キーンランドカップ2018 予想

 

@赤津葉月です。

 

札幌記念2018はサングレーザーの剛脚が見事で、よくあの位置から勝ったなと。確かに、脚は溜まっていたとは思うのですが、前半がかなり速いラップで先行馬が総崩れの中、最後に矢のように差し切り、苦手と呼ばれた距離でこのパフォーマンスなので、秋のG1戦線は、非常に楽しみだと思います。

 

あと、マカヒキに関しては、札幌コースは合わないと思っていたのですが、休み明けでも関係なく好走していたので、これまた秋が楽しみだなと。飛びが大きく広いコースの方が走りやすそうなので、今後も期待できそうですね。着順こそ悪く見えるのですが、戦ってきた相手が一線級の馬ばかりなので、今後に期待しています。

 

さて、キーンランドカップ2018ですが、結構、面白いメンバーが集まったという印象ですね。ルメール騎手が騎乗予定のムーンクエイクとデムーロ騎手のキャンベルジュニアは、今回、初の1200mなので人気になるようであれば軽視するのもアリなのかなと。

 

勿論、それだけで切るのは無謀ですが、過去10年だと距離短縮した馬の内、過去に1200mを一度も経験していない馬は全く馬券に絡んでいないので、今回、距離が短縮だとしても1200mの実績は欲しいのかなと。人気になりそうですが、初距離の重賞で、勝てるほど甘くないのかなと思っていて、今回は、1200mのタイムを中心に穴馬を探してみます。

 

早速ですが、キーンランドカップ2018の予想オッズです。

キーンランドカップ2018 予想オッズ

キーンランドカップ2018 予想オッズ

 

出典元:netkeiba

 

1番人気は、レッツゴードンキですね。

 

1200mの成績は0-3-2-3/8で、正直、勝っていないのが不思議な位、1200mでは強い馬だと思うのですが、1200~1600mで、時々、ダートも走っていてどんな条件でも大きく負けないので軸としては買いやすいのかなと。

 

レッツゴードンキナックビーナスはG1惨敗組ではなく好走組なので、この辺りは馬券に入れた方が無難だと思いますし、特にナックビーナスの場合、先行脚質の馬でモライレ騎手が騎乗するので、頭を取りこぼすことはあっても、2,3着以内には残りそうな気がして、逆らいにくいのかなと。

 

泣き言を言うなという感じですが、最近の重賞の場合、外人騎手は簡単に切れないので、上手く馬券に絡めないとダメなのかなと思っています。

 

因みに、昨年の秋は意地になってデムーロ騎手に逆らっていたのですが、徹底的に外れたので、感情的になるとダメですね…。逆に、デムーロ騎手の馬券を平場に取り込むようになって成績が向上しているので、心情的には日本人騎手を応援しているのですが、馬券は別なのかなと思っています。

 

あと、ナックビーナスは超・中山巧者なので、仮にここで負けてもスプリンターズS2018では、問答無用で軸にする予定です。

 

さて、ここからが本題ですが、キーンランドカップ2018の穴馬は…

◎ペイシャフェリシタ

 

毎回、大穴とか爆穴を推奨したいのですが、正直、今回は無理があるのかなと。現実的?な穴馬を考えた場合、ペイシャフェリシタはかなり面白いのかなと。

 

まず、この馬が強いと思ったのが春雷S2018で、良馬場発表ですがかなり馬場は荒れていて、ハイペースの中、4番手の位置から最後、きっちりと差し切っていて北九州記念2018で勝利したアレスバローズの追撃も躱しています。

 

※ペイシャフェリシタは黒帽子の4番です。

 

アレスバローズは、10番手の位置から33秒4の末脚を繰り出しているのですが、ペイシャフェリシタは4番手の位置から33秒6の末脚で、本来、好スタートのセカンドテーブルが勝っていたレースのような気がするのですが、最後、見事に差し切っていて、普通に強いなと。

 

当時の斤量が53kgで、今回、54kgに上がるのはマイナス材料ですが、4角までに脚を溜めて短い直線で一気に弾ける感じなので、直線が長いコースよりも、直線が短いコースの方が末脚の持続力が短い気がするので、合っているのかなと。

 

この辺りは、素人的な考えですが、近2走は二桁着順で、今回、人気が落ちるようであれば反撃する可能性は高いと思っています。都合の良い考えですが前走の1000mは参考外で、2走前も直線の長いコースなので、参考外と。予想ではなく暴論のような気はしますが、未勝利戦の時に札幌で圧勝した実績もあるので、期待してみます。

 

ヒルノデイバローも好みの馬ですが、前走が10番人気で2着に激走していたので、今回、売れるだろうなと。逆に、あまりに人気がない時は、ヒルノデイバローを狙ってみます。この馬は、非常に2着が多いのですが、スワンS2018ではサングレーザーとクビ差でどこで走るのか読みにくい馬ですね。

 

過去の傾向としては、京都と函館、札幌の良績が目立つので、今回も要注意なのかなと思っています。元々、ダートを走っていて、後方からの末脚が強烈だったのですが、最近はある程度の位置をキープしているので、5番手以内で追走できるのであれば、直線の爆発力はかなりのものなので、控えた時はあまり期待できないのかなと。

 

勿論、闇雲に前に行って欲しいという話ではないのですが、先行した時の安定感は抜群なので、注意しておきたいと思います。