AI予想を無料で配信中!友だち追加

神戸新聞杯2022 予想オッズ

1番人気は、プラダリアですね。

ダービー組の最先着馬であり、この距離だと隙がなさそうな馬ですが、とにかく華のない馬であり、レース映像を見ていても、地味だな…という印象しかなく、中団から、良い末脚を使えるタイプであり、大崩れはしない反面、決め手もなく、先行する訳でもないので、モヤモヤする馬ですが、好みじゃないのかなと。

一応、調教もチェックしてみたのですが、これまた地味であり、菊花賞(阪神)だと、走りそうな印象ですが、中京は新馬戦、未料理戦で取りこぼしているので、逃げ馬に弱く、瞬発力のある馬に追い抜かれるので、仕掛け所が難しく、惨敗しても、仕方がないのかなーとか、勝手に思っています。

私が複勝を買うと、4か5着に沈みそうなので、当日、100円の呪いを掛けておきます。(任せとけ。)

2番人気は、ヴェローナシチーですね。

この馬も、モヤモヤする馬で、未勝利戦で、2,3着を繰り返す馬が、クラスが上がっても、善戦マンという、言いたい放題ですね…という感じですが、並んでから、競っている馬を躱すまでに時間が掛かり、相手が脱落するのを待つような脚質なので、先行して気分良く走られると、どうしても仕掛け所が遅れてしまい、競っている相手には勝てるのですが、もう1頭、いましたね…という感じで、もう少し、先行できれば、さらに成績が伸びそうですが、スタート直後がズブいので、この馬も、乗るのが難しそうであり、馬以前に、ロバにも乗った事がないので、私の知らない世界ですが、単系の軸としては、絶対に買いたくない馬なのかなと。

勝負根性という言葉が好きで、キタサンブラックのように、並ばれると絶対に負けん!という馬って、馬券を買っている方としても、とても頼もしく、騎手も、ハナ差に強い騎手とか存在するので、2kmも走ってハナ差とか、最後は、馬と騎手の力だと思っていますが、勝負に弱そうであり、複勝の大口派の方は好きそうですね。

色々な相手と戦っている割に、上りは必ず、上位3位以内とか、騎手が代われば、覚醒しそうな感じですが、今回もあまり期待できない気がするので、名前は出さないのですが、剛腕の騎手で追いまくられれば、もう少し、楽な展開で勝てると思っているので、今回ではなく、別の機会に狙いたいと思っています。

3番人気は、パラレルヴィジョンですね。

前走は、口向きが悪く、右を向きながら、ドリフト走行のような競馬であり、粗削りで、伸び代はかなりありそうですが、3番人気は支持されすぎであり、先週、ガイアフォースが快勝したので、似たような臨戦過程であり、ルメール騎手で人気になりそうですが、この馬も強さを感じないので、単に、私の好みではないという話ですが、わくわくしないなと。

当てる気ないでしょ?と言われると、えぇ、まぁ…という感じですが、本番は先な訳で、ここを目標にしている馬は少ないと思いますし、過去10年の勝ち馬は、1~3番人気の馬であり、人気になった馬が好走するので、時々、荒れるレースですが、昨年はシャフリヤールが1倍台で4着に沈んだのですが、極悪馬場であり、さすがに、かわいそうだったと思います。

さて、今回は、タイムや実績などで穴馬を探しても、あまり面白くなく、レース映像を見て、この馬いいなーという馬をオススメしたいのですが、私の好みの馬は…

ボルドグフーシュ

スタートが絶望的に遅い馬で、2走前の京都新聞杯は、スタート直後に隣の馬にぶつけられて、最後方を追走して、4角では大外を回されて、1頭だけ、2300m位、走ってませんか?という感じの馬ですが、アスクワイルドモアとは0.3秒差であり、松田騎手でなければ、勝ってたのかな?とか、結果論すぎるのですが、前走は松山騎手で、かなり早目から追われていて、最後まで脚を使い切った感じであり、前回のレースをお手本とした場合、今回も中京なのに、早目にまくる可能性もあり、将来、日経賞とかで活躍しそうな馬ですが、楽しみな1頭なのかなと。

