赤津です。

先週の有料予想は、毎日杯が、〇ー無印ー◎で、紐が抜けて(アレは無理…。)、日経賞は◎ー〇ー△で的中、マーチSは、◎ー無印ー〇で紐が抜けて、高松宮記念は、無印ー△ー無印で、高松宮記念はレシステンシアを◎にしていたのですが、残念、無念でした。

ただ、マーチSのメイショウハリオは、ブログでも推していたのですが、かなり自信があったので、勝負馬にも該当していましたし、向こう正面で追われているのを見て、無理だろうな…と諦めた反面、みやこSと同じような感じで伸びて来て、かなり気持ちの良い勝ち方だったのですが、特攻は成功しました。

※ボッケリーニも、ブログで推していたので、複勝は自信があり、特攻!と公言はしていない反面、馬券は買いました。

3着が同着で、複勝のオッズが下がり、運が良いのか悪いのか分からないのですが、特攻しても良いという時は、テンションが爆上りするので、そういう時は、便乗すると、結果が出ると思いますので、今回も特攻予定ですが、週末が楽しみで、仕方がないですね。

正直、大阪杯は、馬券的には無理ゲーだと思っているので、アフリカンゴールドの複勝を100円買って、ビールでも飲みながら、観戦しようと思っています。

本命党のドカンの方が増えそうで、大口投票のオッズも楽しみですね…。

さて、ダービー卿CT2022の予想オッズです。

ダービー卿CT2022 予想オッズ

ダービー卿2022 予想オッズ

1番人気は、カテドラルですね。

昨年の同レースの2着馬で、中山は得意だと思うのですが、前走の東京新聞杯2022が負けすぎな内容で、東京も、そこまで苦手な馬ではなく、末脚が不発すぎて、このレースを見ていると、軸にするには躊躇する訳で、昨年は、かなり強いと思っていた反面、ピークを過ぎている可能性もあり、ハンデ戦ですし、オッズほどの信頼度はないと思っています。

一週前までの調教は、可もなく不可もない感じで、状態面は好走時と同じような感じなので、調教で好タイムを出すタイプではないのですが、特に、割引きをする必要はない気はします。

2番人気は、ザダルですね。

前走の京都金杯2022は、トップハンデを背負っての快勝であり、左回りのマイル戦であれば、脚質的に、買いたくなる馬ですが、中山は、条件戦での勝ちはある反面、右回りは左回りに比べると、パフォーマンスを落とすと思っていて、東京とかで、狙いたい馬なのかなと。

中山の場合、人気馬+後方脚質の馬は、直線が短い分、届かない場面も多いので、穴馬+先行馬で、お祈りした方が楽しいと思うのですが、回収率的にも、先行馬の方が高いので、お金になる馬を買うのが正解だと思っています。

3番人気は、リフレイムですね。

前走が圧巻の内容で、最後の直線では右に走り続けていて、それを記憶している方も多いと思うのですが、馬の色が綺麗で、名前も神々しく、応援したくなる馬で、それがオッズにも反映されるのかなと。

馬体重の増加と共に、成績が向上していて、昨年の秋以降、馬が変わっている感じですが、中山の場合、内ラチに突っ込みそうな危険性を秘めていて、東京であれば、コースが広いので、前走のような競馬でも問題はないのですが、中山だとかなり窮屈になると思いますし、突き抜けた逃げ馬という訳でもなく、今回は試金石であり、人気になるのであれば、軽視しても良いと思っています。

ハンデ戦らしく、人気上位の馬が微妙で、こういうレースは得意というよりも、馬券を買うのが楽しいので、仮に、馬券で散っても、納得感が残るので、夏競馬のハンデ戦の場合、予想するだけ無駄ですね…という徒労感が酷いのですが、東京、中山、阪神、京都のハンデ戦は、ローカルのような、意味不明な爆穴は激走しないので、小穴とか中穴党の私としては、好みのレースですね。

