AI予想を無料で配信中!友だち追加

CBC賞2022 予想オッズ

CBC賞2022 予想オッズ

1番人気は、アネゴハダですね。

前走は2勝クラスですが、文字どおりの完勝であり、今回、49kgであれば、裸同然な訳で、騎手に対して、減量、お疲れ様です…という感じですが、デブカリ界の橋本環奈様(えみっくす)を見ていると、レンタルしたくなるので、餅田コシヒカリ様とかも素敵(だが、デブ専ではない。)ですが、アネゴハダの話に戻ります。

桜花賞の3着馬である、ナムラクレアが函館スプリントSで、50kgで完勝していたので、アネゴハダも似たような感じで圧勝!というのは早計と思っているのですが、軽斤量が好走するレースな反面、3歳馬に関しては過剰人気の馬も多く、この馬を買う位であれば、テイエムスパーダの方が良いのかなと。

アネゴハダは、久しぶりの1200mであり、小倉の場合、テンで置いて行かれると終わるので、枠次第ですが、テイエムスパーダの方がスタート力があり、一目散に逃げそうなので、開幕週ですし、逃げ馬の距離短縮であれば魅力的ですが、追走に苦慮しそうなので、割引きだと思っています。

2番人気は、タイセイビジョンですね。

昨年の同レースは、後方から上がり2位の末脚を繰り出していたのですが、外差しの馬場だった分、届かなかった反面、後方一気の馬であり、実績は認めますが、適性という意味では別のレースの方が狙い目であり、勝ち味に乏しく、阪神の1400mで期待した方が良い馬なのかなと。

過去のレースを見る限り、最後の直線で、他の馬が坂で垂れた所を、外側から強襲という感じなので、小倉だと、多分、レースが終わった後に強襲!とか、末脚を見せて終わりだけのような気がするので、斤量も57kgで見込まれましたし、この馬を軸にする位であれば、後述しますが、ファストフォースで良いと思っています。

小倉の民からは、敬遠されそうな馬ですね。

3番人気は、ファストフォースですね。

前走の高松宮記念では、最後は力負けで力尽きている反面、メンバーのレベルは高い訳で、悲観する内容ではなかったと思うのですが、昨年に比べると力が衰えている感じはしますし、昨年は、テンのダッシュ力も素晴らしく、高速馬場であれば付いていける馬が皆無だったのですが、今年は微妙なのかなと。

このレースは、軽ハンデの馬が好走する一方で、重ハンデの馬も3着に絡むので、実績のある馬は軽視できないのですが、逃げて粘る戦術しかなく、控えて前の馬を差せるタイプではないので、斤量の分、テンの速度は落ちると思いますし、昨年は52kgでの快勝なので、人気馬の中では期待できると思いますが、不安材料も満載であり、予想オッズ位の価値はないと思っています。

夏競馬のハンデ戦は、本当に難解というか、大体、レース後に、予想するだけ無駄ですよねーという感想しか出ないので、18面のサイコロでも転がしていた方が良い気がするのですが、一応、これでお金を頂いているので、20%位は全力を出そうと思っています。

さて、ここからが本題というか、えみっくすが本題(デブ専曰く、オッパイに腕と脚が生えているらしい。)だったのですが、CBC賞2022の激走穴馬は…

スティクス

今回、戦績とかハンデから、期待値の高そうな馬を探してみたのですが、テイエムスパーダもバレていますし、夏競馬は上手い方が多く、小穴、中穴が穴人気して、爆穴が好走するという構図であり、そんな馬、買える訳ない!とか、毎週、ボヤいていますが、ただ、春も秋も似たような感じで、もう、私が自信を持って当てられるレースとかないのかなーと思っていて、AI様のお告げに期待するのが、一番、良いと思っています。

私のプレミアムプランも、AIの予想を買いまくって、過去のデータを検証した後に、再現性のありそうな馬を推奨しているので、PS5の転売よりも、少しだけ工夫しているのですが、予想家のプライドとか皆無ですね。

データだけは豊富に持っているので、調教も数値化していますし、予想家ではなく、データの販売屋に転職すれば、生きながらえるような気はします。

さて、スティクスですが、近3走は二桁着順であり、前走は52kgで惨敗しているので、買い材料は全くない感じですが、テンの速度は一等賞の馬であり、前走は新潟の直線競馬で、頭を取っていたので、今回のメンバーであれば、意図的に控えない限り、逃げは確実だと思いますし、番手をキープした時は、脳内で、死ねばいいのにね♪が大合唱しそうですが、逃げてナンボの馬ですね。

時系列で調教のタイムを見ていると、タイムと成績が連動しているタイプであり、今回、栗東の坂路ではかなり動いているので、夏の成績も良く、スマートリアンとか、夏を避けている馬ですが、この時期、パドックなどで異常に発汗している馬は、確実に凡走するので、暑くて、暑くて、本当に暑いのですが、散歩をしても全く気持ちが良くなく、冷房の効いた部屋で、スイッチ+エアロバイクとかで、運動不足を解消しようと思っていて、10月位まで、引きこもるのが正解だと思っています。

