赤津です。

G1限定で馬券相当額(1着の馬の単勝オッズ×1,000円)をプレゼントしていますので、ご興味のある方はツイッターから応募ください。

参加条件は、黒の馬券師のアカウントのフォローとリツイートで、自動的にエントリーされます。

⇒馬券プレゼントに応募する。

レース後に、ツイッターで当選者の方をお知らせします。

打算的にプレゼントをするのであれば、フォロワーが多い方に忖度するのが良い気はしますが、忖度するのもされるのも大嫌いなので、抽選はあたれらというアプリを使って公正に行います。

さて、早速ですが、フェブラリーステークス2020の予想オッズです。

フェブラリーステークス2020 予想オッズ

フェブラリーステークス2020 予想オッズ1番人気は、インティですね。

昨年のフェブラリーステークス2019の覇者ですが、その後、1番人気に支持されながら勝てないレースが続いていて、逃げると強い反面、少しでも控えると前の馬を捉えない感じで、危ない人気馬なのかなと。

昨年までは、前目から良い末脚を繰り出していたので、番手で控えたとしても力でねじ伏せていたのですが、最近は、スタート後のダッシュ力も落ちていて、上りも速くないので、一時期よりも確実に力が衰えていると思うのですが、昨年のオッズは2.6倍で妥当だと思う反面、今年は2倍台だとかなり怪しい気はします。

昨年は、ドスローの展開で、後方からの差し馬は全滅だったのですが、レースとしては本当に面白くない内容で、今回、ドリームキラリが出走するかどうかは分からない反面、出走した場合、インティの嫌がらせ要員としては秀逸というか、レースが流れると思うので、密かに楽しみにしています。

1番人気の馬にケチを付けるのが好きなので、仮に1番人気の馬が勝った場合、ディスられる事も多いのですが、否定する事の代償と思っているので、死角のない人気馬は否定しない反面、今回は、オッズ的には5倍位だと思っているので、武騎手で人気になると思いますが、先週のマイラプソディの件もあるので、インティも4着以下に沈む事を願っています。

2番人気は、モズアスコットですね。

前走の根岸ステークス2020が衝撃的な内容で、スタートでは出遅れるのですが、その後の追走のスピードが破格というか、他の出走馬とのレベルが違いすぎて、着差以上の勝利だと思っていて、根岸ステークス2020の有料予想では、「初ダートで重賞初挑戦とか舐めている!絶対にない!」と豪語していたのですが、予想家の心を折られるような内容で、二重の衝撃でした。

※モズアスコットは、緑帽子の11番です。

今回、東京芝1600mなので、スタートが芝スタートという事を考えると、前走よりも有利になるような気がするのですが、他の馬よりも追走が楽であれば、かなり有利なポジションを取れるので、馬券には絶対に入れたいなと。

不安材料としては、芝を走っていた時は、1600mよりも1400mの方が良績なので、距離延長がどうかなと思うのですが、ただ、相手関係を考えた場合、能力だけで圧勝しそうな気もするので、インティよりもモズアスコットを軸にした方が、オッズ的には正解だと思っています。

さて、今回はG1なので、本来であれば、ここで穴馬を紹介するのですが、過去10年の傾向も書いておこうかなと。

正直、過去10年とか、出目に近いというか、サイコロを10回振って、6が5回出た!ので、11回目も6が出るはず!と、元も子もない事を書いていますが、他に参考となるデータがないので、妄想用にお使いください。

まずは、過去10年の配当額です。

フェブラリーステークス 配当額一覧表 過去10年

フェブラリーステークス 配当額 過去10年

2014年は、コパノリッキーが単勝万馬券で逃げ切っているので、馬券プレゼントをした場合、27万になった訳ですが、さすがに27万はプレゼントしたくないというか、事故もほどほどにして欲しいなと。

2015年以降、配当額は落ち着いていて、当レースは1番人気の成績が、過去10年で4-2-2-2/10なので、4着以下に沈んだのは、2013年のカレンブラックヒルと、2012年のトランセンドだけですね。

カレンブラックヒルの場合、初ダートがG1という暴挙だったので、当時、馬鹿なのかな?と思っていたのですが、マルカフリートの単複で勝負していて、似たような馬鹿だったのですが、馬券に絡まないのであれば、同じだと思っています。

次に、枠順別の成績表ですね。

東京ダート1600m 枠順別成績表 2010年以降

東京ダート1600m 枠順別成績表 2010年以降

フェブラリーステークスだけに限定すると、2と7枠の成績が良いのですが、コース的には1枠が不利で外枠がかなり有利なので、人気馬が1枠に入った時は、問答無用で馬券から消せるので、このデータはお勧めですね。

内枠信者の方になると、どんなレースでも1枠有利!と豪語していて、「脳みそ、あるのかな?」とか心配を超えて不安になるのですが、デマというのは思考停止で拡散される訳で、情報の真贋に関しては、自分の目とか頭で判断した方が良いと思っています。

お前は一体、何様なのか?と言われても、大体、殿様か俺様だと思っているので、正確にはキチガイの部類ですが、会社員時代、言いたい事を言えずに感情を封印した結果、寝たきりレベルで精神的に病んだので、仮に、経済的に困窮したとしても、好きに生きた方が良い気がします。

さて、油断すると競馬以外の話題になるのですが、ここからが本題です。

フェブラリーステークス2020の激走可能な穴馬は…

◎ ワンダーリーデル

ドスローで先行馬が有利な展開であれば、正直、出番は全くないと思っている反面、1分34秒台の高速決着になるのであれば、持ちタイム的にワンダーリーデルは、かなり面白い穴馬だと思っています。

