☆重賞予想と穴馬予想を500円で販売中!

赤津です。

昨日、嫁と発達障害の子の話をしていて、障害に関してはどうでもいいのですが、障害を持っている子を預かる民間の施設があって、かなり補助金が出る事業みたいですね。

例えば、障害の子を持っていて、自分だけ日曜日に遊びに行きたい場合、その施設に預けられる訳ですが、送迎だと補助金が多く頂けるので、送り迎えをお願いしないと嫌な顔をされるそうで、子供は商品なんだろうなと。

人身売買よりは遥かに良いと思う反面、自分の都合で子供を預けると、私の場合、罪悪感が酷くなりそうなので、邪魔者みたいな扱いはできないのですが、介護も似たような感覚で、お金があれば解決する問題とは思いますが、死という終わりがあるので、親のゲームオーバーまでは面倒をみたいと思っています。

嫁の祖父と祖母は、資産家だったので、ハイグレードな老人ホームに入っていたのですが、当初、老後はそういう施設で過ごせれば幸せだと思っていた反面、1人では外出できないですし、老人=商品な訳で、延命すればするほど、事業者の懐が潤う訳ですが、結局、1年もしない内に認知症になったので、老人ホームに入る前は、自転車で釣りに行くほど元気だったのですが、老人ホームに入る位であれば、孤独死を選択したいと思っていて、自分で何とかしなくては…という状態だと、そう簡単にはおかしくならない気がします。

脳細胞とか筋肉も使わないと減りますし、壊れない程度の負荷を掛け続けるというのが、現状維持の秘訣だと思っていて、競馬の予想は嫌でも頭を使いますし、黒柳徹子さんはジャイアント馬場からスクワットを教えてもらって、毎日、数十回、行っているみたいですが、1日に30回でも、年だと1万回を超えるので、継続は力なりですが、徹子さんは死ぬのを忘れている気がするので、最強を超えて最恐だと思っています。

さて、エプソムカップ2021の予想オッズです。

エプソムカップ2021 予想オッズ

1番人気は、アルジャンナですね。

末脚はかなり鋭い馬なので、東京は合っていると思いますし、1800mは久しぶりですが、2歳時にかなり速いタイムを出していて、時計に関しては、今の状態であれば余裕で詰められるのかなと。

ただ、軸にするには強調材料が少なく、面白味が全くない馬なので、前走のマイラーズカップ2021も、高速馬場でかなりタイムが速かったレースだった反面、上位馬のその後の成績が微妙で、レースレベルはあまり高くなかったと判断しています。

このレースレベルの判断は、頻繁に間違えるのですが、ダービー2021に関しては共同通信杯組が強いと思っていたので、ハマった時は上位を独占できる位、破壊力があると思っています。

レースレベルは、タイムと馬場、コース、ペース、出走メンバーで、最後は勘で判断しているのですが、今の時代、AIが優秀なので、レースレベルを判断できるAIとかあれば、購入したいですね。

話が逸れました。

2番人気は、サトノフラッグですね。

近2走が重馬場、不良馬場での惨敗なので、弥生賞2020は重馬場で完勝していて、能力だけで勝った気もするのですが、良馬場でも走るのかどうかが謎という意味で、割高な馬なのかなと。

菊花賞2020が3着で、現時点では過大評価されていると思いますが、ディープボンドはその後、かなり成長しているので、今回、良馬場であれば、真の状態が分かる気がします。

積極的には買いたくない馬ですが、紐には入れるかもしれませんし、入れないかもしれません。

こういう言葉を使う方って、友達が少ない印象です。

北九州の女性には多分、モテないタイプだと思います。

3番人気は、アドマイヤビルゴですね。

日経新春杯2021が、スゲー弱かったので、大阪杯2021も惨敗しているのですが、この馬も過剰人気になりやすい馬で、30倍以上とかであれば、巻き返しに期待したい反面、オッズが低いのであれば、買う価値は低いのかなと。

6億の馬ですが、仮想通貨の高値掴みみたいな馬なので、損切り=馬肉なのかなと思いますが、特に末脚が切れるタイプでもなく、100万回生き返ったとしても、軸にはしない馬だと思います。

人気馬の分析が雑というか、一応、買い材料のある馬であれば、それなりに褒めたり推すのですが、今回はかなり厳しい馬が人気上位になりそうで、馬券的にはおいしいのかなと。

グランアレグリアのような、ガチガチの強い馬がいるレースよりも、こういうレースの方が利益は出しやすいと思いますし、予想も楽しいので、レース選びはかなり重要だと思っています。

