重賞予想 最終予想用

 

@赤津葉月です。

 

現在、Facebookのお友だちを増やしています。主にブログの告知ばかりやっていますが、時々、ブログでは書いていないことも更新していますので、ご興味のある方は下記から友達申請をお願いします。

 

⇒Facebook 赤津葉月

 

さて、早速ですが重賞予想ですね。まず、関屋記念2018の本命は…

◎ ヤングマンパワー

 

週初めの予想でも書きましたが、新潟巧者というよりも直線が長いコースで好走することが多く、近2走は苦手な京都での惨敗なので、度外視しています。

※週初めの予想です。

関屋記念2018|予想オッズと激走穴馬|夏に強い新潟巧者を狙う!!

 

今回、関屋記念で好走歴の多い8枠に入り、オッズ的にも30倍以上になっているので、穴馬としては面白いのかなと。ウインガニオンが逃げると思うのですが、内側を見ながら外目を追走できるので、好位を維持できるのかなと考えています。

 

不安材料としては、前走よりも斤量が増えた馬は過去10年で40頭いるのですが、1頭も馬券に絡んでいないことで、マイナス情報を書くなと言われそうですが、一応、お知らせしておこうかなと。

 

今回、斤量が増える馬は、リライアブルエース、チェッキーノ、ワントゥワン、ウインガニオン、ヤングマンパワー、ロッカフラベイビーなので、斤量のデータ的にはマイナスなのかなと。

 

そう考えると、プリモシーンが枠と斤量では有利な気がするのですが、古馬との初対戦で1番人気は過剰人気だと考えていて、ここは試験石だと思っています。多分、普通に強いと思いますが…。

 

次に、エルムステークス2018ですが、本命馬は…

◎ モルトベーネ

 

関屋記念よりも、馬券的にはこっちの方が面白そうで、モルトベーネはデータ的にはかなり買いたくなる馬ですね。金曜日の時点だと買い材料が乏しいと思っていたのですが、札幌競馬場のダートが重馬場になっていて、モルトベーネには好材料なのかなと。

 

過去、稍重での出走は9回で、その内7回、馬券に絡んでいるので今の馬場はチャンスだと思っています。因みに、良馬場だと成績がそこまで良くないですね。

 

今回、休み明けですが水曜日の調教のタイムは良く状態は仕上がっていると思うので、日曜日の朝一の時点では20倍以上のオッズになっているのですが、単複がおいしそうだなと。

 

1番人気の馬が4倍台でオッズが割れているので、突き抜けた馬がいない状態ですね。因みに、ハイランドピークは馬場状態に関わらず好走しているので、3走前の後方ポツンは何か理由があったのかもしれないのですが、前に行けばかなり強い馬だと思っています。

 

週初めの予想ではアルタイルを推していたのですが、調教の内容が悪く見えたので、本命馬からは除外しています。ダート馬は動かないことが多いのですが、正直、別のレースの時の方が良かったので、仮に好走した時は次走からは調教は気にしないことにします。

 

本日も1日、よろしくお願いします。