直線の雰囲気というか、迫力があるなーという感じで、今回の予想のテーマは、「華やかさ」ですが、人気上位馬が地味で微妙であり、強さを感じないので、3歳馬は、馬券よりも、好きな馬を買った方が面白く、今年は牡馬も牝馬も、主役級の馬とか、暴走戦士が皆無であり、皐月賞の勝ち馬って何だっけ?とか聞かれても、ド忘れ以前に、覚えていないのですが、アホみたいな馬を応援したいですね。

さて、ボルドグフーシュは、瞬発力勝負だと、分が悪く、ヨーイドンで勝てるほど、切れる末脚を持っていないのですが、かなり長い間、良い末脚を使い続けるので、前走のような感じだと、大半の馬は直線の半ばで力尽きるのですが、スタミナはかなりありそうなのかなと。

イメージ的には、ゴールドアクター的な馬であり、有馬記念とか合いそうですが、そもそも、そこまでの能力があるかどうかは謎な反面、大きくてパワーがあり、ズブくても最後まで脚が使える馬が、有馬記念では活躍するので、ここで好走して、菊花賞に出走すれば、面白い存在になると思っています。

一方で、真逆の脚質が、ジュンブロッサムなので、この馬もスタートが絶望的であり、意図的に下げているだけだと思うのですが、恐ろしい末脚で追い込んで来るので、ボルドグフーシュと同じような位置なのに、ボルドの方は早目に上がって行って、ワンテンポか、それ以上のテンポの後に、猛然と追い込んで来る姿がイメージできているので、お薬出しておきましょうか?とか、友人に言われそうですが、今回は、後方勢の末脚勝負が面白そうで、馬券を買うかどうかは謎ですが、この2頭に注目したいと思っています。

ジュンブロッサムは、マイルだと追走が厳しくなり、置いて行かれるのですが、2200mであれば、ペースは楽になるので、元々、先行していた馬ですし、前に行って、最後、末脚を使えた場合、突き抜ける可能性もある訳で、どちらの戦術を取るのか、その辺りも気になるのかなと。

もう、馬券が当たるとか当たらないとか、興味がなくなっているので、レース前の妄想が一番、楽しく、レースが始まると、呼吸の回数が少なくなるので、陸で溺れそうになるのですが、心臓が悪いので、確実に寿命を奪われていると思っています。

さて、最後は雑談ですが、デスノートが欲しいなーと思っていて、こういう商品が売っているのですが、高っ!?って感じで、嫌いな騎手でも書けば、少しは恨みを晴らせる気はする反面、特に、嫌いな騎手がいないので、使う機会はないのかなと。

⇒デスノート

ただ、デザインがいいなーという感じで、あと、魔術の本とか持っているので、こういう本ですが、復讐をしたい場合、直接的な行動だと法に触れるので、間接的な方法だと、証拠が残らない訳ですが、私は、呪いの家系というか、不幸になればいいのに…と、心の底から願った場合、本当に相手が不幸になるので、私よりも、父親の呪いがヤバいのですが、以前、父親の車のリアガラスが割られていて、夜な夜な、蝋燭の火に、何か語りかけていて、その後、靴を磨き始めて、奇行にも程がある反面、後日、ガラスを割った二人組が、交通事故に遭い、アウアウアーになっていたので、天罰って、下るのを待つのではなく、下すモノなんですね…という感じで、私も、似たような能力?があり、小学生の頃に、私をいじめた子は、中学の時点で自殺しているのですが、それ以来、呪うのは良くないな…という感じで、ここぞ!という時を探しているのですが、殺したいほど、憎い相手というのは、恋愛だと大恋愛クラスの話であり、一生に1人か2人、いるかどうかの話なので、嫌いという感情と好きという感情は、紙一重だと思っています。

⇒魔術の書

デスノートの出番がありませんように。

今週末も引き続き、よろしくお願いします。

重賞予想を販売中!