↓↓↓無料予想↓↓↓ 友だち追加

1番人気は、アサカラキングですね。

前走はテンの3Fは32.9秒で逃げ切っていて、高速馬場のスピード勝負だとこの馬を捕まえられる馬はいないのかな?と思っていますが、時計の掛かる洋芝のレースなので函館は割引ですね。

ただ、2走前は阪神1400mの重馬場で2着に好走しているので、函館は2000mの経験しかなく、短距離であれば走りそうな気はします。

スタートはそこまで速い馬ではないのですが、スタート後の加速が半端ないので、多少、ゲート離れが悪くても逃げられるのかなと。

前走に比べると1kgのマイナスなので、斤量はかなり有利だと思いますし、阪急杯の上位のメンバーはかなり強いと思っているので、軸で良いと思っています。

過去10年で逃げ馬の成績は3-1-0-6/10であり、逃げ馬は穴を空けまくっているので、実力のある逃げ馬だと鉄板級のデータでは?と思う位、逃げ馬と相性の良いレースですね。

開幕週ですし、大外枠以外であれば軸にして紐を探せば良いレースだと思います。

 

2番人気は、サトノレーヴですね。

当コースの成績は1-1-0ー0/2であり、洋芝の適性は高そうな馬ですね。

過去のレースを見る限り逃げ馬をマークして最後に差すスタイルですが、阪急杯ではアサカラキングの影も踏めていないので、1200mでは差せないのかなと。

今回、テンが速い馬が揃っているので先行できるかどうかも怪しいですし、春雷Sと当レースの相性は良いのですが、この馬を軸にする位であればアサカラキングで良いと思います。

5~7番手追走で、差し届かない未来しか見えないですね。

鞍上もモレイラ騎手から弱化ですし、積極的に買う理由はない馬だと思います。

 

3番人気は、ビッグシーザーですね。

過去の戦績を見る限り好走時は展開に恵まれている馬なので、実力でねじ伏せたレースが少ない気がするのですが、あまり強そうには見えない馬なのかなと。

今回、洋芝は初であり、過去1年の時計も1分7秒9が最高ですが、2歳時の方が強かったのでは?と思う位、成長を感じない馬ですね。

ここで勝てば強いなーと思いますが、人気に推されるのであれば切っても良い気がします。

毎回、能力以上に人気になって、人気を裏切る印象が強い馬なので、割高ですね。

ただ、ビッグアーサー産駒の函館の成績はかなり良く、ビッグアーサー自体は高速馬場専用機だと思っていたのですが、産駒に関しては函館の成績が最も良いので、血統面では買える馬だと思います。

私は、お金を投じたくない馬です。

 

さて、ここからが本題ですが、函館スプリントの激走穴馬は…

◎ ジュベリーヘッド

アサカラキング以外は、どの馬でもチャンスがありそうな印象ですが、中途半端な馬を狙うよりも函館巧者のジュベリーヘッドを狙うのが面白いと思っています。

函館1200mの成績は、0-4-0-0/4であり、当レースは2年連続で2着ですね。

夏競馬はリピーターという格言(?)もあるとおり、昨年に好走した馬はとりあえず生の精神で馬券に入れるのが良いと思っています。

夏競馬は輸送と調教、気温の影響が大きいので、実力どおりの結果にならないことが多いですし、今年は馬の調子だけで馬券を買おうかな?と計画しています。

買わないのが一番なんですが…。

ジュベリーヘッドの話に戻りますが、昨年は春雷Sで惨敗して当レースで巻き返しています。

今年もローテーションは同じであり、前走の春雷Sは9着に敗れていますが、時計は1分7秒5であり、着差は勝ち馬と0.4秒差なので悪くなかったのかなと。

レース映像を見る限り完全な力負けですが、昨年の春雷Sも力負けにしか見えないのに当レースでは巻き返しているので、今年は騙されないようにしたいと思います。

少し前から高・適性の馬をツイートしていますが、好走率は高いので馬券に入れることをオススメします。

終わっている可能性も高いのですが、他に穴馬として買いたい馬が皆無ですし、アサカラキングの単複を本線にして紐荒れを楽しみたいですね。

安田記念ではナミュールが紐を抜けて、芸術的な買い目で馬券を外したのですが、軸馬の精度は高いので3連複、3連単は本当に難しい馬券だと思っています。

下期のG1は単複の特攻スタイルで、下手くそを隠す予定です。

夏競馬は守りながら攻めたいと思います。

引き続き、黒の馬券師をよろしくお願いします。

限定予想を販売中!