AI予想を無料で配信中!友だち追加

中京記念2022 予想オッズ

中京記念2022 予想オッズ

1番人気は、ファルコニアですね。

好位から、速い上りで追い込んで来るので、先週は小倉競馬場に遊びに行ってたのですが、先行馬しか勝たん!という感じで、この勝たん!も、死語になって来ましたが、飲食店に勝たん!(しつこい。)を付けると、速攻で終わる気がするので、ぶっとびーとか、死語は死語でも、面白い死語を使った方が良いと思っています。

完全に話が逸れましたが、大崩れしない馬であり、他の馬に併せて仕掛けるだけで、3着以内には好走しそうですが、馬場が渋ると末脚が鈍るので、道悪になった時は割引が必要な気がします。

この馬は、生粋の阪神巧者の馬なので、あまりに軽い芝だと、キレ負けすることが多く、逆に、馬場が渋ると、それでもキレ負けするので、結局、勝ち味に乏しいというか、頭では買いにくい馬ですが、連系の軸には最適だと思っています。

1週前の調教は、かなり調子が良さそうなので、気が早いのですが、軸でも良いのかなーと考えています。

2番人気は、ミスニューヨークですね。

重賞でも好走しているので、今回のメンバーでは上位ですが、過去、小倉でダブルシャープに負けているので、ダブルシャープは、条件戦位までは強いと思っていた馬ですが、オープンは、時々、勝つことがあっても、重賞だと見劣りするので、ミスニューヨークレベルの馬であれば、負けたは行けない…という感じですが、小倉は得意そうではなく、先行総崩れの展開待ちになりそうで、末脚が不発というよりも、届かないイメージしか湧かず、こういう馬に大金を投じるのは、私には無理なのかなと。

過去の小倉でのレース映像を見ていると、少頭数で先行しても、最後はエンジンの始動が遅く、脚を余しているので、中山だと末脚がハマるのに、小倉ではダメで、不思議な馬ですが、なぜか、ソフトフルートと間違えるので、分かる方は、分かると思っています。

あと、デムーロ騎手だと、大体、出敗けして後方で待機するので、2018年に小倉で見た時は、ダートで、絶望的なポジションを取ることが多く、絶対に届かない…という感じであり、言葉は悪いのですが、先行お馬鹿の騎手の方が、良績を残せる競馬場なので、ミスニューヨーク×デムーロ騎手だと、後方よりも後方という感じで、ディスりまくっていますが、それ位、買いたくないということですね。

私の感想なので、ご注意ください。

3番人気は、カイザーミノルですね。

この馬は、1600m以下が得意な馬だと思っているので、1800mは長いと思いますし、横山騎手が騎乗予定ですが、先週の土日は絶望的な騎乗というか、レースに参加していたのかな…という感じで、滅多に小倉では見掛けない騎手なので、今年はかなり騎乗している反面、未だ0勝であり、先週も人気馬を馬群に沈めていたので、馬以前に、騎手で買いたくない馬なのかなと。

距離が微妙×横山騎手で、不安材料というか不満材料の2乗ですが、この馬に関しては、仮にデータが良くても、馬券から消そうかな…と考えていて、実績は上位ですが、馬券を買う際に納得感が出ないので、これで後方ポツンとか繰り出されると、ガチで腹が立つので、最初から買わなければいいと思っています。

さて、ここからが本題です。

中京記念2022の激走穴馬は…

ベステンダンク

前走は、複勝を買っている方は、悶絶したと思うのですが、最後の最後に外から3頭に差されて、本当にあと少しだった訳で、10歳になっても、相変わらず、逃げると粘るので、和田騎手が乗れば面白いなーと思っていたのですが、今回、和田騎手が騎乗予定であり、同型はベレヌスのみで、過去、一緒に走ったレースが1度だけあって、その時は、スタートはベレヌスの方が速かった反面、その後、ベステンダンクがハナを主張していたので、今回、どう考えてもこの2頭が先行すると思いますし、逃げ馬が明確な時は、馬券に入れた方が良いと思っているので、ベステンダンクは全く人気にならないと思いますし、軸というよりは紐穴として、馬券に加えておくと、夏競馬の醍醐味を味わえると思っています。

単に、逃げるので、買いましょう…という主張を、冗長に書いているだけですが、競馬の予想って究極的には、ベステンダンクがオススメです、で完結する気がするので、果たして、それの何が面白いのか謎ですが、私の場合、何をするにも、いちいち、色々なことを考えるので、自分で自分が面倒臭いのですが、あと40年位は自分と付き合う必要があり、最近は諦めています。

さて、ベステンダンクの前走は、楽に逃げられたという事もあるのですが、馬場も若干、渋っていて、時計が掛かる馬場であれば、さらに粘り込みを図れるので、恵みの雨に期待したいなと。

残念ながら、先週の小倉の馬場は、相変わらずの超・高速馬場なので、良馬場だとレコードタイムが出そうな位、スピードが出るので、壊れそうな気もするのですが、1200mとか、未勝利戦でも1分7秒台が出るので、パワー型の馬は、厳しいと思いますし、それだったら、ベステンダンクはダメじゃないか!とか、脳内のかなりえずきがうるさいのですが、本当にそうですね。(え?

もう、まともな感覚で予想をしても、本当に当たらないので、函館記念のハヤヤッコとか、意味不明な訳ですが、馬場が合っていたとはいえ、ダート馬でしょう…という感じで、さらに、意外と売れていたので、皆さん、上手すぎ…という感じですが、夏競馬に入ってから、適当に選んだ馬の方が当たるので、秋のG1までは、この調子で予想しようと思っています。

あと、昨年の同レースも小倉で開催されたのですが、出走頭数は12頭であり、4角は団子状態だったので、外からの追込み馬も伸びていた反面、今年のように頭数が多くなった場合、カテドラルのような脚質の馬は絶望的なので、昨年は2着だったのですが、去年の展開は、特別だった気がします。

的中を狙っても当たらず、穴馬を狙っても当たらないので、何を買っているのか?と、毎回、不思議になるのですが、前に行く馬を買っていれば、向こう正面位までは楽しめますし、大逃げの形になると心臓が止まりそうになるので、体には悪いのですが、娘は、何が楽しいのか分からないけど、JRAに就職すれば勝ち組!とか、今の時期、北九州大学のバイトの子が多いので、警備員は地元の方を雇用しているようですが、社会科見学として、競馬場に行くのも面白いと思いますし、私達のお金で、とても豪華な施設を作られているので、税金の還付というか、馬券の還付を受けるために、競馬場で遊ぶのも良いと思っています。

斤量に関しては、56か57kgの馬が好走しているので、あまりに軽いハンデの馬は、実力の差を埋められずに、記念受験というか、参加しているだけになるのですが、調子が良さそうな馬を買う方が良い気もするので、最終的な予想は有料になりますが、今回は、調教を重視してみます。

因みに、一週前の調教だと、坂路ではファルコニアが良さそうで、コースだと、ベレヌスが異様に動いているので、ベステンダンクよりも、ベレヌスにしようかなーとか、早速、裏切りを開始していますが、この2頭は、ファルコニアとの相性が抜群に悪く、目標にされて、最後、抜かれまくるので、それだったら、ファルコニアを軸にして、この2頭でいいのかも!?とか、スゲー適当ですが、最後はAI様のお告げを聞きたいと思っています。

今週末も引き続き、よろしくお願いします。

※今週から資格の勉強を始めたので、日記は不定期になると思います。

AI予想を販売中!