AI予想を無料で配信中!友だち追加

ホープフルS2022 予想オッズ

ホープフルS2022 予想オッズ

1番人気は、ガストリックですね。

三浦騎手が騎乗予定であり、今年、若手のG1制覇が目立ったので、最後の最後に、勝てばいいのになーというのが、個人的な意見ですが、ランドオブリバティからポイ捨てされてから、もう、2年が経過していて、あの事件(事故?)も、ホープフルSだったのですが、絶好の手応えで、ここで勝てそう!と思った矢先の珍走であり、大本命にしていたので、本当に懐かしいなと思っています。

さて、ガストリックは、前走の東京スポーツ杯では、内側でじっくりと末脚を溜めて、最後まで良い末脚を使い続けていて、着差以上に強い勝ち方であり、ハーツコンチェルトが出遅れて、惜しかったという見方もあるのですが、多分、出遅れていなくても、ガストリックの方が勝っていたと思うので、妥当な1番人気だと思いますし、三浦騎手という理由だけで、少しオッズが良くなりそうで、この辺りも、どの位のオッズになるのか、楽しみなのかなと。

もう、予想というよりも、見所をお伝えしている感じであり、特に、人気馬の場合、買い材料が豊富なので、あまり書く事がなく、既に、知ってるよ!という情報が多いと思うのですが、東京スポーツ杯の上位3頭は、レベルが高かったと思いますし、あまり荒れるレースではなく、今回も、人気上位の素質馬が、普通に馬券に絡みそうで、穴党の出番はなさそうですが、がんばって、屁理屈を捏ねてみます。

2番人気は、ミッキーカプチーノですね。

前走の最後の直線は、坂の手前付近から、他の馬が一気に辛くなっているのに対して、この馬だけ、早送りのような末脚であり、最後も、余裕で流していたので、新馬戦は、東京を、良い末脚で快勝して、前走は中山で、楽勝しているので、三浦騎手のG1勝利を阻みそうな気もするのですが、全く底が見えていないので、中山の適性も高く、馬券から切るのは、怖いというよりも、切る理由がないのですが、強そうだなと。

新馬戦のレベルが高く、3着は、グリューネグリーンであり、この馬は、京都2歳Sの勝ち馬ですが、勝負所からは、全く寄せ付けない競馬であり、現時点では、ミッキーカプチーノの方が、1枚も2枚も上手で、この馬のすごい所は、一番、きつくなる所で、スピードが落ちないので、東京スポーツ杯の場合、上位3頭は、全く余力がない状態だったので、ある程度、底は見えている気がするのですが、この馬は、まだまだ、走られそうな雰囲気を持っていて、もう少し、早目に仕掛けても、余裕で末脚が持ちそうで、520kgの大きな馬で、パワーはかなりありそうですし、前走でも、まだ、仕上がっていない気もするので、軸にしたいのですが、三浦騎手、ごめんね…って感じですね。

3番人気は、ハーツコンチェルトですね。

前走は、1.8倍の人気を背負い、スタートで大きく出遅れて、最後は猛追していたのですが、最後方から、大外を回して、直線一気の大味なレースで、最後、ガストリックに迫るのですが、最後の最後で、失速している風にも見えるので、脚は全く残っておらず、結構、無理をさせた一戦なので、今回、その影響が出そうな気がするのですが、褒められる騎乗では、なかったのかなと。

新馬戦の勝ち方が圧巻であり、過剰人気になりやすい馬で、新馬戦の他のメンバーは、その後、1頭しか勝ち上がっていないので、単に、相手が弱かっただけのような気がするのですが、ミッキーカプチーノの新馬戦のレベルは、かなり高く、今回、中山は初ですし、出遅れて、短い直線で追い込める位、甘い相手ではなく、それらを考慮すると、軸にするのは怖いので、末脚の性能は高いのですが、現時点だと、直線一気の末脚に頼るしか、戦術がなく、有馬記念のように、先行馬が崩壊すれば、出番はありそうですが、その場合、ガストリックの末脚には負けそうであり、色々とケチを付けていますが、そういう馬だと思っています。

