AI予想を無料で配信中!友だち追加

痛み止めの効果もあり、午前中は、少し散歩をして、その後、スーパーで減塩の商品を物色していたのですが、多分、私の場合、1日の塩分の摂取量は、15~20gかな?という感じで、高血圧にならない方が、おかしい感じですが、うどんの麺に、1gも塩分が含まれていたとか、ガチで知らなかったので、発見の連続だった訳ですが、おかげ様?で、楽しい時間を過ごすことができ、即時に計算できるように、頭に叩き込んでいます。

WHO(世界保健機関。)の塩分の摂取目標が、1日に5g以下であり、強制厚生労働省の男性の基準が、7.5g未満なので、3食だと、かなり厳しい数字であり、料理に、加工食品を使っていると、速攻で基準値を超えるので、結構、大変なのかなと。

醤油の塩分が凶悪なので、減塩醤油を使っても、かなりの量が入っていて、醤油を使わない工夫が必要になり、すき焼きとか、多分、無理ゲーですね。(さよなら、今半。)

外食の鰻定食とか、少なく見積もっても、10g位になるので、鰻はあまり好きではないので、二度と食べない食品に指定されたのですが、吸い物とか、具しか食べられないので、それだったら、最初から食べなくていいのでは?という感じであり、味噌汁も、結婚するまでは、食べたことがなかったので、個人的には不要ですが、家族には必要なので、この辺りは考える必要があると思っています。

以前、TVで、長野県の減塩活動の番組を見た時に、村人が家に入って来て、塩分計で味噌汁の塩分濃度を測り、塩分以前に、怖すぎでしょ…とか、減塩ではなく、別の部分が気になったのですが、味噌汁って、減塩してでも飲む液体ではなく、飲まなければ、減塩ではなく、絶塩じゃん、という感じで、私は、汁物は飲まない事にして、ラーメンも、汁を全部、捨ててから、食べればいいのかな?とか考えた反面、そこまでして食べなくてもいいのでは?と、自問自答の連続ですが、この脳内作業は、とても楽しいですね。

現在、10~11時位に、ご飯を食べているので、それをオールブラン+ナッツ+豆乳にして、生野菜をドレッシングなしにすると、多分、0.7~1g位になるので、夜は4g以内であれば、WHOの基準はクリアできるのかな?という感じですが、試しに、生野菜を食べたところ、今は、素材の味がおいしい!とか、思うのですが、次第に飽きそうだなーと、嫌な予感がしていて、最初がピークで、徐々に面倒になり、数週間後は、減塩とか馬鹿じゃね?とか、そういう展開も期待できるので、鉄は熱い内に打ての理論で、思った時に、何か書いておく事が重要なのかなと。

ただ、昼に豆腐を食べて、少し高い豆腐ですが、醤油を付けなくても、美味であり、以前、関東から人を招いた時に、豆腐がおいしい!とか言われて、スーパーで買える奴やん…って感じだったのですが、これは、酒のツマミとしては、アリかな?という感じで、嫁と娘用にも重宝しそうですし、醤油のスプレーも買ったので、一回の噴射で、どの位の塩分になるのかな?とか、調べていたのですが、これを他人に強要すると、発狂するので、宗教も、自分が良い!と思って、勧誘する訳ですが、大半が迷惑であり、シネー!とか思われているので、自分の中だけで楽しめば良いと思っています。

現時点の、酒のツマミとしては、豆腐と生野菜、あとはナッツ類で、無塩のピスタチオは大好きなので、これは継続で、アタリメとか、塩を食べているようなモノで、これも二度と食べられないかなーとか、そこまで、食べたい食べ物でもないので、別に問題はないのですが、鰹節を、そのまま食べても、結構、おいしく、冷静に考えると、今までは、醤油を食べていた気がするので、天ぷらとかも、天つゆが大好きであり、塩分依存症だった訳で、こりゃ、本格的に生活習慣を改めないと、脳梗塞で、キュルキュルパーだなーとか、腎臓結石になって、良かった気がします。

因みに、結石の原因は、塩分よりもシュウ酸なので、そちらを気にした方がいいのですが、結石よりも、高血圧の方がヤバイかなーと考えていて、嫁も血圧が高めなので、私の料理に問題がある訳で、今回、抜本的に見直しています。

マヨネーズは、カロリーが半分になると、塩分の量が増えるので、減塩という意味では、オリジナルのマヨネーズの方が良く、アレはアレで、体にダメージが通りそうなので、使う時は、オリジナルでOKという認識でいいのかなと。

ケチャップは、元々、塩分が少ないのですが、無縁のケチャップがあり、舐めた所、トマトジュースの無塩に近く、料理に使った場合、どの位、味が変わるのか、試してみる必要があるのですが、適当にオーロラソースを作って、舐めた結果、大差ないという判断で、1人分が、0.1か0.2g位の範囲のソースになるので、これをベースに、ハンバーグなどのソースを作ろうと思っています。

スゲー、手抜きな料理の場合、肉は胡椒だけで焼いて、野菜は、生のままで、サラダスピナーで、水気でおいしくして、鰹節をご飯に掛けて食べれば、相当、味気はないのですが、一応、食事っぽくはなるので、切って焼けばいいだけであり、肉をワサビで食べれば、それはそれで、おいしい気がするので、焼肉も、タレを食べていた感じなので、反省点しかないですね。