この時期、満員電車の映像を見ていると、パニック発作が出そうになるので、想像力が豊かすぎるというのは、結構、辛いのですが、VRとか使わなくても、自前のVRが優秀なので、臭いも再現できますし、五感を鍛えた方が良い気はします。

正直、このレースは、買うだけ無駄というか、当たってもマグレ感が強く、同じメンバーで競馬をすれば、スタートの内容で、毎回、結果が変わるようなレースだと思っていて、このレースで散財する位であれば、勝負馬で散財した方が良いと思いますし、勝負馬の成績は、5月は死亡した反面、6月には盛り返しているので、ダートの馬の内、勝負気配が強い馬を選んでいるので、ガチガチの馬ばかりではなく、時々、小穴を空けるので、紐も厳選していて、この予想だけは有料の価値はあるのかなと。

勝負馬 2022年 成績表

余談ではなく、宣伝に突入していますが、勝負馬は、多分、夏競馬でも結果を残せると思うので、能力があり、枠にも恵まれて、ローテーションに無理がなく、馬体重もあり、ガチガチのオッズではないとか、条件を厳選しているので、対象馬は少ない反面、出現すると好走しますし、さらに、勝負馬の内、先行力のある馬に特化すれば、回収率は伸びるのですが、数週間に1頭しか出現しないとか、買う機会が激減するので、月に20以上が目安だと思っています。

さて、ここからが余談ですが、先日、娘の期末テストの結果が返って来て、平均点は90点を超えていたのですが、家庭教師の結果が出て、良かったのかなと。

今回のテストで、先生の特性も見えて来たので、例えば新卒の先生の場合、変化球ではなく、教科書のワークから、そのまま出題されるので、勉強すれば点数が取れるので、毎日、復習と予習を繰り返して、試験前にワークの問題を解き、間違った問題だけ復習していれば、効率的に高得点を取れると思います。

一方で、厄介なタイプも存在するので、暗記しただけではダメであり、そこから二次的な問題に派生するタイプで、答案が返された時に、先生が、高得点の生徒の時だけ、嫌な顔をする…とか、ひねくれているという感じですが、娘から、そういう情報も頂けるので、変化球型の場合、平均点が下がるので、逆に、良い評定を取りやすくなるのですが、相対評価ではないので、結局、ある程度の点数を取って、提出物を出し、授業も普通に受けていれば、内申点は確保できる気がします。

今、懸念しているのは、娘の中学校には、予想問題というのがあり、各クラスで頭の良い子が、学習委員になって問題を作るのですが、この問題が、定期テストの内、3割を占めているので、これを完璧に暗記していれば、確実に3割は点数を稼げるので、点数が良かったとしても、デキレースの部分があり、本当の実力が備わらないので、定期テストの点数で油断すると、模試で愕然としそうですが、その辺りの対策も立てていて、真の実力が備わるように、工夫しています。

ある程度の段階で、地頭力が一定レベルに達すると思うので、そこまで来れば、もう、放置していても勝手に頭が良くなる訳ですが、本を読まない子が多いというのは、読解力が弱い子が多い訳で、容易に差別化できるチャンスですが、ネットとか、基本的には画像と文章で構築されているので、読解力というのは、死ぬまでの武器になりますし、私の家系は本が好きなので、遺伝していて良かったのかなと。

本の読み方も、小学生の内に教えているので、小説に関しては、最初から読まないと楽しめないのですが、その他の本は、目次を見て好きな部分から読ませているので、学校の場合、最初から読むように指導される反面、昭和脳すぎるので、雑誌を最初から全部、読みますか?という感じで、はじめにとおわりを読んで、目次を読めば、その本のポイントを理解できる訳で、速読とか多読をすると、知識に厚みが出て来るので、1冊の本を永遠に読むのも悪くはないと思う反面、多様化の時代だと、ズレている気がするので、広く浅く、色々なことを学ぶのが良い気がします。

その中で、最終的に自分が好きな分野を発見して、リソースを全投入して人生を満喫すれば、死ぬ直前に、やりたいことは、全部、やった!という状態になるので、大体、死ぬ前に後悔するのが、我慢しなければ良かった…とか、家族を大切にすれば良かったなど、意識すれば簡単に解決するモノが多く、この本とか、150ページ位までは、共感できる内容が多い(後半は微妙。)のですが、やりたいことは、今、やった方がいいのかなと。

⇒DIE WITH ZERO

今日、やりたいことは、ル・クルーゼの鍋で、ミートソースを丁寧に作ることと、ディアブロ3、インコとの親和性を高めて、寿命までにニギコロを実現する位で、アホか…って感じですが、寝る直前に、今日も良い日だったなーという日が多く、充実感は半端ないですね。

日本史を学んでいると、今が最も、贅沢な時代だと思いますし、香辛料って金と同じ価値で、危険を覚悟で航海に出ていた!とか、そういう記述を見ると、ダイショーの塩コショウが金に見えて来るので、ロシア産の金の輸入が禁止になりましたが、コショウの輸入ができなくなる方が、私にとっては一大事だと思っています。

今週末も引き続き、よろしくお願いします。

AI予想を販売中!