少し、話が逸れるのですが、調教はどうやってチェックしていますか?というご質問を頂いた(noteの投げ銭、ありがとうございます。)ので、以下のページで、一週前と、最終追い切りをチェックしていて、有料ですが、トラックマンなどの情報がないので、バイアスが掛かりにくく、自分の目で判断したいので、そういう方には便利なのかなと。

⇒調教映像

調教のタイムは、ターゲットで確認しているので、他には、友人から調教の指数を頂いて、私は、調教を見る目がないので、ツールを利用して、総合的に判断しているのですが、無料だと、調教診断の上手いyoutuberを探して、情報を集めるのが早いと思っています。

新馬戦とか2歳戦の場合、調教だけで馬券が当たる事も多く、小倉競馬場に行った時は、大体、未勝利戦を中心に予想しているので、調教を見て、あとは、パドックで、馬の気配というか、性格診断をして、目が血走って、怒る狂っている馬で、1200mの短距離戦で、調教が、前傾ラップであれば、猪突猛進型で、一発、あるんじゃね?とか、馬の体型は、陸上選手と同じであり、胴が短くて、短足で、太い馬は、短距離は走るのかな?とか、かなり適当ですが、ダートとか、ボディービルダーの大会に近く、今年は、東京大賞典も楽しみですが、例年、予想は聞かれるのに、予想をした事がないので、今年は、仮に、ホープフルで負けたとしても、東京大賞典で取り戻す予定であり、大井は、AIのデータを持っているので、ご期待ください。

さて、ここからが本題ですが、ホープフルS2022の激走穴馬は…

ドゥラエレーデ

ムルザバエ騎手が騎乗予定であり、この騎手、先週の土日で、穴を空けまくっていて、馬質は、相当、悪いのに、馬券に絡みまくっていたので、今回、人気馬は素質馬が揃っていて、穴党の出番はないと思っていたのですが、ドゥラエレーデにムルザバエ騎手が騎乗すれば、先行して、鬼のように追われて、粘り込みを計れるかな?という感じで、今の中山は、先行馬に厳しい馬場であり、完全に、真逆の傾向に対して、この馬をオススメしているので、屁理屈以前に、無理がありすぎる反面、騎手だけで買えると思っていて、有馬記念の負債を増やせばいいのかなと。

因みに、有馬記念は、イクイノックスは軽視していた反面、ボルドグフーシュは、激推ししていたので、複勝の2.7倍は、地味においしかったのですが、私の友人も、モリアーナで散財した分は、取り戻しているので、タイトルホルダーは、申し訳なかったのですが、反省とか全くしていないので、予想が当たったレースだと認識しています。

さて、ドゥラエレーデの前走は、先に抜け出して、ムーア様に、これでもか!という位、追われており、最後は、ガストリックを含む、差し馬の3頭に、抜かれてしまったのですが、東京の長い直線で、素質の高い馬相手に、あそこまで粘れたのであれば、距離が200m延長しても、中山であれば、もう少し、がんばれるのかな?とか、こういうのを、予想ではなく、妄想と呼ぶのですが、他の穴馬は、買い材料とか全くなく、2歳のG1の時のように、新馬で速い上りを繰り出しただけで、穴を空ける!というのは、王道の予想ではなく、走ってみないと分からない予想なので、正攻法としては、持ちタイムが速く、強い競馬をした馬を買う必要があるのですが、東京スポーツ杯のレベルは高かったと思うので、ハーツコンチェルトの末脚を凌げば、自動的に3着以内になるのかな?という感じで、そういう意味で、期待しています。

血統的にも、東京の瞬発力勝負ではなく、時計の掛かる馬場で、パワー+スタミナ勝負が合っており、苦手な東京で、あれだけがんばれた!という見方であれば、ここは、条件が好転するので、騎手も覚醒中ですし、充分、勝負に値する馬だと思うのですが、前々走は、ダートで勝っていて、今の荒れた馬場であれば、他の馬が末脚を削られると思うので、ミッキーカプチーノに先着できるイメージは湧かない反面、複勝+ワイドだと、出番はありそうで、積極的に、狙ってみたいと思っています。

