているお店を探す。

多分、大半のスロッターが特にお店を選ばずに何となく打ち始めて、何となく勝ったり負けたりを繰り返しているのかなと思います。

私の経験上、最も重要なのがお店選びだと思っていて、どんなに優れた立ち回り方法を持っていても高設定のないお店では意味がないというか、無理ゲーに近いので運を天に任せる的な打ち方で勝てるほど、甘くないのかなと。

逆に、お店のリサーチができるようになれば負ける確率も激減するので、この作業だけは真面目にやった方がいいと思います。

具体的な方法としては、前日と前々日など、過去の大当たりの履歴を調べていきます。

この際に、総回転数が1000回転未満の台が大半の場合、全く客が入っていないので、そういうお店で高設定の台を探すだけ無駄なので、5,000回転以上の稼働があるお店が良いのかなと。

駅前のお店の場合、様々な方がスロットを打っているので、朝一は大学生、主婦、自営業者、夜勤明けの方が多く17時前後に一気に客層が変わります。

少し立地の悪い郊外店になると会社の休みを利用して、1日中、打ち続ける方も珍しくないので、郊外店よりも駅前の方が高設定が空く可能性が高いので、通勤途中にそういうお店があれば条件的にはかなり恵まれていると思います。

イベント系が多いお店の場合、プロのグループが立ちまわっている可能性が高いので、高設定の比率は高い反面、閉店まで台が空かないことが多く、私は敬遠しています。

実際にスロットを打つ前に、どういうお店があるのかはリサーチする必要があると思っていて、適当で勝てるほど甘くないのかなと。

これがビジネスであれば、リサーチは徹底的に行う訳ですが、似たような感覚でお店を分析すると仕事にも活きて来るので、たかがギャンブルですがされどギャンブルだと思っています。

② 総回転数が3,000回転以上、BRの合計回数が27回以上、合成確率が110分の1以下の台を探す。

まず、総回転数が3,000回転以上というのは、1,000回転程度だと確率のムラが多いので、回転数は多ければ多いほどデータの信頼性は上がります。

重賞予想で過去10年のデータを出している時はあるのですが、10回程度では傾向というよりも出目な訳で、データとしての信頼度以前にデータではないと思っています。

話が逸れたのですが、総回転数が3,000回転以上で、BR(Bがビッグボーナス、Rがレギュラーボーナス)の合計が27回以上であれば合成確率が約110分の1になるので、高設定の可能性がかなり高くなります。

ゴーゴージャグラー ボーナス確率・PAYOUT(機械割)

ゴーゴージャグラー 合成確率 機械割

出典元:スロット情報「完全告知!」様

ジャグラーの場合、色々なシリーズがあるのですが、GOGOジャグラーの場合だと高設定はBRの比率が1:1になっているので、BRの回数が同じような台で、かつ、合成確率が優秀な台をお勧めします。

110分の1に台の基準値を設定しているのは、120分の1の場合、低設定でも確率が隔たることで、一時的に130分の1の台が120分の1になることも多く、打ち始めは120分の1で打ち終わりが140分の1になったとかそういう場面は避けたいので、110分の1に設定しています。

ただ、夜の21時位で6000回転以上であれば120分の1でも打っていいような気がするので、21時以降は台が空きやすく選び放題の時も多いので、飲み会の後に台をチェックして帰るとか、この辺りは生活スタイルに合わせればいいのかなと思います。

③ ヤメ時は、帰りたい時か、ボーナス後、即ヤメ。

高設定の台を掴んだ後は、基本的には時間が許す限り回せばいいのかなと思っています。

結局、ジャグラーで稼ぐというのは、高設定の台を打っている時間を長くすることなので、閉店まで打てるのであれば打ち続けてもいいと思いますし、次の日の仕事に支障が出るのであれば、どこでやめても大丈夫なのかなと。

