AI予想を無料で配信中!友だち追加

京都新聞杯2022 予想オッズ

京都新聞杯2022 予想オッズ

1番人気は、ブラックブロッサムですね。

前走が1.3秒差の圧勝で、かなり人気になりそうですが、重馬場での圧勝であり、メンバーも弱かった気がするので、良馬場だと、そこまで末脚は切れない気もしますし、新馬戦は辛勝であり、持ちタイムも平凡で、軸にするのは嫌な馬なのかなと。

ここで圧勝とか完勝すれば、やっぱり強い馬だった…と評価すればいいだけで、前走が良馬場で、時計も速く、相手関係が強ければ、逆らう理由はないのですが、怪しいというか罠のような気がするので、馬券には入れると思いますが、オッズほどの価値はないと思っています。(個人の感想です。)

2番人気は、ポットボレットですね。

戦って来た相手が強く、実績だと1番だと思うのですが、未勝利戦からのレース映像を見ていると、並んでから、相手を抜く能力が欠けていて、善戦マン的な脚質であり、こういう馬の単勝は、かなりイライラするので、逆に、複勝とか3連系の軸だと、信頼できる気がするのですが、強い馬をマークして、その馬と同じように走られるので、大崩れはないのかなと。

従順で、操作性も良さそうで、前目から良い末脚を使えるので、中京は開幕週ですが、先行馬が止まらない流れであれば、さらに堅そうで、ブラックブロッサムより、この馬の方が好みですね。

3番人気は、リアドですね。

若駒Sのリューベックから、0.2秒差の馬なので、弱くはないと思いますが、過剰人気の傾向があり、実力よりも売れるので、人気先行型の馬で、馬券的にはおいしくない馬なのかなと。

1800mの持ちタイムは優秀ですが、さらに優秀なのがポットボレットなので、この馬を軸にする位であれば、ポットボレットの方が信頼度が高く、似たような脚質ですが、末脚の性能は、ポッドボレットの方が良さそうで、どういう方が、この馬を軸にするのか興味があるのですが、一緒にお酒を飲んでも楽しくないだろうなーと思っています。(相手も、楽しくないと思う。)

さて、ここからが本題ですが、京都新聞杯2022のオススメの穴馬は…

メイショウラナキラ

前走のインパクトという意味では、ブラックブロッサムよりも、メイショウラナキラの方が上であり、レースのラップが、超・優秀で、最初の1000mを60.6で通過して、ラスト1000mを58.5秒で走っているのですが、このペースで走られると、他の馬はどうしようもなく、古馬でも、このラップで逃げられると、捕まえるのは難しく、逃げるとヤバイ馬であり、秋山騎手で人気にならないのであれば、狙ってみる価値は、かなり高いと思います。

※メイショウラナキラは、黒帽子の2番です。

大阪杯の勝ち馬が、1分58秒4のタイムで、上記のレースは、1分59秒1であり、大阪杯のエフフォーリアと同じタイムで、レースのペースなどが違うので、単純には比較ができないのですが、レース映像を見て頂くと分かりますが、最後は流していて、余力充分で、今回、200mの距離延長ですが、余裕で対応できそうですし、さらに、開幕週で一般的には、前の馬の方が有利な馬場になりやすく、仮に、惨敗したとしても、買い材料が豊富であり、後悔は全くないので、特攻しようかなと考えています。

不安材料は、気性難の馬なので、番手とか控えた競馬だと、特に見せ場もなく、馬群に沈んで行きそうですが、そういう事は、陣営は重々、承知していると思うので、今回、楽に逃げられそうなメンバーであり、1人旅の可能性もあり、人気的にマークされない可能性も高く、買うなら、ここだと思います。

欲を言えば、阪神の内回りとか、中山で買いたい馬ですが、前走のラストを見ていると、どこまでも伸びて行きそうな末脚であり、ハマルと、とんでもなく強い馬だと思っていて、ギャンブル性が高く、私好みの馬だなと。

馬券を買う時に、外れたらどうしよう…とか、そういう感情は、一切、湧かないので、逆に、当たったらどうしよう…という感じでレースを眺めていて、穴党の場合、外れるのが基本で、もう、完全に慣れているので、このスタイルで、15年以上、馬券を買い続けていて、事業の借金以外、資金が尽きたことがなく、最近は予想収入もあるので、それで控除率を埋められるというか、予想家の特権ですが、人の金でギャンブルが、理想だと思っています。