朝日杯のメンバーに比べて、素質の高い馬が集まっていて、ファントムシーフも、福永騎手で人気になりそうですが、前目から最速の末脚を繰り出しているので、強そうだな…という感じで、セレンディピティは、武騎手のG1完全制覇が掛かっているので、過剰人気になるとは思う反面、前走はかなり強く、調教も動いているので、この馬が勝っても、全然、おかしくないというか、三浦騎手、運がないなーという感じですが、この状況を跳ね返して、勝つ事に意義があり、アンチを黙らせて欲しいというか、私が黙る必要があるのですが、楽しみですね。

3連系の馬券は、全く当たる気がしないので、今回も、1点勝負か、ワイドの2点勝負を予定しているのですが、外人騎手でいいのかな?とか、適当な心も生じているので、こういう時こそ、AI様に相談だ!という話ですが、水曜日も、AI予想は、無料で公開しますので、馬券の参考にしてみて下さい。

中山の、全レース予想は、かなりがんばったのに、散々な結果であり、爆荒れした一日で、何だかなーと思うのですが、中山7Rのヴォーグマチネとか、単勝500倍台の馬であり、見た事がないオッズで、2着のデリシュレーヌは、良馬場の持ちタイムはメンバー中、最速だったので、買える馬ですが、他は無理ですね。

こういう馬券を、当てている方が、少なからず、存在している訳で、競馬って、特払い(的中者が存在せず、全員に払戻し。)がなく、JRA様が、全部、買っているのかな?と思っていて、時々、投票されていない買い目の案内とかあるので、特払いがあっても、不思議ではないのですが、このレベルで的中者がいるのであれば、永遠に、特払いは発生しないと思っています。

来年は、イクイノックスの敵は0で、昨年、エフフォーリアの敵は0と書いた気がするのですが、全然、ダメだった反面、有馬記念は、牛と酷評された割に、先行力も戻っていて、もう少し、絞れば、復活できるのかな?と、密かに期待しているのですが、面白いレースだったのかなと。

イクイノックスは、神々しいというか、本当に3歳馬なのか…という落ち着きで、返し馬の時に、オーラが漂っていたというか、かっこいいなーと思ったので、さらに、ファンは増えそうですが、ヒーローは最後に現れて、こういう馬がいると、競馬は楽しくなりますし、凱旋門賞とか、絶対に行って欲しくなく、タイトルホルダーも、お疲れであり、中山がダメという訳ではなく、体調の問題かな?と思うので、凱旋門賞後の馬の成績が不振という、情報を見た気がするのですが、ダメージは残っていたという話ですね。

一昨年は、重賞の予想が覚醒していたのですが、今年は、全然、ダメであり、毎回、色々な事を考えている割に、全然、当たらないので、競馬は本当に難しく、永遠に攻略はできそうにないのですが、逆に、それだから面白い訳で、錬金術の研究に似ているというか、昔、ツチノコに懸賞金が掛けられていて、大人が総出で、私も近所の山に、ツチノコを探しに行った覚えがあるのですが、とても馬鹿らしい行動だった反面、面白かったので、川口探検隊とか、好きで好きで、仕方がなかったのですが、今よりも遥かに、人間が純粋であり、TVも面白く、活気とか熱気があったので、贅沢な時代だったのかなと。

数年前から、今の時代で、当時の熱量を取り戻す研究?をしているのですが、とりあえず、渇望状態にすれば、満足感が得られるので、下ネタだと、オナ禁とか、登山で、体を散々、疲れさせて、下山後に、酒を浴びるほど、飲むとか、我慢が重要であり、スマホのゲームも、今は、毎日、ログインボーナスで、ダイヤを貯めていて、ガチャをして、強いキャラと武器が欲しいのですが、お金で手に入れてしまうと、興が醒めるので、健康以外、何でも手に入れられる環境で生きていますが、欲しいモノがないので、贅沢な悩みですね。

さて、今年も、数百万字位、ブログを書いたのですが、来年も、健康である限り、文章は書き続ける予定なので、音信不通になった時は、多分、死んでいると思いますが、引き続き、黒の馬券師&赤津を、よろしくお願いします。

来年も、楽しみまくりましょう。

AI予想を販売中!