ただ、ヤメ時で1点だけやってはいけないのは、ボーナス後100回転でやめるという、ルールを決めることです。

このヤメ時が、なぜ、悪いのかを説明すると、必ず100回転まで回すということなので、やめる時は100回転分の損失が確定します。

100回転以内に当たっても最終的には100回転でやめることになるので、仮に10回、ジャグラーを立ち回ったとして、1000回転分の損失が確定する訳で、これほどアホらしいルールはないのかなと。

そういった意味で、毎回、律儀に100回転でやめる位であれば、即ヤメをお勧めします。

ボーナスの後は当たりやすいとか、50枚のクレジットで連荘しやすいというのはオカルトの世界なので、常にボーナスを引く確率は変わらない訳で、ボーナス後でも1000回、はまった後でも当たる確率は同じです。

一応、オカルト的な立ち回りもあるので、完全に否定している訳ではないのですが、ただ、100回転でやめるというルールだけは、絶対に作らない方がいいと思います。

即ヤメしていれば大幅なプラスだったのに、100回転でやめることで劇的にマイナスになっている方とかを知っているので、他の機種でヤメ時に十分な根拠があるのであれば良い反面、ジャグラーに関しては無意味というよりも害悪です。

ジャグラーで稼ぐ方法 まとめ

① 高設定の入っているお店をリサーチする。

② 総回転数が3,000回以上で、BRの合計回数が27回以上の台を探す。

ゴーゴージャグラーの場合、高設定の台はビッグとレギュラーの比率が1対1になりやすい。

③ ヤメ時は、やめたい時にやめる。但し、大当たり後100回転というルールは作らない。

 

最後に補足しますが、高設定の台がない時は帰ればいいと思います。

毎日、1,000円は絶対に稼ぐ!というのも、無理な目標なので、そういう目標を掲げると高設定のない状況でも打とうとするので、目標とかない方がいいのかなと。

結果的に1日の利益の平均額が1,000円ということは多いのですが、常勝というのは無理なので、月単位で考えていればそう簡単には負けなくなると思いますし、競馬でも同じですが、買うか買わないという選択権は常に自分が持っているので、勝負しない方がいい局面では勝負しないというのが正解だと思います。

今回は、スロットで稼ぐ方法を説明しましたが、会社員の方にスロットを勧めるのは、夕方の場合、朝一よりも台の情報が多いので、朝から打つよりも有利です。

また、スロットの場合、3店方式で法律の抜け目を利用しているので、仮に年間に数百万の利益を得たとしても、所得として申告する必要がないというか、現金での受け渡しなので税法が変わらない限りは申告の必要はないと思っています。

会社員の場合、年間の利益が20万以上になると雑所得して申告する必要が出てくるのですが、確定申告をした場合、翌年度の住民税が増額される可能性があるので、その際に給与担当に金額が上がった原因を確認されると思います。

働き方改革などで副業には追い風の風潮はある反面、まだまだ、副業は本業に支障となるという理由で、副業が禁止な会社も多いですし、副業が禁止な会社で副業の解禁を求めても無駄な努力なのかなと。

近い将来、副業が複業になると思っていて、様々な稼ぎ方を覚えておく方が経済的なリスクは低くなるのかなと思っています。

因みに、私の場合、稼げる方法を指南するということでお金を頂いているので、競馬の予想にしても他の事業に関しても、頭と口、それと文章を書ける能力があれば、死ぬまでにお金に困ることはないのかなと。

お金に翻弄されている人生で、ある意味、お金マニアです。

40歳を過ぎて感じるのが、お金持ちになる方法というのは圧倒的に稼ぎを増やすよりも、お金を使わなくても幸福感を感じる機会を増やすことができれば、確実に支出よりも収入が上回ってくるので、楽しみながら勝手にお金が増えるのかなと。

結局、使わなければいいという話ですが、最近、ネットゲームばかりやっているので、遊べば遊ぶほど消費の機会が激減するので、何かに没頭してお金を使う暇がなくなるのは悪くないと思っています。

今回は、スロットで稼ぐ方法を書かせて頂きましたが、今後も現実的に稼げる方法をシェアしていきますので、引き続きよろしくお願いします。