@赤津葉月です。

 

先々週位まで、外人騎手が嫌いだったのですが。先週は外人騎手が京都に集結していて、それ以外の競馬場で馬券で利益を出せたので、馬券は買い方次第なのかなと思っています。

 

馬券で勝ったから、偉そうに語っている訳ですが。人間、調子に乗るとロクなことがないので、一旦、気持ちをリセットしたいですね。

 

全くジャパンカップ2018の話とは異なるのですが、最近、田中健騎手が好きで好きで仕方がないので、近日中に田中健騎手に特化した記事を書きます。

 

田中健騎手とグーグル様で検索した時に、黒の馬券師が1位に表示されるように書きたいと思っていますので、お暇な方は、3ヵ月後位にググってみてください。

 

さて、ジャパンカップ2018の予想オッズから激走可能な穴馬を探していきます。

ジャパンカップ2018 予想オッズ

ジャパンカップ2018 予想オッズ

出典元:netkeiba

 

1番人気は、アーモンドアイですね。

 

1番好きな馬なので、53kgで東京競馬場であれば、軸としての硬度はかなり高いのかなと。両手前で永遠に加速していく走法は、馬券を買わなくても神々しさを感じるので、非常に楽しみなレースですね。

 

アーモンドアイに関しては心酔しているので、生粋の穴党ですがここは突き抜けて欲しいと思っています。相手も揃っているので、ここで勝利すれば現役最強馬の称号を手に入れられるのかなと。

 

不安材料は探せばあるのかもしれないのですが、一週前の調教も良さそうに見えたので、月曜日の段階ですが本命はアーモンドアイにしようと思っています。

 

さて、永遠にアーモンドアイのことを書きそうな気がするので、ここからが本題ですが、ジャパンカップ2018の穴馬は…

◎ ウインテンダネス

 

今回、内田騎手に戻るので個人的には相性が抜群に悪い騎手ですが、ここは単騎逃げが濃厚でキセキも逃げる可能性は、一応、あるとは思うのですが…。感覚的なもので申し訳ないのですが、ウインテンダネスの方が逃げそうなのかなと。

 

そもそも、過去10年のジャパンカップで逃げ馬が馬券に絡んだのは、2016年、2017年のキタサンブラックだけなので、ウインテンダネスはそこまでのレベルの馬ではないのですが、東京芝2400mは逃げ馬の好走率が高いので、今回、明確な逃げ馬がいないのであれば、アーモンドアイ様の紐としては期待できるのかなと思っています。

 

この馬が強いと思ったのは、目黒記念2018で、ノーブルマーズパフォーマプロミスを抑えての勝利だったのですが、ノーブルマーズは宝塚記念2018の3着馬で、サトノダイヤモンドキセキに先着していて、そこそこ強い馬なのかなと。

 

※ウインテンダネスは3番の黒帽子です。

 

このレースを見た時に、かなり強い馬だなと思っていて東京芝2400mであればG1でも勝負できるのかなと。思い込みが激しいのは生まれつきですが、直線で前が開かない不利があって、一瞬、外側に進路を取ろうとして正面が開いたので、そのまま追っているのですが、かなりチグハグな感じを受けたので、スムーズであれば突き抜けていたのかなと。

 

目黒記念2018は逃げた訳ではないので、逃げない方が良いような気もするのですが、内田騎手との相性はかなり良い馬だと思いますので、単勝万馬券であれば積極的に紐に入れたいなと思っています。

 

あと、東京芝2400mは、1枠の逃げ馬が良いというイメージがあると思うのですが、お金になるのは1枠以外の枠なので、誰もが同じことを考えるとオッズが低くなって回収率は下がります。

 

以下は、2010年以降、東京芝2400mで逃げた馬の枠別成績表ですが、外枠の馬の方が回収率は高いので、ウインテンダネスは外枠に入って欲しいなと。

東京競馬場 芝2400m 逃げ馬 枠別成績表

東京競馬場 芝2400m 逃げ馬 枠別成績表

 

それと、目黒記念2018のタイムは2分29秒7ですが、レコードタイムが確か2分29秒6なので、直線の不利がありながらこのタイムを記録しているので、相手はかなり強化されるのですが、激走する可能性は高いと思っています。

 

最終的には、データと調教で予想の印は打ちますが、今回はアーモンドアイの紐当てゲームだと思っているので、人気馬を紐にしても全く面白くないのかなと。面白いか面白くないかの2択で人生を生きているので、競馬で人生を語るなって話ですが、最近、全く重賞が当たってないので、今週末はがんばりたいと思います。

 

DarkHorseも含めて、よろしくお願いします^^