さて、ここからが本題ですが、ダービー卿CT2022の激走穴馬は…

ダーリントンホール

予想オッズは、あくまで予想のオッズなので、レースの当日は、人気になると思うのですが、それでも、単勝で5倍もあれば、涎が出そうな馬であり、一見、5倍って地味に見えると思うのですが、3連単を100点、購入して、5万の配当と考えると、難易度は高いと思いますし、5倍を1回、当てれば、残り4回は失敗しても良い訳で、この辺りのオッズは、そこそこ、当たるので、精神的にも良い気はします。

さて、ダーリントンホールは、戦績を見ると、前走だけ好走して、それ以外は微妙…な感じに見える反面、2走前はG1で、0.6秒差、3走前は、G2で0.5秒差であり、前走は、エアファンディタの末脚が異次元で、相手が悪かったと思うのですが、今回のメンバーだと、1番人気でもおかしくないと思っていて、私の感覚がおかしい気もするのですが、それ位、おいしい馬であり、仮に惨敗しても、ナイスファイト!とか、思う訳ないだろう、バカタレがという感じですが、テンションが30%オンで、諭吉様を装填していて、レースが楽しみですね。

無料のAIでも、かなり上位になっていて、持ちタイムのレベルも高く、昨年の夏までは、終わったのかな…という馬だったのですが、秋以降、完全に別馬になっていて、周りが気づいていない内に、こういう馬で特攻!とか、ブログでバラしたくない馬ですが、私のブログとか、月間に20~30万位のpvしかなく、重賞だと全く影響がないので、馬券に入れて頂ければ、時々、お役に立てると思っています。

富士S2021では、ザダルに先着していますし、マイルチャンピオンシップ2021も、カテドラルに先着している訳で、対戦成績からも買いやすい馬であり、調教に関しては、毎回、速い時計は出さず、流している感じなので、状態面を見抜くのは難しいのですが、成長力という意味では、この馬が1番であり、褒めまくりな訳ですが、このレースで勝って、大阪杯で高見の見物ができれば、今週末の競馬は成功だと思っているので、重賞でも、馬券を買いたいレースと買いたくないレースは、明確であり、大阪杯は、高松宮記念のキルロード的な馬を探す方が増えそうですが、全然、違うレースなので、本命党の馬券が良い気がします。

キルロードに関しては、私は完全に無理なので、あの馬を馬券に入れるのであれば、他の馬も全部、馬券に入れる必要があり、点数が多すぎるので、毎回、そういう買い方をしていると、大半がトリガミ地獄で、リターンのMAX値だけを見るというのが、どうしてもできない性格で、意外と、慎重ですね。

お金の問題に関しては、頭を使うと、大体、解決できるので、老後は、健康上の不安はある反面、お金の不安は皆無なので、早目に準備しておけば、数十年、時間があるので、楽勝だと思うのですが、馬券は、余剰資金で買うべきであり、生活資金とか借金だと、冷静な判断ができないというか、負けが込むと、一気に取り戻したくなる訳で、その状態になると、負債を取り戻せるオッズを狙う訳ですが、そんな馬券が当たるはずもなく、時々、当たったとしても、最後は死亡するので、死なない程度で馬券を買うというのが、正解だと思っています。

粗品さんの動画は好きなので、あの買い方であれば、その内、大きな配当が当たりそうで、応援しているのですが、エア馬券でも良いと思うのに、律儀に馬券を購入していて、好感度MAXというか、競馬で負けた時に、動画を見ると、溜飲が下がるので、上を見るよりも、下を見た方が、人生は楽しくなると思っています。

アメブロのエビマヤとかも、ワイドショーで扱えない位、ぶっ飛んでいますが、傍から見ていると、最高ですよね…。

毎日、面白いことが多くて、一時期、コロナで地元のイベントが下火だったのですが、最近、催し物も多くなっていて、昨日は、福岡市の博物館でエジプト展に行って、その後、小倉駅で古本祭り?が開催されていたので、スゲー、レアな本が高額で売られていたのですが、1冊、欲しい本を手に入れたので、テンションは振り切っています。

今週末も引き続き、よろしくお願いします。

☆有料予想を500円で販売中!