赤津です。

早速ですが、アーリントンカップ2022の予想オッズです。

アーリントンカップ2022 予想オッズ

1番人気は、ダノンスコーピオンですね。

皐月賞が日曜日に控えているので、共同通信杯のレベルが謎ですが、共同通信杯の上位馬は、同世代の中でも、なかなかのレベルの馬であり、前走は相手も悪かったと思っていて、東京も、1800mも、現時点では、向いていなかった気がするのですが、レースの内容は地味だったのかなと。

予想オッズだと、断然の1番人気に推されていますが、そこまで抜けた馬ではなく、調教に関しても、前走は悪くないというよりも、デビュー以来、一番、良かった気もするので、状態面は悪くなく、力負けか、適性外だった気もするのですが、何れにしても人気に推されるのであれば、前走は不安材料というよりも、不満材料なので、軸馬予想が、どういう判定を下すのか謎ですが、私は、軸にはしない予定です。

川田騎手で売れると思いますが、戦績とかデータを見る限り、5倍位の馬のような気はします。

馬券外に沈むとか、そういう話ではなく、オッズほどの価値は見い出せないのですが、仮に10倍とかだと、特攻案件になるので、予想オッズと戦績などを比較して、評価を下しています。

2番人気は、キングエルメスですね。

前走の京王杯は、強い内容であり、直線を向いてからは、早目に先頭に抜け出して、仕掛けが早かった分、最後は垂れると思った反面、トウシンマカオの猛追を凌いで、最後は少し差を広げる位、余力があったのですが、この、トウシンマカオが朝日杯の6着馬なので、モノサシにした場合、キングエルメスもかなり強い馬であり、このメンバーであれば、2番人気というのも、納得できるのかなと。

不安材料は、スピードタイプだと思うので、距離延長はマイナスだと思いますし、初戦は札幌の洋芝の1200m戦で勝利している反面、阪神の1600mは、合わない気がするので、完全に私の感想ですが、2走前は見せ場もなく、惨敗していますし、もう少し短い距離で、馬券を買ってみたい馬だと思っています。

3番人気は、デュガですね。

さすがに、こんなに人気にならないと思いますが、前走は好スタートで、4~5番手位を追走していて、最後は馬群に沈みまくっていたのですが、お話にならないというレースであり、逃げて前で残る位しか、戦術がないような気がしていて、今回のコースは、全く合わず、人気になるのであれば、積極的に馬券から消したい馬であり、仮に、好走したとしても、悔しさとか全く湧かないので、こういう馬を買われる方って、どういう方なのか想像できないのですが、余計なお世話ですね。

持ちタイムも、全然、抜けている訳ではないですし、当日の時系列のオッズを見て、この馬に大口投票があった場合は、外れるのを期待しまくるのですが、先週はナミュールで1,000万位が消えていたので、庶民のささやかな楽しみとして、大口投票が外れるのを眺めるのは、少しだけ、人生を豊かにすると考えています。(性格は悪くなります。)

あと、気性難の馬なので、仮に凡走しても、騎手の責任ではなく、一方的に馬が悪いと思っていて、好走した時は、騎手のお手柄だとも思います。

さて、ここからが本題ですが、アーリントンカップ2022の激走穴馬は…

ジュンブロッサム

穴馬というよりも、戦績の上位馬から分析していると、ダノンスコーピオンと同等位の馬だと思うので、最終的には人気になると思うのですが、能力はかなり高いのかなと。

共同通信杯のレースは、正直、パっとしないのですが、上位3頭が強かったので、見栄えが悪くても仕方がない気もするのですが、このレースに、ビーアストニッシドが出走していれば、かなり人気になっていたと思うので、同等位の力はあると思いますし、7倍以上で、小穴位のオッズであれば、軸にしても良い気はします。

前走は、1勝クラスで2着で、条件戦も突破できないのか…とか、評価が下がれば良いのですが、勝った馬はビースオブエイトで、その後、毎日杯を制しているので、相手が悪かったのかなと。

この馬が馬券的に素敵なのが、先行して、毎回、34秒台の末脚を使っているので、善戦マンではあるのですが、安定感は高く、操作性はかなり良さそうで、皐月賞で出走予定の、デシエルトとは真逆のタイプであり、優等生的な競馬になりそうで、ジャグラーのAタイプというか、例えがおかしくなっていますが、そういう馬だと思っています。(分かる人には分かると思う。)

2戦目は、東京でレコードタイムを出していて、その日の馬場は、時計が出やすかったのですが、2着のローシャムバーグは、その後、未勝利戦を0.7秒差で圧勝していて、最後もほぼ馬なりですが、戦って来た相手が強く、ここでも余裕で通用するのかなと。

あと、前走は、7頭立てなのに、最後の直線では詰まりまくっていて、鉄板軸馬に推奨していたので、馬は強いのにね…という感じで、あの頭数で、阪神の外回りで詰まるとか、ある意味、ミラクルだと思うのですが、進路が空いていれば、1着だったと思うので、レース的には、一番、強かったと思っていますし、今回も同じ騎手で、とても人気がない騎手なので、オッズに反映されると思うのですが、そこを狙ってみたいと思います。

ここまで書いたので、馬券を購入される方は、前走は詰まって、今回も詰まるとか、その他、下手な騎乗の可能性もあるけど、能力は高そうだし、オッズも高いのであれば、勝負してみよう!とか、ここまで言語化する必要はない反面、大切なお金を投じるのであれば、納得のできる馬券を買った方が良いと思うので、締切直前に、とりあえず賭ける!というのを、飛び込み自〇だと思っていますが、その日の負債を12Rで取り戻そうとするのも、似たような感じなので、負債額に応じて、それを取り戻せる馬を探すとか、そういう馬券って、絶対に当たらないと思っています。(来週もあるので、我慢しましょう。)

あと、爆穴としては、タイセイディバインが面白そうなのかなと。

今回、9戦目なので、上積みとか全くないというか、疲労が心配な馬ですが、前走のファルコンSは、最後の直線で2秒以上、追い出しが遅れて、詰まりまくっていたので、スムーズでも、プルパレイに勝ってたかどうかは微妙ですが、松若騎手の場合、先行馬の騎乗は上手いと思う反面、馬群を捌いて差す競馬は苦手だと思っているので、今回、200mの距離延長で、道中のペースは緩むので、楽に先行できると思いますし、馬の状態次第(一週前の調教は、あまり良くない。)ですが、かなり成長力は感じるので、紐穴としては、面白い1頭だと思います。

因みに、このレースは、過去、人気馬同士の決着の時は、当たった記憶があるのですが、昨年は紐が完全に抜けていて、無理でしょ…という思い出しかないので、難しいレースですが、ジュンブロッサムを軸にして、紐を工夫すれば、面白い買い目を作られると思っていて、内枠が少しだけ有利なコースであり、大外枠の成績はかなり悪く、さらに今の馬場だと、大外枠は絶望的になるので、ここにダノンスコーピオンが入れば、特攻準備というか、諭吉様を装填するのですが、デシエルト資金は残しておきたいので、天候の兼ね合いもありますし、お金は大事に使おうと思っています。

最終的な予想は、noteで販売していますので、ご購入のほど、よろしくお願いします。

先週に比べると、今週の重賞の方が面白く、アンタレスは予想記事を書かないと思いますが、密かに狙っている馬がいるので、日曜日のメインは、楽しくなりそうですね。

今週末も死なない程度に、がんばりましょう。

☆有料予想を500円で販売中!