確実そうな馬を探したいのであれば、手前味噌ですが、私の鉄板軸馬とか、ダート戦に限ると、複勝率は90%を超えているので、出現頻度は低い反面、1.0倍の複勝を避ければ、そこまでお金は減らないので、目先の当たりを楽しむ方とか、100万で10万を狙う方とか、ドハマリな予想なのかなと。

毎週、ネタ的に、大口投票のデータを拾っているのですが、スゲー、下手だなーとか思っていて、今の時代、的中型のAIとか、色々と出回っているので、それを組み合わせると、90%位の確率で、馬券に絡む馬を見つけるのは、簡単になっているのですが、1.1倍教の方も多く、私であれば、年に1,000万を使って、960万位は手元に残せる自信があるので、40万、減ってるじゃないか!という話ですが、40万で1年間、良い気分を買えたのであれば、良い気はします。

1.0倍と、1.1倍の境目が、見えていますか?と、煽りたくなるのですが、JRA様が損をしないラインが、1.0倍の境目なので、元返しとか、ハイリスク・ノーリターンですが、そういう馬券を買う方って、脳が足りていないので、ノータリンな訳で、近寄らないで欲しいと思っています。

メイショウラナキラを買う方の脳が、足りているのか?と問われると、それはそれで、脳が焼かれているので、目くそ、鼻くそですが、1.1倍教の方でも、突き抜けている方は好きで、知人は、週に1回、1.1倍の馬券を当てて、翌週のランチをワンランク、アップするとか、発想が面白いので、合理的な思考だと、馬券とか買わずにランチを豪華にすればいい訳ですが、そういうのって、正論だと思うのですが、全然、面白くないですよね。

今、10万を頂いたとしても、何の感動も湧かないので、残念な生き物になっていますが、娘に課金するのは楽しく、嫁と娘のために、労力とか時間を使っていると、幸せを感じるので、私と同じような感覚な方って、意外と多いので、そういう方とのご縁を大切にしています。

最後は雑談ですが、朝からケビン・カーターを調べていて、この写真を撮った方ですが、ご存じの方も多いのかなと。

ケビン・カーターは、ピュリツァー賞の受賞後に、自殺して亡くなっているので、この写真は、人生を終わらせた写真でもあるのですが、こういう話は大好物で、日々、面白い?話を探しています。

昔は、古本屋の店主が、こういう話をよく知っていて、学校帰りに本屋に寄ると、缶コーヒーを買って来いと言われて、その後、夜の10時位まで、面白い話を聞かされたのですが、性教育とかクソで、遊人の本で学べ!とか、どうでも良い話題から、戦争孤児の一生の話とか、話の幅が広くて、文字どおりの変人ですが、楽しかったですね。

ここにリンクを貼れない、怪しいサイトとかも知っているのですが、昔の面白いサイトの探し方は、ブックオフとかで、リンク集のような本を買って来て、URLから、そのサイトにアクセスして、大体、404エラーで消えているのですが、残っているHPも多く、リンク集から飛びまくっていれば、知的好奇心を満たす、サイトに到達できると思います。

葬式の遺影を集めたサイトとか、心霊写真を見るよりも怖く(若い女性の遺影は、来るモノがある。)、呪いが掛かりそうですが、好奇心には勝てないので、時々、夜中に見ていますが、危ない人なんだろうなと。

グロ系が好きであれば、カルロ・グローチェとか、オススメしたいというか、チェチェンの首切り動画とか、昔は普通に見られたのですが、今は、こういうサイトでしか見られないので、youtubeとか、グーグル様の検閲が酷すぎて、何が面白いのかな?と思っています。

TVで面白いのは、政見放送位ですね。

好き放題、書いていますが、本来、ブログというのは、こういう感じで良いと思っているので、こういう事を書くと、グーグル様に嫌われて、検索順位が圏外に飛ぶので、デメリットしかないのですが、その内、黒の馬券師も、検索しても出て来なくなるような気がするので、その時は、keiba.loveと、URLを直で打てば、私のブログに辿り着くので、ドメインは覚えやすいと思いますし、迷子になった時は、思い出して下さい。

今週末の重賞は、特攻したい馬が多いので、楽しみですね。

今週末も引き続き、よろしくお願いします。

重賞予想を販売中!