@赤津葉月です。

 

ジャパンカップ2018とは全く関係ないのですが、先週のマイルチャンピオンシップ2018のレース映像を見ていて、外人騎手は本当に上手いというよりも、迫力がすごいなと。

 

通常であれば、ゴール前で失速しそうな勢いですが、最後まで脚を持たせている訳で、次走の反動は気になる反面、馬券を買っている方とすれば納得の騎乗のことが多く、重賞に関しては外人騎手から買うのが正解だと思います。

 

今の流れからすると、今後も外人騎手に有力な馬が回ってくるので、特に重賞に関しては賞金額も多いので、外人騎手の内、人気の盲点となっている馬を探せば、あまり負けにくいのかなと。

 

勝てるかどうかは別にして、少しでも資金を維持して競馬を賭け続けるというのが理想だと思っています。

 

さて、ジャパンカップ2018と京阪杯2018の予想です。

ジャパンカップ2018 予想

 

京阪杯2018 予想

 

まず、ジャパンカップ2018ですが、本命はアーモンドアイにしました。初の古馬との対戦で、正直、1倍台というのは過剰人気だと思うのですが、瞬発力勝負になればこの馬が最も速いだろうなと。

 

ただ、ハイペースでレースが流れた場合、追走に脚を使うことになるので、その上で驚異的な末脚を繰り出せるのかどうかは未知数な部分があるので、今回、1枠と斤量の恩恵が大きいと思うのですが、ルメール騎手がどのように騎乗するのかは、本当に楽しみですね。馬券をいうよりも、競馬ファンとしてレースを観戦予定です。

 

穴馬としては、週初めの予想で紹介したとおり、ウインテンダネスが面白いと思います。東京芝2400mの持ちタイムは最速であり、逃げての前残りは十分に考えられるので、馬券に絡む能力は持っていると思います。

 

次に京阪杯2018ですが、本命はアンヴァルにしました。このレースはかなりオッズが割れていて、正直、どの馬を軸にしても良い気がするのですが、今回は、データから機械的に選んでいます。

 

穴馬としては、ナガラフラワーが面白そうで、正直、調教は微妙だったので強くは推せないのですが、他のメンバーと能力は大差ないので、CBC賞2018の内容は強かったと思っていて、一発を秘めた爆穴馬だと思います。

 

重賞に関しては、的中を目指しています。平場の激走穴馬はDarkHprseで年内は無料で公開していますので、興味がある方は以下の画像からご確認ください。DarkHorseは、私が運営している有料の会員サイトです。

 

最後は宣伝になりましたが、本日も一日、よろしくお願いします^^