赤津です。

さて、早速ですが、青葉賞2020の予想オッズです。

★noteで有料予想を販売中!

青葉賞2020 予想オッズ

青葉賞2020 予想オッズ

1番人気は、フィリオアレグロですね。

一応、レーン騎手が騎乗予定ですが、今年の共同通信杯2020のレベルが高かったとは思えない訳で、前走は+18kgで、その状態で0.7秒差の3着であれば、強い気もするのですが、皐月賞2020では共同通信杯組は惨敗しているので、1番人気になるのであれば、微妙な気はします。

人気先行型というか、かなり期待されている馬なので、ここで勝てばダービーも期待できそうな反面、走ってみないと分からないという馬は基本的に嫌いなので、持ちタイムのレベル的にはかなり低いのですが、軸にするよりも紐の方が良いと思います。

2番人気は、オーソリティですね。

青葉賞の場合、前走がアザレア賞と弥生賞組の成績が良いのですが、弥生賞の上位馬も皐月賞では通用していないので、共同通信杯組と同じく、レースレベルの見極めが難しいのですが、レースの内容的には悪くないので、押し出された人気馬なのかなという感じです。

前走はかなり馬場が悪かったので、先行して切れる末脚が使えるという意味では、軸にしやすい気もしますが、今回、東京は初なので、ポジションを上げて行くような感じだと、最後は垂れそうな気がするというか、少し妄想が入って来たので、この辺りにしておきます。

3番人気は、フライライクバードですね。

今回、東京は初ですが、今回の中で最も末脚が切れる馬なので、2400mも二度経験していて、後方一気ではなく前からでも末脚を繰り出せるので、人気馬の中では最も軸にしやすい馬なのかなと思います。

前述したアザレア賞の勝ち馬なので、2015年以降、アザレア賞の勝ち馬が100%で馬券に絡んでいるので、データ的にも推せますし、直線からのヨーイドンであれば、最も強そうな馬だと思っていて、この馬の後ろから抜くというのは、今回のメンバーだと物理的に不可能な気はします。

東京であれば、前が壁になりにくいと思います…。

さて、人気馬はどうでもいいのですが、ここからが本題です。

青葉賞2020の激走可能な穴馬は…

◎ メイショウボサツ

今回は、馬の能力とか戦績よりも、前走のレースを重視していて、青葉賞の場合、2017年位までは、大寒桜賞の勝ち馬を軸にすれば当てるのが簡単なレースで、昨年はリオンリオンが5番人気で1着だったのですが、今回、メイショウボサツもオッズ的には舐められそうな反面、前走のレース内容は悪くないので、ディアスティマを買う位であれば、この馬の方が良いと思っています。

※メイショウボサツは、緑帽子の6番です。

道中は、かなり行きたがる素振りを見せていて、気性が若いというか、かなり上下に重心が動いているので、フォームはあまり良いとは思わないのですが、馬のやる気がみなぎっていて推進力がある馬なのかなと。

直線の攻防では、先に前に出た分、最後は甘くなって2着になりそうな展開の中、ディアスティマが迫ってからはさらに加速しているので、叩けば叩くほど伸びそうな気がして、弥生賞は+10kgで後方ポツンで、全くレースに参加していなかったのですが、参考外だと思っています。

かなり粗削りな馬なので、右と左の脚力差があるので、横にもフラフラしている反面、瞬発力は非凡なので、まっすぐに走った場合、どうなるのか楽しみな馬ですが、ガロアクリークに似ている感じで、スイッチが入れば暴走しそうな反面、気が向かないと走りそうにないというか、気分屋的な雰囲気を持った馬のような気がします。

馬の好きなように行かせた場合、どうなるのか非常に気になるのですが、良馬場も重馬場の経験はある反面、持ち時計は平凡なので、今回はポテンシャルという部分にフォーカスして、暴走しそうな穴馬を推奨しています。

タイムだけだと、弥生賞のタイムは価値が高そうなので、アラタとか推奨しようと思ったのですが、レース映像を見る限り、特に強さを感じないというか、ド根性的な馬が好きなので、好みではないのかなと。

サトノ系の馬になると、超・優等生的な馬が多いので、能力差で圧勝することが多いのですが、並ぶと強い馬というのは、馬券を買っていても面白いので、特に内側から差し返す馬というのは、後日、好走することが多い気がします。

3歳馬の場合、数か月で馬が化けることも多いので、過去のデータよりもレース映像を見て、強いのか弱いのかを判断するのが、馬券に繋がるのかなと。

あとは、調教もかなり重要なので、古馬だと状態を測る上では注視している反面、若い馬の場合、過去の調教のタイムと今回のタイムで成長力を測ることができるので、当たり前のことを偉そうに書いていますが、レース後に調教からは買えた馬と思う事は多いので、それをレース前に確認するのは、重要な気がします。

私の場合、変態的な調教マニアの友人がいるので、マイラーズカップ2020でインディチャンプの調教が悪いというので、印を下げたのですが、ご存じのとおり圧勝で、全然、話が違うとか言うと、調子が悪くても能力が抜けていたとか、蹴りたい背中ってお前の背中なんだろうなと、ブログを使って友人をディスるのですが、とても有益な情報を頂いているので、利益がある限り友達でいたいなと思っています。

最後は宣伝になりますが、今週から、会員専用サイトで南関競馬の買い目も配信しています。

noteで100円で販売しているのですが、南関競馬の場合、正直、予想するだけ無駄というか、中央競馬でSSランクの馬が凡走するので、鉄クズ馬とか改名したくなるのですが、軸馬に関しては自信があるというか、南関野郎様から頂いたデータを元に選んでいるので、私よりも遥かに信頼できると思います。

⇒南関野郎

100円予想は以下から購入できますので、コロナの暇潰しにお使いして頂ければ幸いです。

見解とかは、全くないので、ご理解ください。

⇒南関競馬|100円予想

今週末も引き続き、黒の馬券師をよろしくお願いします。

★noteで有料予想を販売中!