新潟記念2018 小倉2歳ステークス2018 予想

 

@赤津葉月です。

 

札幌2歳ステークス2018は、ニシノデイジーが激走して良かったなと。肝心の軸馬であるウィクトーリアはスタートが悪く、追走自体は良く見えたのですが、最後は特に見所もなく失速していたので、次走の評価が難しくなったなと思っています。

 

その反面、クラージュグリエは3着であるものの、潜在能力の高さを感じたので、今後も期待できそうなのかなと。ナイママに関してはここで稼いでおこうという感じで、将来を見据えた感じには見えないので、将来はあまり期待できないのかなと思っています。将来、活躍した時は、ごめんなさい。

 

さて、本題ですね。新潟記念2018の軸馬と穴馬は…

◎グリュイエール ◯メドウラーク

 

グリュイエールに関しては、週初めの予想で書いたとおり、前走のエプソムカップ2018が不利な重馬場での3着だったので、今回も馬場は良いとは言えないのですが、戸崎騎手×藤原(英)騎手で、勝負気配は十分なのかなと。

 

ブラストワンピースがかなり売れているのですが、多分、今の馬場は合うと思いますし、54kgなので普通に強いと思います。ただ、現時点で3歳世代と古馬の力関係がよく分からないので、さすがに1倍台は買われ過ぎなのかなと。

 

それと、今年のダービー2018は、タイムこそ歴代4位ですが、高速馬場のタイムなので、もう少しタイム的な価値を見極めるために時間が欲しいというのが本音ですね。現時点では、今年の3歳牡馬はあまり強くないと思っているので、それを覆すような裏付けが欲しいと思っています。

 

因みに、昨年はダービー2017のタイムで世代の力量を測ったので、思いっきり、失敗しました…。

 

続いて、小倉2歳ステークス2018ですが、軸馬と穴馬は…

◎ルチアーノミノル ◯カシノティーダ

 

ルチアーノミノルに関しては、完全にデータと調教で推奨しています。前走が逃げて、1分8秒2の好タイムなので、普通に逃げれば馬券内は確実なのかなと。調教に関しては、全体時計は悪く真面目に走っていない印象ですが、最後の伸びはすごかったのかなと。結構、評価の分かれる馬なのかなと思っています。

 

カシノティーダは、まさかの最低人気で…。ガチで舐められすぎなのかなと。ひまわり賞から参戦している馬は、基本的に惨敗ですが1着の馬は好走しているので、ここは九州産馬を応援するというよりも、勝負してもいいと思っています。

 

仮に馬券を外しても、これに関しては悔いはないなと…。意外と九州男児な訳ですが、買い材料も多いですし、ミヤジシルフィードよりも走破タイムは速いのに、一方は18.4倍で、一方は96.9倍なので、こういう差は徹底的に狙っていきたいなと思っています。

 

少し我が出たのですが、一応、小倉っ子なので血気盛んな訳ですが。今回は、採算度外視でカシノティーダから馬券を買ってみますので、よろしくお願いします。