愛知杯2019|予想オッズと激走穴馬!|一撃必殺の直線巧者の末脚に賭ける!

赤津です。

インフルエンザが猛威を奮っていて、何となく体調が悪いのですが、昔、タミフルを飲んでマンションから飛び降りそうになったので、リレンザの方がいいなと。

最近は、ゾフルーザが処方されるようで、1回だけの服用でウイルスの増殖を抑制するみたいですね。

時々、インフルエンザでマスクをしない方とかいますが、「私は大丈夫!」的な感じな反面、法定伝染病なので、マスクの着用をお願いしたいなと思っています。

君は大丈夫でも、周りは大丈夫ではないので…。

さて、軽く毒を吐いた所で、愛知杯2019の予想オッズです。

愛知杯2019 予想オッズ

愛知杯2019 予想オッズ

出典元:netkeiba

1番人気は、ノームコアですね。

ルメール騎手が騎乗予定で、土曜日はデムルメ様が中京競馬場のようなので、東京と京都は狙い目なのかなと。

最近の重賞は、オッズを見なくてもデムルメが1,2番人気なので、どちらか一方を軸にしておけば当たるのですが、2015年以降、中京競馬場の重賞戦でルメール騎手の勝利はないので、逆らっても面白いかなと思います。

特にルメール騎手の場合、4大競馬場(東京、中山、阪神、京都)の芝コースでは、複勝率が約46%に対して、ローカルだと40%位なので、今回はハンデ戦で隙はあるのかなと。

騎手の話ではなく馬の話をしろという感じですが、外人騎手に強い馬が回ってくる状況なので、人気馬の強調材料を探すだけ時間の無駄のような気がします。

ノームコアの場合、紫苑ステークス2018がかなり強い内容で、エリザベス女王杯2018でも好走していて、特にケチを付ける部分はないですね。

持ちタイムも速いので、馬券には入れる予定です。

さて、ここからが本題ですが、愛知杯2019の激走穴馬は…

◎ コルコバード

そこまで穴馬という感じでもないのですが、単勝で10倍以上であれば積極的に狙ってみたいなと。

前走のエリザベス女王杯2018以外、上りは全て3位以内で強烈な末脚を持っています。

今回、中京コースは初めてですが、新潟が0-1-0-0/1、東京が4-2-1-0/7と、直線の長いコースだと複勝率100%で、中京コースでも面白そうだなと思います。

2000mは初出走なので、持ちタイムの比較はできないのですが、2200mのタイムは中山で2分12秒1と優秀なので、ここでも通用する可能性は高いのかなと。

前走のエリザベス女王杯2018でも、最後、ノームコアに迫っていたので、コース代わりによる一発は見込めると思っています。

※コルコバードは、ピンク帽子の16番です。

冷静に考えると、ノームコアは不利な7枠で5着なので、レッドジェノバよりも強いのかなと思います。

京都芝2200mの外回りコースは、8枠の成績も良いので、京都であればコルコバードの勝ち目は薄くなりますが、前述したとおり直線での末脚は強烈なので、今回はタイトルのとおり、直線での末脚に賭けてみます。

それと、最近、何を参考にして予想をしていますか?という質問を受けることが多いのですが、週初めの予想は適当で、日刊スポーツの馬柱とターゲットの持ちタイム、それとコース毎の成績とか前走のレース映像位しか、参考にしていません。

あとは、着順と着差を見ていて、着順が悪いと人気がないことが多いのですが、0.5秒以内であれば展開次第で逆転は可能だと考えていて、着差に注目しています。

レース前日は、完全にデータのみの予想になるので、一切、アナログ的な要素は入っていないので、文字どおり数字だけを追っています。

心情的には、週初めの予想を週末の予想に反映したいのですが、昔、週初めの推奨馬の成績を集計した結果、文字どおりの惨敗だったので、本当に下手クソだと思います。

ただ、アナログとデータが一致すると、逆に激走する可能性も高くなるので、そういう時は単複で勝負することが多いですね。

馬券は1点勝負が基本で、最近は3連複を1点で買っていますが、先週は土曜日の中山11Rの初富士ステークス2019が1点で当たったので、良かったなと。

段々と有料会員の宣伝になっていますが、激走指数はかなり使える指数なので、興味のある方はこちらから有料会員にお申込み下さい。

⇒有料会員のご案内

以前は匿名でも受け付けていたのですが、匿名でのお振込みを受けると、口座が解約される可能性があるので、実名でお願いします。

今週末も、面白そうな穴馬を探してみます。