AI予想を無料で配信中!友だち追加

キーンランドカップ2022 予想オッズ

キーンランドカップ2022 予想オッズ

1番人気は、ウンマーベルですね。

近2走は、余力を残して勝っているので、人気になるのは理解できるのですが、下した相手がかなり弱く、今回、癖のある馬が揃っているので、3歳馬で54kgは魅力的ですが、左回り専用機だと思っているので、洋芝+右回りはマイナスな条件だと思いますし、軸にする勇気はないというか、先週の重賞予想がボロボロであり、想像の斜め上を行くではなく、別のレースを想像していた感じなので、ご迷惑をお掛けしました。

2番人気は、ジュビリーヘッドですね。

洋芝適性がかなり高い馬であり、現地に馬券を買いに行くのであれば、この馬を買えば楽しめるだろうなーという感じで、最近、現地馬券は的中重視で、それなりに結果が出るので、とても楽ですが、お金は少しずつ減ると思いますし、人気馬を当て続けてもトータルでは負けるので、この辺りは、楽しさを取るのか、お金を取るかの2択であり、難しいと思っています。

さて、ジュビリーヘッドは、中団から、そこそこ、良い末脚を使える馬であり、突き抜けるほどの強さは持っていないのですが、上位の馬と流れ込んで来るレースが多く、3連系の軸とか、複勝、ワイドの軸に最適であり、先行力もあるので、4角から、ここから3着以内でいいので、がんばれ!という応援がしやすく、想像どおりになりやすいのですが、後方脚質の馬なのに、なぜ、前に行かないのか!とか、頭、大丈夫ですか?と質問したくなるので、文句を言ってお金を失う位であれば、レース映像を見ればいいと思っています。

持ちタイムは、そこまで速くないので、別の馬には負ける気がしますが、馬券には入れておきたい1頭ですね。

3番人気は、エイティーンガールですね。

当レースのリピーターの馬であり、馬場が重くなればなるほど、真価を発揮する馬ですが、後方一気の脚質であり、札幌の短い直線でも、猛然と追い込んで来るので、そういう脚質が好きな方は、この馬を買うと脳汁が出そうですが、展開次第な面があり、時計が掛かり、さらに前が止まる流れでない限り、末脚が不発という馬なので、私は好みではないのですが、昨年はお世話になった馬なので、今後、人気がなくなった時にでも、馬券を買おうと思っています。

因みに、前走の高松宮記念では、最速の上がりであり、あの馬場で33秒台とか、ヤベーなーという感じですが、6歳でも、全然、衰えていない感じなので、馬券は買わないと思いますが、気持ちの良い勝ち方を期待しています。

さて、ここからが本題ですが、キーンランドカップ2022の激走穴馬は…

トキメキ

予想オッズだと、19番目の馬なので、出走できるのかどうか謎ですが、3勝クラスの時に、ジュベリーヘッドに先着したこともあり、斤量が2kg差であれば、同等のレベルだと思っているのですが、一方はかなり人気になりそうな反面、この馬は不人気になりそうであり、近2走は直線競馬でゼロヨン化していますが、1000mよりも1200mの方が先行しやすく、今回、テンが速い馬が多いので、道中は苦しい気はしますが、全く人気にならないのであれば、前述したとおり、ジュベリーヘッドと大差ないので、紐の爆穴としては、かなり面白い存在だと思っています。

洋芝は、今回、初であり、合うのか?と問われると、いんや、軽い芝向きじゃね?と、全力で矛盾を述べたくなるのですが、ただ、走った事がないだけであり、合う可能性もある訳ですが、コースに関しては、右回りで直線の短いコースが良いと思っているので、あとは、重い馬場で走られるかどうかなのかなと。

そこに対して、お金を投じる!という感じなので、人気上位であれば、1円もいりませんね♪という感じであり、何度も書いていますが、的中とか現地以外、全く目指していないので、当たればラッキー程度で、良いと思います。

過去、競馬で破産した方って、大体、オッズの低い馬券にドカン型が多く、1.1倍を30回連続で当てれば…とか、無理難題な訳ですが、毎週、大口投票のデータは拾っていますが、複勝率は70~80%位の世界であり、1.1倍でその確率だと、勝てる方がおかしいというか、未勝利戦の大口投票とか、絶対にやめた方がいいですね。

あと、一般人ではなく、チンパンジーのような脳の方だと、馬券で、マーチンゲール法とか語り始めるので、こういうのって、いくらでも、過去のデータでシミュレーションできる訳ですが、勝率と平均オッズのバランスが悪すぎて、速攻で破綻するモデルであり、お好きなように、どうぞ…という感じで、オッズが歪むので、身銭を切って、おいしい馬を出現させてくれる訳ですが、敵ではなく味方なので、今後も大口投票をがんばって下さい!と、本気で思っています。

あと1頭、気になる馬は、ヴェントヴォーチェであり、近2走の成績は微妙ですが、春雷Sは、中山の坂を駆け上がった後の加速が凄まじく、2着は、北九州記念のタイセイビジョンであり、3馬身差の快勝だったので、ここでも通用する可能性は高く、現実的な穴馬としては、こっちなのかなーという感じで、最終的なオッズを確認したいと思っています。

夏競馬以降、メインレースの成績がとても悪く、平場で何とか、資金を維持している状態ですが、例年に比べると、かなり善戦しているので、あと2週でローカルの競馬は終わりますし、何とか、夏競馬を凌ぎ切れそうで、個人的には、良かったと思っています。

AIは、夏競馬と、あとは、1200m以下のレースは、相性が悪いようであり、色々なタイプのAIがあるので、私は、勝率計算のAIを好んでいるのですが、1勝クラス以上のダートの精度は高く、ここだけを狩場にすれば、爆死する可能性も低いので、毎週、おいしそうな馬を探していますが、探している時間が最高であり、その成果を売ればお金になるので、予想家って、最高の職業?だと思っています。

今よりもお金が欲しければ、競艇の予想をすればいいのかなーと思っているので、コロナの影響なのか、競艇人口は増えていますし、選手の賞金も上がっている状況であり、的中重視で良い訳で、逆に、穴を狙う方がどうかしているのですが、スタート特化型の選手とか、キャラ分けして、あとは、選手の顔とか血液型、生年月日などのプロフィールの情報から、私の占いで勝手にキャラを決めて、文章化すれば、他の予想家と差別化できると思うので、自信があるというか、過信な訳ですが、下記のようなサイトのデータを見ていると、とても面白く、いくらでも予想の切り口があるので、A1とA2の勝率のラインは、この辺りかなーとか、データを見ているだけで面白く、競馬の分析よりも楽なので、副業として、やる気になった時はがんばりたいと思います。

⇒2023年前期級別審査

今は、ダークソウルとお勉強に夢中なので、人に騙されて、大きな借金でも抱えれば、やる気は全開になりそうですが、売れないホストの、働く理由みたいであり、もう、お金はあまり必要ないので、日々、平穏に過ごせれば良い気はします。

最後は日記になりましたが、今週も日記を含めて、適当に情報発信に励みますので、引き続きよろしくお願いします。

人生、楽しみましょう。

重賞予想を販売中!