赤津です。

早速ですが、青葉賞2022の予想オッズです。

青葉賞2022 予想オッズ

青葉賞2022 予想オッズ

1番人気は、レヴァンジルですね。

前走は逃げて強い競馬をしているのですが、レースレベルは、あまり高くなかったと思っていて、東京芝2400mで、先行して押し切るとか、かなりの力差がないと難しい訳で、レーン騎手で人気になると思う反面、軸にするには、怖い1頭なのかなと。

レーン騎手の重賞成績は以下のとおりです。

2019年は無双している反面、2020年は平凡な成績であり、来日初日で、どの位の結果を残せるのか謎ですが、レーン騎手という理由だけでは、あまり買いたくないですね。

勿論、弱い馬ではなく、持ち時計も優秀であり、鞍上も大幅強化ですし、脚質位しか、逆らう理由はないのですが、その脚質がかなりの割引材料だと思うので、紐には入れますが、軸にはしないと思います。

5倍とかだと、手の平を返して◎にしますので、その時はお許しください。

2番人気は、ダノンギャラクシーですね。

前走は、上位のメンバーが、その後、未勝利戦を突破しているので、相手はそれなりだと思う反面、持ちタイムは平凡であり、1勝クラスも経験していないので、ルメール騎手で、過剰人気かな?という感じですが、馬券は売れるのかなと。

前走のレース映像を見ても、あまり余力はなく、強さは感じないので、そこまでの馬なのかな?という疑問は湧くのですが、穴党としては、人気を吸って頂くのはありがたい限りなので、定期的に返り討ちに遭いますが、ルメール騎手でなければ、人気にならない馬だと思うので、前走よりも成長している可能性はある反面、オッズほどの価値は見い出せないので、紐に入れるかどうか悩むレベルで、馬券から切っても良いと思っています。

3番人気は、ジャスティンスカイですね。

前走は先行して早目に抜け出して、後続を寄せ付けずの完勝であり、強かったとは思いますが、下した相手が、その後、惨敗しているので、相手が弱かっただけのような気がしていて、レース映像を見ても、距離延長だとマイナスだろうなーという印象で、1枠とかに入ると、抑える必要は出て来るのですが、人気になるのであれば、あまり買いたくないのかなと。

レース映像を見て、この馬強い!と思って、余裕で外すので、予想家の宿命だと思うのですが、時々は当たりますし、毎回、的中とか不可能で、特に3歳戦は走ってみないと分からない部分が大きく、それを予想するのがあんたの仕事だろう!とか言われても、分からないモノは分からないので、本当に、ごめんなさい。

馬場を考慮しても、前走のタイムはそこまで価値は高くないので、この馬を買う位であれば、別の馬を探そうかなーという感じですね。

完全に、単なるオヤジの競馬予想になっているので、何の参考になるのか謎ですが、予想している方は大変、楽しいので、競馬の予想って、自分のためだと思っています。

さて、ここからが本題ですが、青葉賞2022の激走穴馬は…

エターナルビクトリ

10倍以上、オッズが付くのであれば、特攻しても良いと思う馬で、前走はかなり強く、着差は0.3秒ですが、レース内容を考えた場合、着差以上の勝ちだった訳で、中山であれだけの末脚を使えるのであれば、東京だとさらに期待できるのかなと。

※エターナルビクトリは、白帽子の1番です。

多分、馬券を買っていた方は、向こう正面の手前で発狂したと思うのですが、絶望的な位置から、徐々にポジションを上げて来て、4角では外に弾き飛ばされていて、走った距離、長すぎでしょう…という感じですが、そこから一気に加速して、スピードが乗った所がゴールであり、距離が伸びた方が良いというか、末脚の性能は、メンバー中でも、かなり高い方で、№1はダノンギャラクシーだと思いますが、まだ、東京では走ったことがないので、雨は微妙な気はしますが、人気にならないのであれば、オススメできる1頭だと思います。

2走前が、一応、良馬場ですが、開催が進んでかなり荒れていたので、雨の馬場とは異なる反面、多少、力のいる馬場でも走りそうな感じで、1週前の調教も動いていますし、武騎手+後方待機の馬は、心情的には買いにくい反面、穴馬であれば話は変わるので、外人騎手が人気を吸って、10倍以上、オッズが付くのであれば、狙ってみたいと思います。

青葉賞に限定すると、大外の成績がかなり悪く、死に枠になっていますが、後方からの差し馬であっても、走る距離は短い方が良いので、スタートが多少、遅れたとしても、後方からのお祈りゲームになるので、前述したとおり、人気馬は先行して画面に映りまくるので、馬券を購入すると、最後の直線が楽しそうですが、最近、展開とかもAIで予想できるみたいで、便利な世の中なのかなと。

職業柄?、色々な予想家と絡んでいるので、時々、面白い情報を頂くのですが、そういう情報は有料の価値はあると思いますし、全部の項目を予想する時間はなく、ある程度、他の方が作ったデータとかを参考にした方が、予想の時間を短縮できるので、何でも無料の精神も悪くないと思いますが、有益な情報も転がっているので、少し位、予想料などに、お金を使えば良い気がしています。(私の予想を買えとは、言ってない。)

とりあえず、週初めの時点の本命は、エターナルビクトリーですが、あとは、調教と枠などを考慮して、最終的においしそうな馬を◎に推奨しますので、ご期待ください。

5月から、有料予想の販売などを一新していて、過渡期に、大変、ご迷惑をお掛けしたのですが、5月以降はシンプルな内容になりますので、引き続きよろしくお願いしたいなと。

あと、南関競馬の予想は、とてもクレームが多く、馬鹿とか死ねとかチ〇コとか(最後のは嘘。)、当たらないとうるさいのが湧くので、羽虫か何かなのかと思っていますが、やる気を失い続けているので、もういいかなと。

30万位、頂ければ、南関競馬の予想のロジックを教えますが、月に5,000円位は、ランニングコストが生じるので、予想販売を予定している方であれば、30万はペイできると思う反面、自分用だと割高なので、ロジックは封印しようと思っています。

それと、軸馬予想も、クレームはないのですが、更新時間が遅れると催促が多く、うるせーなーという感じで、今後、紐馬指数をスタンダードプランに入れますので、11Rの数値も公開しますし、有料予想を購入された方のみ、参考にして頂ければいいのかなと。

元々、週末のブログのアクセスのために、何か情報を配信した方がいいかな?位のノリで、始めた予想なので、今後、重賞だけ、予想しようと思っていますし、少しずつ馬券師の方向にシフトしていて、予想販売でも、馬券収入でも、結果的にお金が増えるのであれば、どっちでもいいので、ストレスという意味では、予想販売の方が特大で、豆腐メンタルですし、もういいかなーとか、時々、思っています。

この3年位で、お得意様というか、個別に予想を配信させて頂ける方とかのご縁もできましたし、赤津という人間を買って頂ける方も確保したので、今後は、あまり欲を出さず、現状維持か、少し落ちる位の低空飛行で、良い気がします。

最後は余談になりましたが、重賞予想だけはガチなので、今週末も引き続きよろしくお願いします。

☆有料予想を500円で販売中!