前走の根岸ステークス2020は、1400mで、最後に34.7秒の良い末脚で追い込んできているのですが、途中で諦めているという感じというか、本番に向けて脚を図っている感じに見えたので、横山騎手は本当に不気味な存在ですが、確証は全くありませんが、ここは狙っている気がします。

1400m戦の場合、前の馬の脚色が落ちないので、差し届かない場面が多いのですが、東京1600mの場合、1400mに比べるとかなりタフなレースになるので、ワンダーリーデルの末脚が活きるというよりも、前の方の馬が垂れてくる感じですが、昨年のフェブラリーステークス2019は、柴田大知騎手が3番手を追走して、最後は力尽きていますが、後方一気の方が力を出せそうなので、昨年の着順は度外視して良いと思っています。

フェブラリーステークスに関しては、近年、前走が根岸ステークスの上位馬の好走が目立つのですが、武蔵野ステークスから、何かのレースを挟んで出走する馬の成績も良いので、ワンダーリーデルの場合、近2走の成績が悪いので人気にならない反面、武蔵野ステークス2019はかなり強い内容だったので、万馬券を狙うのであれば、馬券に入れたいですね。

※ワンダーリーデルは、青帽子の7番です。

経済コースを追走して、最後の直線では前が一団となっていたので、大外に進路を取るのですが、根岸ステークスも似たようなレース展開で、距離が短い分、最後は差しが届かなかったのですが、前述したとおり、1600mでは前の馬が垂れて来るので、展開次第では頭まであると思っています。

また、武蔵野ステークス2019の走破タイムは、良馬場で1分34秒6なので、ダートの場合、馬場が渋ると走りやすくなるのでタイムが速くなるのですが、2010年以降の良馬場では最も速いタイムなので、アルクトスの東京ダート1600mの持ちタイムは、オアシスステークス2019の1分36秒7ですが、ワンダーリーデルと比較して2秒位、違うので、勿論、展開によってタイムは変わりますが、速いタイムで走る事ができるというのは、本気を出せば速いタイムを出せるという馬よりも、事実面で有利なので、持ちタイムが速くて人気がないのであれば、積極的に狙うべきだと思っています。

少し話が逸れるのですが、特に未勝利戦の場合、レースレベルを比較するのが難しいので、2,3着の馬が人気になる傾向がある反面、タイムが優秀で2桁着順の馬が爆走する事も多く、レース数が少ない分、大口で勝負するのはかなり危ない気がするのですが、心理的に2,3着を繰り返していると、今回も3着以内は確実だろうという風に思い込むので、0.1倍のリターンを得るために、1.0倍のリスクを負うので、これほど頭の悪い買い方はない気がするのですが、負けが込むと思考回路がおかしくなるので、こういうのもギャンブルの醍醐味だと思っています。

さて、今回は、G1なので、もう1頭、穴馬を挙げておきます。

〇 ブルドッグボス

地方からの参戦馬ですが、元々、中央でも活躍していた馬なので、1600mは距離的に未知数な部分が大きい反面、JBCスプリント2019ではコパノキッキングを下しているので、仮に、コパノキッキングが当レースに出走した場合、1~3番人気に推されていたと思うので、単勝万馬券級のオッズであれば、紐として入れるのは面白いと思っています。

ブルドックボスは、同じ地方のノブワイルドと似たような能力で、ノブワイルドは、根岸ステークス2019の5着馬であるワイドファラオを浦和競馬場で下しているのですが、今回、中央の馬が戦績的にかなり微妙なので、地方馬の一発も、充分に期待できるのかなと。

南関競馬はよく分からないのですが、過去のレースを見る限り、折り合いとか不要でスタート後からガンガン、脚を使っているのですが、ブルドックボスの場合、JBCスプリント2019の内容がかなり強いというか、いつのまにかワープしていたので、駆け引きとか無視でレースをした場合、どうなるのか興味があるというか、ドスローの末脚勝負とか見ていても面白くないので、丸山騎手の決め打ちの騎乗とか好きですが、一応、JBCスプリント2019のレースを張っておきます。

※ブルドッグボスは、5番です。2分25秒から閲覧ください。

中央競馬と比べると、カメラが近い分、スピード感もものすごいのですが、最後の直線の手前の位置は、結構、絶望的だと思っていたので、注意して見ないと、いつのまにかワープしているのですが、コパノキッキングは道中、厳しい展開だったので、実力というよりも騎手の差だと思いますが、御神本騎手の追い方はリズム的に良いというか、騎乗に関しては全くの無知ですが、このレースに関しては、馬の伸びがすごい気がします。

今回、御神本騎手はミューチャリーに騎乗予定ですが、馬券的に、中央の馬や騎手から売れそうな気がするので、通常であれば、地方馬と中央馬の実力差が大きいので、馬券から全切りでも良いと思うのですが、今回に関しては、微妙な馬が揃っているので、穴党の出番なのかなと思っています。

色々と書きましたが、毎週、配当的に面白そうな重賞に関しては、週初めに無料で見解を書いています。

とてつもなく性格と口が悪いので、馬女様には嫌われるタイプですが、競馬界を維持しているのは、馬券を買いまくるおじさんだと思っていて、ギャンブル依存症の方が大好きです。

有料予想に関しては、月額3,980円(税込)で、激走穴馬、激走指数、鉄板軸馬、メインレース予想、大口投票、win5の予想を配信していますが、2020年は壊滅状態なので、今後、1日980円(税込)でお試し予想を販売しますので、偶発的に儲かった方は、月額会員になって頂ければ幸いです。

⇒1日だけ980円の有料予想を試してみる。

最後は宣伝になりましたが、週末は、持ちタイムの速い最速馬を無料で配信していますので、馬券の参考にして頂ければ幸いです。

引き続き、黒の馬券師をよろしくお願いします。