AI予想を無料で配信中!友だち追加

少し、時間があるので、頭の体操的に、阪神カップを予想していたのですが、面白いメンバーが揃っていて、まず、軸は、ダイアトニックで良いと思っていて、近走は、適性外のレースで、G1でメンバーも強く、惨敗しても仕方がない内容だったのですが、阪神巧者であり、1400m専用機なので、阪神の成績は、3-1-0-0/4で、1400mの成績は、7-2-0-0/9で、共に、連帯率100%であり、軸としては、相当、買いやすい馬で、単複で特攻しても、データ的には悔いはなく、先週の日曜日の坂路調教では、この1年の間で、3番目の時計をマークして、外枠の成績が悪いコースなので、枠だけは割引ですが、それを引いても、このオッズはおいしそうだな…と感じる訳で、昔、スミヨン様が騎乗した時に、恐ろしい伸びを見せた馬で、当時、モズアスコットの単勝を、かなり賭けていたので、馬券は残念だった反面、矢のように追い込んで来て、阪神1400mは、お庭だと思いますし、何度見ても、オッズがいいですね。

グレナディアガーズは、今回、半年ぶりのレースであり、今年は散々な成績であり、前述したとおり、大外枠なので、割引が必要ですが、同レースの、昨年の覇者であり、C・デムーロ騎手が、ガンガン、追うと、異様に伸びる馬であり、調教は、終い重点ですが、伸びが素晴らしく、昨年と同様、大外から豪快に飛んできそうなので、過剰人気とは思う反面、妥当な人気馬だと思っています。

ただ、この馬を軸にする位であれば、ダイアトニックの方が、絶対にオススメですね。

ロータスランドは、1200~1600mを主戦場にしているのですが、高松宮記念では好走した反面、本質はマイラーだと思うので、相手が弱ければ、好走しそうな気もするのですが、今回、1400mの専用機が多く、その馬達に比べると、一枚、劣る気がするので、人気になっていますが、馬券から外しても面白そうで、一見、阪神の成績が良いので、飛び付きそうになるのですが、牝馬限定戦とか、オープン戦で、相手が弱かった時に好走しているので、んー…という感じなのかなと。

穴馬は、AIは下位で無印ですが、エントシャイデンが面白そうであり、国内での成績は悪い反面、斤量が59kgとかで、仕方ないな…という面もあり、この馬、4走前の安土城Sでは、ルプリュホールに、2kg、重い状態で先着しているので、そのルプリュホールは、スワンSで3着であり、エントシャイデンと、同等位の評価の馬だと思っているのですが、オッズ差を考慮した場合、エントシャイデンに軍配が上がるので、紐穴として、馬券に入れると、オッズが割れている分、おいしい配当を頂けると思います。

AIをガン無視するなという話ですが、今後、AIの隙間を狙う必要もある訳で、競馬の場合、他の方と同じ事をしていると、他の方と同じように負けるので、天邪鬼的な思考が重要ですが、適当に、逆張りをしている訳ではなく、その馬の実績とか適性、オッズから、お金になりそうな馬を選んでいるので、何度、馬券を外しても、時々の一発で、資金が戻って来るので、外れが前提の予想とか馬券は、ストレスも少なく、大口投票とか、馬券を外した時に、口から魂が抜ける気がするのですが、穴党だと、当たる方が稀なので、マグレです…というのは、率直な意見であり、本音ですが、今回もマグレに期待してみます。

買い目は…

単勝+複勝 14番

馬連・ワイド 14-12,16,18 3点

3連複 14-4,7、10、12,15、16,18 21点

資金配分は、面倒なので割愛しますが、複勝が当たれば、他の馬券分を回収できる感じで、1点の金額を調整すると、ダイアトニックの着順次第で、配当額が多くなるので、予算に応じて、ご検討ください。

カイザーミノルも、枠とか、適性的に、気になったのですが、前走は、先行して、絶好の手応えなのに、そこから失速していて、1400mだと、追走で脚を使わせられている可能性も高く、今回、人気落ちで、オッズ的にはおいしそうですが、上記の穴馬2頭の方が、魅力的だと判断して、買い目からは消しています。

横山騎手と、手が合っていなかった可能性も高く、荻野騎手との相性はいいので、気になっているので、見解を書いているのですが、結構、こういう馬が好走するので、買い目は多くなるのですが、気になった方は、狙ってみて下さい。

何れにしても、ダイアトニックが凡走すれば、馬券も爆死するので、その部分だけは自信があるので、直線の爆発力に、期待してみます。

毎週、重賞の予想をすれば、売上も伸びるのですが、買いたくない重賞も多く、重賞を捨てた事で、個人的な馬券成績は、大きく上向いているので、死なない程度の金額で遊ぶのが、良いと思っています。

三途の川は、有馬記念で一緒に渡りましょう。

AI予想を販売中!