さて、余談だけで終わりそうですが、ここからが本題です。

エプソムカップ2021の激走穴馬は…

◎ フランツ

除外対象なので、除外の時は申し訳ないのですが、出走できるのであれば、かなり面白い穴馬なのかなと。

近年、当レースはメイSの上位馬が馬券に絡んでいるので、メイSの下位馬だとあまり好走しないとは思う反面、前走の内容であれば、先行してかなりしぶとい末脚を使えるので、前残りの穴馬は大好物ですが、脳汁も3割増し位で出そうな気がします。

※フランツは、緑帽子の10番です。

道中で早目に前に上がっていて、かなり脚を使っているのですが、1400m地点付近までは持ったままで、その後、追われてから隣の馬に躱されそうになるのですが、最後にさらに伸びていて、残念ながら、アブレイズには差されてしまったのですが、レース全体を考えると、かなりスタミナがあり、先行すれば簡単には垂れないと思っていて、複勝が激熱な馬だと思います。

最近、youtubeで、レース動画を使っていると、著作権侵害で削除されるみたいですが、JRA様って本当にお馬鹿だと思っていて、頭の固い組織に何を言っても無駄ですが、動画の再生数が増えると売上も伸びる訳で、売上が伸びれば税収も増える訳ですが、NBAのようにするとか、何らかの仕組みを作ればいいのかなと。

youtubeとか、動画の撮影と編集に、かなり時間が掛かるので、お金になってもやりたくないと思うのですが、広告収入位の対価は得て良いと思っています。

話が逸れたのですが、フランツは、過去のレース映像や騎手のレース後のコメントを見ていると、真面目に走らないタイプで、デムーロ騎手のようなスパルタ式が合うと思いますが、今回、菅原騎手が騎乗予定で、一気に人気が落ちるのであれば、逆に狙い目なのかなと。

菅原騎手は、今年、カラテで重賞を勝っていて、平場でも人気馬に乗ると好走する騎手なので、成績の悪いベテランの騎手を買う位であれば、菅原騎手の方が良い気がするのですが、斤量の恩恵はないので、その辺りはオッズに反映されると思っています。

ただ、後方から追いかけられる展開になると、逃走者のようにさらに逃げそうな気がするので、中団とか後方だと、向こう正面で終わりですが、元々、後方脚質の馬で、前走で先行して最後まで良い末脚を使えたので、今回も積極的に前に行きそうですが、この辺りに期待すると、スタートして下げると騎手にイラつく原因になるので、前に行けばラッキー程度で、レースを眺めれば良い気がします。

あと、全馬の一週前の調教も調べてみたのですが、アルジャンナが良さそうで、単に栗東坂路とラップが優秀なだけですが、一応、過去のタイムも確認しているので、アルジャンナに関しては、今年に入って調教のタイムも伸びていて、冒頭ではディスっていますが、状態面は良いと思います。

結局、私の予想を読んでも、何を買えば良いのか分からない気がしますが、一週間、悶々とする時間が楽しい訳で、何か欲しいモノとか、40歳を過ぎると少なくなると思うのですが、孫さんとか見ていると、「もっと稼ぎたい!」という欲がすごいので、強欲というのも才能だと思っています。

平均的な状態からお金持ちになるよりも、貧乏から平均的な状態になる方が、経験上、満足感が高いというか、中学生の頃、夏休みにテキ屋のバイトをしていたのですが、ボスの機嫌が良いと、1日に2万も頂いていたので、バブルって本当に素敵な時代というか、社会全体が浮ついていて、嫌な気分になった時は、バブル時代のドラマとか音楽を聞くと、気分が高揚するので、月曜日とか火曜日はオススメですね。

今後も、予想3割、雑談6割、宣伝1割位で文章を書きますので、雑談や宣伝に興味のない方は、他の良質なブログをお探し下さい。

なお、最終的な予想は、調教や枠番を勘案して、データを基に真面目に予想しますが、有料になりますので、ご興味のある方は、以下からお買い求めください。

⇒黒の馬券師|有料予想

今週末からは、本命党、穴党、重賞派という感じで予想を分類していて、必要な予想だけ購入できるように工夫しています。

なお、全部の予想が必要な方は、月額3.980円(税込)で見放題の会員専用サイトを用意していますので、こちらからお申込み下さい。

⇒黒の馬券師|月額会員

引き続き、黒の馬券師をよろしくお願いします。

☆大口投票を無料で配信中!