味覇(ウェイパー。)の塩分量とか、気絶レベルの数値であり、速攻で捨てたのですが、以前は、チャーハンに使っていて、これも、米とか卵ではなく、塩とか、化学調味料を食べていたのかーという感じで、滅多に使わないので、あまり減ってなかったのですが、もう、二度と買わないと思います。

パスタは、パスタ自体には塩分はないので、大体、2.5リットルのお湯で、1%の塩を入れて、パスタを茹でていたのですが、無塩だと、かなりマズくなるので、最終的に、パスタに残る塩分は、正確には計算できないので、食べられるレベルまで減らしてみて、嫁と娘を騙せる範囲を、模索してみようかなと。

チーズも、結構、塩分が多いので、1キレ0.5gで、そこまで多くありません…という説明を読むと、結構、多くね?という感じであり、パルメザンチーズで、量を調整すれば、味はそのままで、減塩できるのかなーとか、この辺りも、実験対象ですね。

あと、作ってみたいのが、無塩餃子で、餃子の皮だけ、塩分が含まれるので、中身はカスタマイズ可能であり、チューブのショウガとか、ニンニクの場合、塩分が入っているので、そもそも、餃子でチューブとか、邪道だと思っていますし、醤油と塩を抜いたレシピを検討すれば、全然、作れられるのかな?という感じで、ラー油は、唐辛子+油で、塩分は0ですし、餃子は、酢で食べてもおいしく、酒のつまみにもなるので、これはワクワクするのかなと。

塩分を抜けば、何でも食べても良い訳ではないのですが、今回は、とりあえず、今まで、無意識で食べていた塩分をカットして、修行僧にはならないように、味も追求したいと思っていて、嫁も、結婚当時は、ドレッシングなしで野菜を食べていたのですが、私の悪影響で、ドレッシング三昧になり、これは、大変、申し訳なかった(ごめんね。)と思っていて、まずは、オリーブオイル+胡椒、レモンなどの代用品から、徐々に、生野菜という感じで、時間を掛けて、味覚を戻す必要があり、ノンオイルの青シソドレッシングとか、塩水みたいなので、油を摂るか、塩分を摂るかになっていて、成分表示を見ると、本当に面白いので、各社、工夫に工夫を重ねていますがご苦労様だと思っています。

あと、海外帰りの方が、帰国した後に、最も食べたい食べ物で、卵掛けご飯を挙げていたので、これも、今までは、専用の醤油で食べていたのですが、甘辛い醤油に、ご飯を混ぜて食べている感じであり、主役と脇役が入れ替わっているのですが、鰹節と七味で、どういう味になるのか試してみたい(多分、マズイ。)と思っていて、味の素とか、塩分であり、代用品にはならないので、この辺りも、研究したいですね。

因みに、外食はOK!であり、塩分のチートデイと思っているので、どの位、外食が凶悪なのか、それも楽しみですが、減塩生活に慣れると、外食が無理になる可能性もあり、それはそれで、良いのかな?と思っていて、刺身を、醤油抜きで食べて、素材の味を楽しむとか、私には無理のような気がしますが、一応、目指してみます。

レモンサワーは、塩分が多めであり、もう、飲まなくていいなーと思う(極端です。)のですが、ビールは甘くて無理なので、少し贅沢なハイボールにしようと考えていて、おいしい炭酸水とかも探したいので、これも、楽しみなのかなと。

トリスは、絶対に無理(吉高さんは好きだけど。)であり、角も、んー…という感じなので、アイリッシュウイスキーになると、コストが高く、少し高いけど、まーいいかのレベルのお酒を探す必要があるのですが、気質的に、妥協ができないタイプで、嫁から、これを飲め!と言われると、毒でも飲む(嘘。)のですが、それ以外は、自分のルールに従わないと、モヤモヤするので、何も考えないというのが、耐えられないですね。

さて、減塩に関しては、まだまだ、考えることが多く、減塩関係の商品も、無数にあるので、一見、減塩っぽい商品でも、広告が上手いだけで、塩分量、多すぎ…とかあるので、それを見極めるのも、趣味の一環ですし、タニタの味噌とか、減塩のイメージが強いのですが、全然、減塩でもなく、しかもマズいので、この辺りも、自分で試して、最適化したいと思っています。

その内、僧侶メシとか、流行りそうな気はします(既出かも。)が、肉と魚を使わない、精進料理は、料理人の負担が重過ぎるので、絶対に無理ですが、寿命は、食べ物で決まると思いますし、以前から、何度も書いていますが、お相撲さんの寿命って、本当に短く、ボディビルダーも、高血圧の方が多いと思いますし、最後、どういう過程で、筋肉を失っていくのか?とか、興味を持っているのですが、筋肉も、あの世には持って行けないので、意識だけが、あの世に持って行けるので、さすがに、そこまで悟りは啓けていない反面、年々、欲が薄まっていて、平和な日が増えているので、柔和な感じで逝けたら、今世は成功なのかな?と思っています。

健康が一番ですね。

また、気が乗った時にでも、減塩に関する話を書きたいと思っています。

AI予想を販売中!